犬が飼い主から逃げ回るときの心理4つ

犬が飼い主から逃げ回るときの心理4つ

急に愛犬に逃げられて、ショックを受けたという経験を持つ飼い主さんはいませんか。犬が飼い主さんから逃げる時には、どんな心理が働いているのでしょうか?この記事では4つの心理を紹介しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

なぜ飼い主から逃げるのか

逃げる犬と子供

可愛がっている愛犬から逃げられたら、とってもショックで悲しいですよね。
以外にも、愛犬に逃げられたという経験を持っている飼い主さんは多くいます。なぜその時愛犬は逃げてしまったのでしょうか?

1.怒られると思っている

飼い主さんが特に変わった行動をとっておらず、思い当たる事がないのに犬が逃げるときは、犬が何かイタズラや飼い主さんに怒られるようなことをしてしまった可能性があります。
過去の経験から、その行動をとったら飼い主さんに怒られたというのを覚えていて、怒られる前に逃げ出そうという心理が働いているんですよ。
間違ったしつけやしかり方をしていると、犬が飼い主さん自体を怖がって逃げるようになってしまうので、過度にしかりつけたり叩いたりしないように気を付けて接してくださいね。

2.飼い主さんの行動から嫌なことが起こると予想している

何か準備をして部屋に戻って来たら犬が逃げていない時や、こそこそ逃げて行ってしまうときには、飼い主さんの行動パターンから、自分の身に何か嫌なことが起こると予測して逃げている可能性があります。
例えばシャンプーをされるのが苦手な犬は、飼い主さんがお風呂場で準備を始めた段階で「シャンプーされるかも!」と予測して逃げ出したり、出かけるのが苦手な犬は、飼い主さんが着替え始めたりリードを準備したりと、一緒に出掛ける素振りをしただけで「外に連れていかれる!」と予測して逃げ出したりします。

犬は飼い主さんの些細な行動から行動パターンを学習して、嫌なことをされる前に逃げ出すという行動をとります。そのため、行動がパターン化しないように意識して動くと犬に逃げられるのを防ぐことができますよ。

3.遊んでいる

犬と目が合ったり撫でようとすると突然逃げられたときは、犬が遊んでいるつもりでいる場合もあります。
飼い主さんと追いかけっこをして遊んでいるつもりで、飼い主さんが嫌いで逃げているということではありません。犬が遊びに誘っているときは、目がキラキラしておしりを上げてしっぽをふりふり楽しそうにしています。また、ある程度逃げたら戻ってきてまた逃げたり、追いかけてくるまでじっと見ていたりするので、そういう素振りがあったら遊びたいんだなと思って追いかけっこに付き合ってあげると喜びますよ。

4.構われたくないと思っている

犬にも飼い主さんに構われたくないと思う時があります。寝ているときや夢中で何かしているときに飼い主さんが構おうとしてきたら、嫌だと思って逃げるという行動をとる犬もいますよ。
また、犬が特定の誰かから逃げるような行動をとる場合は、その人の構い方が気に入らないからということも考えられます。構い方が雑すぎたり乱暴だと、その人に構われたくないと思い逃げるという行動を取ってしまいます。
飼い主さんはスキンシップのつもりで接していても、犬は迷惑に思っていることもあるので、愛犬に逃げられることのないように適切なスキンシップをとるように気を付けてあげてくださいね。

まとめ

後ろ姿

犬が飼い主さんから逃げる時には主に、4つの心理が働いていると考えられます。どんなことを思って犬が逃げているのか、その時の状況や自分の行動を踏まえて当てはめてみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。