犬は蟹を食べても大丈夫?注意点は?

【獣医師監修】犬は蟹を食べても大丈夫?注意点は?

年末やお正月には蟹を食べる機会も増えると思います。冬場にとってもおいしい蟹ですが、犬も食べることはできるのでしょうか?犬に蟹をあげても平気なのか、与える場合はどのようにすればいいのか詳しく解説します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は蟹を食べても大丈夫?

床に伏せて蟹と向き合う犬

加熱して与えれば犬に蟹はOKとされています。蟹には様々な栄養素が含まれていますが、その中にはチアミナーゼ酵素の一種である「アノイリナーゼ」が含まれています。

「アノイリナーゼ」は摂取量によっては犬の体内でビタミンB1を分解してしまい、ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。ビタミンB1欠乏症に陥ると、嘔吐やふらつき、体の麻痺、体重減少、発育障害などの症状が出るとされ、特に成長期の子犬などでは重い症状になってしまうこともあるので注意しなければなりません。

ただし、「アノイリナーゼ」は生の蟹の身に含まれているもので加熱することで破壊され、体への影響がなくなります。そのため、犬に蟹を与えるときには必ず加熱することが大切です。

加熱してあれば犬も蟹を食べることができますが、甲殻類へのアレルギーを持っている場合は与えないように注意しましょう。アレルギーにより発作やけいれんなどの症状が出る可能性もあるので、できれば愛犬のアレルギー検査を行ってから与えることをおすすめします。

蟹に含まれる栄養素と犬への健康効果

お皿に盛られたズワイ蟹

蟹は非常に種類が多く、日本だけでも1,000以上の種類が確認されています。そのため、それぞれの種類によって栄養素や特徴も異なりますが、一般的に食べられることの多いズワイ蟹やタラバ蟹は似たような栄養価と健康効果を持っています。

蟹は高たんぱく低脂肪の食材で、ビタミンB群やアミノ酸、抗酸化成分のアスタキサンチンなどを豊富に含んでいることで知られます。疲労回復や免疫力向上、滋養強壮効果があり、さらに皮膚や粘膜などの健康を維持するなど、体を調整する作用にも優れています。

また、蟹の赤い色素であるアスタキサンチンには強力な抗酸化作用があり、体の酸化を防いで疾病予防などに役立つと考えられています。また、カリウムには塩分の排出を助ける効果があり、代謝を正常化して血圧の上昇を抑えることができます。

犬への蟹の与え方や注意点

ご飯を食べているEコッカーの仔犬

犬に蟹を与える場合は、前述したように必ず加熱した状態で与えます。さらに一般的に海老や蟹などの甲殻類やいか・たこなどは消化不良を起こしやすい食材のため、大量に与えると下痢や嘔吐を引き起こしてしまう可能性があります。そのため蟹を与える場合でもドッグフードなどのトッピング程度にして少量に抑えておくようにしましょう。

また、蟹の甲羅や殻部分は硬く消化することができない上、口内や食道を傷つける可能性があるので絶対に与えないようにしてください。

ちなみに「カニカマ」は白身魚のすり身などからつくられている加工品なので、蟹とは別物。与えても問題ありませんが、塩分が多く味付けされているのであまり与えない方がいいと思います。

また、「カニカマ」の中には蟹のエキスを含んでいるものもあるので、甲殻類アレルギーを持っている場合などは決して与えないように注意しましょう。

まとめ

並んで食卓につく2頭のキャバリア

蟹を食べる機会が増える年末年始。たまにはごちそうとして愛犬にもあげてみようかな?と思う人もいるかもしれませんね。しかし、生の蟹には犬の健康を害する恐れのある成分もあるので、与える場合は必ず加熱すること。また、消化不良を起こさないよう少量ずつ与えることも大切です。蟹はとってもおいしい食べ物ですが、犬の安全と健康を第一に考えて与えるようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 もも父ちゃん

    別に蟹を食べさせなくても良いのでは無いですか。愛犬用の美味しそうなもの沢山あるので。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。