犬の爪切りを自分でやるのが怖い…病院でやってもらうメリット3つ

犬の爪切りを自分でやるのが怖い…病院でやってもらうメリット3つ

『犬の爪切りを病院でやってもらうメリット』についてまとめました。愛犬の爪切りを自分でやるのが怖いという飼い主さんにも、爪切りが得意な飼い主さんにも、有り難いメリットばかりなんです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬の爪切りを病院でやってもらうメリット

病院で獣医師に爪を切ってもらうラブラドール

「爪切りのためだけに病院に行って良いの?」と、疑問に思われる飼い主さんは意外と多いようです。爪切りのためだけに病院に行っても良いんです!基本的には、犬の爪切りは月に一回程度ですが、爪が伸びる早さは犬それぞれ違います。なぜか、一本だけ長く伸びてしまい、歩きづらそうにしている、なんてこともあります。

実際に、私は、愛犬たちの爪切りを病院でやってもらっており、爪切りのためだけに病院に行くこともありますし、同じ理由で来院しているワンちゃんと会う日もあります。病院で爪切りをしてもらうことにはどんなメリットがあるのか、爪切りにかかる費用はどれくらいなのか、ぜひご参考くださいね。

1.爪切りが好きになる!

好きになる…は少し過言だったでしょうか。しかし、爪切りが苦手、もしくは大嫌いなワンちゃんが多いですよね。爪切りに対して、不安や恐怖心があるからだと思います。飼い主さんが爪切りに失敗してしまったことがあり、痛みや出血があり、トラウマになってしまったワンちゃんもいるのではないでしょうか。

はじめから病院で爪切りを経験しているワンちゃんは、爪切りに対して、ほとんど不安や恐怖心がありません。手に触れられることが苦手なワンちゃんや、爪を切るときの衝撃が苦手なワンちゃんはいるかもしれませんが、病院で爪切りをされているワンちゃんの中に、鳴いたり、暴れたりする子はみられません。

もし、飼い主さんが爪切りに失敗してしまったことがあり、今は爪切りが苦手なワンちゃんも、病院で爪切りを受けるうち、“あ、痛くない。なんてことないや。”と、わかってくれると思います。爪切りが好きとまではいかなくても、平気にはなってくれるはずです。

2.滑らかな爪になる!

飼い主さん自身が爪切りをした後、ワンちゃんの爪の状態はいかがでしょうか。とがってしまったり、ガサガサになったりしてしまうことはありませんか?爪が割れてしまうこともあるかと思います。そうすると、抱っこするときなど、爪が肌に触れたときに痛いですよね。ひっかき傷になってしまうこともあります。

病院で爪切りをしてもらうと、爪が滑らかになり、肌に触れても全く痛くありません。爪の先を丸く滑らかに整えてあるからです。トリマーさんや獣医さんによっては、爪切りだけで、爪の先を丸く滑らかに切ることができる人もいます。爪切りで切った後、やすりなどで整えて、爪の先を丸く滑らかに整えてくれる人もいます。

3.病気の早期発見ができる!

病院で爪切りをしてもらっていたことで、飼い主さんでは気づくことができなかった、手足や皮膚の病気に気づいてもらうことができたケースがあります。手の指の間に癌が発見されたワンちゃんがいました。爪切りをしていた看護師さんが、ワンちゃんの指の間の皮膚に異変を感じ、検査したところ、皮膚の癌だったのです。早期発見だったため、適切な治療を受けることができ、完治し、元気に過ごしています。

被毛に覆われている犬の皮膚の異常や病院には、気づくことができない飼い主さんも多いです。ご紹介したケースのワンちゃんの場合、指の間の皮膚にほんのわずかな赤みがあったそうなのです。その赤みが、まさか癌だなんて、プロでなければ気づけないのではないでしょうか。病院で爪切りをしてもらっていなければ、悪化するまで発見されなかったかもしれません。

病院で爪切りをやってもらうときの費用

白い手袋をした爪切りをする獣医さんと犬

爪切りにかかる費用は病院によって異なります。税抜き500円から1000円が相場です。病院によっては、かかりつけである場合、予防薬を処方してもらうときに、爪切りを無料で行ってくれる病院もあるようです。爪切りだけではなく、体重測定や触診など、何かのついでに無料で行ってくれる獣医さんが多い印象です。

まとめ

獣医さんと笑顔のトイプードル

犬の爪切りを病院でやってもらうメリットには、

  • 爪切りが好きになる!
  • 滑らかな爪になる!
  • 病気の早期発見ができる!

などがあります。

爪切りのためだけに病院に行っても良いです。予防薬を処方してもらうついでや、何かのついでにお願いしても良いです。爪切りを自分でやるのが怖いという飼い主さんなら、なおさら病院で切ってもらった方が、愛犬のためにもなります。受付をするときに「今日は爪切りもお願いできますか?」と、気軽に尋ねてみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。