犬の肛門腺絞りをサボると起こるリスク2選

犬の肛門腺絞りをサボると起こるリスク2選

皆さんは犬の肛門絞りを定期的に行っていますか?「実践していない」というご家庭も多くありますが、実は犬の肛門絞りをサボるとリスクが生じる恐れがあります。今回は犬の肛門絞りをサボることで起きるリスクについてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の肛門絞りとは

おしりをこちらに向けて振り返る子犬

犬の肛門絞りとは、肛門腺に溜まった分泌物を絞り出す作業です。肛門腺は、通常その犬の情報がたくさん詰まった分泌液を出す部分です。これにより、犬同士の挨拶(おしりの匂い嗅ぎ)でお互いの情報が得られるのです。

この分泌液は心理に作用されて分泌されることもあれば、うんちをするたびにも分泌されます。そのため、頻繁に分泌されているのです。

すると、分泌された分泌液は肛門腺に溜まっていきます。なぜならば、基本的に分泌物を自力で排出することが難しい犬が多いからです。そのため、飼い主が肛門絞りを行わなければいけません。

肛門絞りの方法

肛門絞りをされている犬の後ろ姿

肛門絞りと聞くと、難しそうと躊躇してしまう飼い主さんも多いでしょう。しかし、実はそんなに難しいことはありません。

肛門絞りの方法は至って単純で、犬の肛門を左下と右下部分から優しく両手の親指を使い、肛門に向かってマッサージをするように押し上げるだけです。小型犬であれば、片手でも親指と人差し指を使い、できるでしょう。すると、肛門部分から分泌物が少しずつ出てきます。

中にはうんちも一緒に出てきちゃうという犬もいるので、肛門絞りはお風呂場など、すぐにおしりを洗える場所で行うと良いでしょう。

また、なかなか上手くできないという場合は、病院やトリミングサロンで行ってくれるところもあるので、相談してみてくださいね。

犬の肛門絞りをサボることで起こるリスク

芝生に立つ柴犬

犬の肛門絞りは、なぜしなければいけないのかを理解したところで、犬の肛門絞りをサボることでどのようなリスクが起こるのかご説明します。分泌された分泌液が肛門腺に溜まりすぎると、どのような症状が起こるのでしょうか。

1.肛門嚢炎を発症する

診察台に横たわって獣医師に頭を撫でられる犬

肛門腺によって分泌される分泌物は、そのまま体外に自力で排出することができず、肛門腺に留まり続けます。そのため、飼い主が排出してあげなければ、そのまま溜まったまま、また次の分泌物が溜まっていくことになります。

すると、この溜まったまま放置されている分泌液から細菌が繁殖し、肛門腺の中で炎症を引き起こします。それが肛門嚢炎です。

肛門嚢炎になると、肛門付近が赤く腫れ、うんちをするときに痛みが生じます。さらに症状が悪化すると、肛門嚢が破裂するリスクも伴うので、早めの受診が求められます。

2.便秘気味になる

先ほど、肛門嚢炎を発症するリスクをご紹介しましたが、肛門嚢炎を発症すると肛門付近が腫れ、うんちをする際に痛みが伴うという話が出ました。そのため、犬自身がうんちをすることを躊躇し、その結果、便秘気味になる恐れもあります。

便秘気味になれば、お腹が張ってしまったり、粘膜を傷つけたりして出血することもあります。犬自身も不快感を取り払うことができないので、ストレスが溜まり、精神的にもつらい時期が続いてしまいます。

このような状態が長く続かないように気をつけるためにも、早めに獣医さんへ相談し、治療してもらう必要があります。

まとめ

お尻の匂いを嗅いで挨拶をする犬たち

いかがでしたでしょうか。肛門絞りはあまり重要視されず、定期的に行っていない飼い主さんも多くいます。しかし、放置してしまうと肛門嚢炎を引き起こす恐れがあるので要注意です。ぜひ今日から肛門絞りを定期的に行う習慣を付けましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。