犬が人の足の間に座るときの心理4つ

犬が人の足の間に座るときの心理4つ

ソファやベッドでくつろいでいると、愛犬がやってきて足の間に座るなんてこと、ありますよね。でも、なぜ足の間なのでしょう?今回は、飼い主さんの足の間に座るときの愛犬の心理をご紹介します。

お気に入り登録

1.温まりたい

ブランケットをかぶっている犬

わんこが足の間に座ってくるときの心理の1つが、飼い主さんの体温に触れて温まりたいというものです。足を閉じて座っていると、太もも同士が触れ合うので、足の間はとても温かくなりますよね。飼い主さんの足の間に挟まれることで、わんこは身体の両側から温めてもらいたいと思っているのです。

とはいえ、わんこの平熱は犬種や年齢にもよりますが、38度前後と人間より高め。わんこが温まりたいと思って足の間に入ってきても、結果的には、飼い主さんがわんこに温めてもらう形になっているかもしれません。かわいい愛犬の体温を感じると、身体も心もぽかぽかになりますよね。

2.狭いところにハマって安心したい

ドアの隙間でくつろいでいる犬

わんこは野生で生きていたころの記憶から、狭いところに入ると安心するという習性があります。身体がピタッと収まる狭いところは、天敵から見つかりづらく、命を守るために適していたからです。

ソファの下やベッドの下、家具の隙間等、人間から見ると「何でわざわざそんな狭いところに?」と思うところに入っていくのは、このためです。飼い主さんの足の間に挟まれていると、わんこはその狭さで安心すると考えられます。もちろん、飼い主さんが自分を守ってくれる存在だと信頼しているからこその行動でもありますよ。

3.常に飼い主さんのそばにいたい

仰向けになって飼い主さんに抱かれている犬

飼い主さんがどこかに座っていると、すぐに足の間に入ってくるわんこは、どんなときでも飼い主さんのそばにいたい!という甘えん坊のわんこかもしれません。

人間が座っている状態から、どこかに行こうと思ったときにまず動かすのは、足ですよね。足の間に入っていると、飼い主さんが立ち上がろうとする足の動きがすぐにわかります。知らないうちに飼い主さんに置いていかれないように、遅れをとらないように、見張りの意味も兼ねて足の間に陣取っているのかもしれません。

4.飼い主さんの匂いが好き

飼い主さんの匂いを嗅いでいる犬

足の間は、体臭を発生する箇所に近いため、飼い主さんの匂いを強く感じられる場所でもあります。足の間にわざわざ入ってくるわんこは、飼い主さんの匂いが大好きで、その匂いに包まれていたいと思っているのかもしれません。

人間にとっては、体臭はエチケット面からも気になるものですが、わんこにとってはその人を識別するための重要なファクターでもあります。

まとめ

飼い主さんの足にあごを乗せている犬

いかがでしたでしょうか?わんこが足の間に入ってくるのには、様々な理由が考えられますが、いずれにしても「飼い主さんを信頼している」「飼い主さんが好き」という前提がないととらない行動であるということがわかっていただけたでしょうか。

かわいい愛犬に信頼してもらえるのは、何より嬉しいことですよね。ソファに座ってくつろいでいるとき、愛犬が寄ってきて足の間に入りたそうにしていたら、どうぞ、そっと足を開いてあげてくださいね。わんこは一度くつろいでしまうと、なかなか足の間からどこうとしないかもしれませんが、それもご愛嬌。ただし、愛犬をどかせないあまりにトイレを我慢して体調が悪くなったり、大事な予定に遅刻してしまったりしないよう、くれぐれもご注意を!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。