犬が飼い主のおしりを嗅ぐときの心理3つ

犬が飼い主のおしりを嗅ぐときの心理3つ

この記事では「犬が飼い主のおしりを嗅ぐときの心理3つ」をテーマに、ワンちゃんが飼い主さんやその他の人のおしりを嗅ぐ際の心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が飼い主のおしりを嗅ぐときの心理1:お尻が臭いから

飼い主の靴下の臭いを嗅ごうとしている犬

ワンちゃんが飼い主さんのお尻のにおいを嗅ぐのは、いくつか理由があるかと思います。まず考えられるのが、単に飼い主さんのお尻が臭いからという理由です。

日常においてあらゆる状況でお尻が臭くなってしまうことがあります。お尻周りの臭いというのはなかなか気づきづらいものです。人でもそうですが、ワンちゃんでも感じ方が様々であり、臭いと思っていても臭くないかもしれませんし、臭くないと思っていても臭いと感じてしまうものです。

しかし、ワンちゃんは嗅覚が人間よりもかなり優れている動物です。そのため、臭いに異変を感じて本能から臭いを嗅いでしまっていることがあります。それか、もしかすると飼い主さん思いの愛犬がお尻の臭いについて教えてくれているのかもしれません。

犬が飼い主のおしりを嗅ぐときの心理2:その人が気になるから

飼い主の顔まわりを一生懸命嗅ごうとしている犬

犬同士の挨拶やコミュニケーションの一環として、おしりの匂いを嗅ぐという行動がありますよね。その行動を人間に対してもすることがあるようです。おしりのニオイから、その人の特徴や健康状態を感じ取っているのかもしれませんね。

また、ワンちゃんと飼い主さんの間に距離があるようでしたら、ワンちゃんからその距離を縮めるために匂いを嗅ぐという手段により、距離を縮めようとしているのかもしれません。ワンちゃんにおしりを嗅がれると恥ずかしいと思いますが、心ゆくまで嗅がせてあげると仲良くなれるのではないのかと思います。

犬が飼い主のおしりを嗅ぐときの心理3:いつもと違う匂いがするから

椅子に座っている人の足元のにおいを嗅いでいる犬

飼い主さんの匂いに変化があった場合、ワンちゃんはクンクンと積極的に嗅いできます。例えば、外出先でイスに座ったりして、家の中とは違う匂いがおしりについたりすることがありますよね。

嗅覚の優れたワンちゃんは、微かな違い香りを嗅ぎ取って「どんな所に行ったのかな?」と考えているのでしょう。飼い主さんのことが好きで、興味がある証拠なのかもしれませんね。

また、ワンちゃんに知らない匂いを嗅がせることによって、様々なことに順応できるということにも繋がると思います。外出して知らない人やワンちゃんが近づいてきたら警戒してしまうワンちゃんもこの匂いを嗅がすことにより、多少かもしれませんが良い方向に改善されるかもしれません。

まとめ

犬の鼻アップ

ワンちゃんはお尻の嗅いでくるというのは、少なからずその人に対して警戒していない状況です。違う点から見てみると、ワンちゃんとなかなか仲良くなれないと悩んでいる飼い主さんがこのようなお尻の臭いを嗅がれることで悩んでいた場合、ワンちゃんが身体の近くまで来ているので距離は徐々に縮んできていると思っても良いかもしれません。

臭いを嗅いでいるときはたくさん嗅がせてあげて、嗅ぐのを止めたら、近くにワンちゃんが来ているのでそのまま触ったり遊んであげたりすると、ワンちゃんも喜んでくれて更に仲良くなり絆も深まると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。