じゃれ合いなの?犬同士が『喧嘩』している時の行動4つ

じゃれ合いなの?犬同士が『喧嘩』している時の行動4つ

『犬同士が喧嘩している時の行動』をまとめました。じゃれ合いや遊びなのか、喧嘩なのか、しっかり見極めることができますか?犬同士が楽しく遊ぶために、ケガや事故を防止するために、サポートしましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬同士が喧嘩している時の行動①「噛みついて放そうとしない」

取っ組み合いをする二頭のラブラドール

じゃれ合いや遊びの一環として、相手を噛んだり、お互いに噛みつき合ったりすることがあります。しかし、そのほとんどは甘噛みですので、痛みを感じるほどの強い力で噛みつくわけではありません。自分の愛犬が他の犬を噛んでいるのを発見すると、すぐにやめさせなければ!と感じてしまいますよね。

逆の立場であれば、すぐに助けてあげなければ!と焦ってしまうかもしません。「噛む」という行動が、喧嘩による行動である場合、噛みついて放そうとしません。飼い主さんが止めに入ったとしても、決して放そうとはしないはずです。

じゃれ合いや遊びなのか、喧嘩なのかを見極めなければ、飼い主さんでも引き離すことができなくなってしまう可能性があります。喧嘩に発展してしまう前に、犬同士を引き離さなければなりません。犬同士を遊ばせるときは、愛犬から絶対に目を離さないでください。

犬同士が喧嘩している時の行動②「唸り声をあげる」

歯を出して唸るポメラニアン

一方はじゃれ合いや遊びのつもりでも、もう一方は嫌がっているかもしれません。「これ以上はダメだよ」「これ以上は怒るよ」というサインとして、相手の犬に対して唸り声をあげることがあります。

じゃれ合いながらガウガウと声を出すことがありますが、楽しくてガウガウと声が出てしまっているのか、本当に嫌でガウガウと警告しているのか、どちらなのかをしっかり見極めなければなりません。

“これ以上しつこくすると本気で噛みつきますよ”という、相手への警告です。一方がそのような行動をしたときは、飼い主さんがすぐに止めに入り、犬同士を引き離してあげてください。一方が喧嘩をしかけると、もう一方も本気になってしまい、激しい喧嘩に発展してしまいかねません。

犬同士が喧嘩している時の行動③「歯をむき出しにする」

伏せて前歯をむき出しにするジャックラッセルテリア

犬が威嚇するとき、歯をむき出しにしますよね。犬同士、お互いに歯をむき出しにして見せあうことがありますが、些細な喧嘩であるうちに止めに入らなければなりません。

お互いに傷つけあう気持ちはなく、小さな喧嘩をしているだけなので、なかなか止めに入るタイミングを掴めないでいるかもしれません。すぐに止めに入った方が良いのか、躊躇ってしまうかもしれません。

しかし、歯をむき出しにして威嚇しているということは、これから激しい喧嘩に発展してしまう可能性があるということです。一度、犬同士を引き離し、落ち着かせてから、また遊ばせると良いでしょう。

犬同士が喧嘩している時の行動④「噛みつくふりをする」

シェパードと秋田犬

これもまた、お互いを傷つけあう気持ちはないけれど、些細な喧嘩になってしまっている行動です。噛みつくふりをして、「これ以上は本気で噛みつくからね?」と、相手に警告しているのです。

子犬や若い犬は、年上の犬からの警告を理解することができないことがあります。まだ、犬社会の経験が十分ではないからです。

そのため、相手が警告しているにも関わらず、しつこくしてしまうことがあります。犬社会を学ばせてあげることも重要なのですが、愛犬から目を離すことなく、よく見ていてあげてください。そして、喧嘩が激しくなってしまう前に、間に入ってあげる必要があるかもしれません。

まとめ

じゃれ合う二頭のラブラドール

犬同士が喧嘩している時の行動には、

  • 噛みついて放そうとしない
  • 唸り声をあげる
  • 歯をむき出しにする
  • 噛みつくふりをする

などがあります。犬同士の喧嘩には意味があります。無意味にお互いを傷つけあうわけではありません。ですので、あまりにも神経質になる必要はありません。

犬同士がお互いの上下関係を決めるための喧嘩であることもあります。先輩犬が後輩犬に対して、しつけを行ってくれていることもあります。止める必要がある喧嘩なのか、見守る必要がある喧嘩なのか、見極められるようにしたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。