犬が信頼していない人によくする行動4つ

犬が信頼していない人によくする行動4つ

犬がその人を信頼していない場合、それが行動に表れます。その行動に気づかずにグイグイいってしまうと、ますます信頼度が下がってしまいます。ですから、犬は信頼していない人に対して、どういった行動を見せるのか知っておきましょう。この記事では、犬が信頼していない人によくする行動についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬には信頼していない人にする行動がある!?

不信感を抱いていそうな表情のパグ

犬は、信頼している人に背中を向けてお尻をくっつけてきたり、お腹を見せて甘えたりします。これらは、信頼していない人にはしない行動です。反対に、信頼している人にはしないけれど、信頼していない人にはする行動もあるようです。
さてそれは、どのような行動なのでしょうか?今回は、犬が信頼していない人によくする行動について迫ってみたいと思います。「飼い主だから愛犬に信頼されていると思っていたら、じつは信頼していない人にする行動をしていた!」なんてこともあるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてくださいね。

行動①なでようとすると嫌がる

手を差し出されて怯えた目で見つめる犬

犬は、信頼を寄せる人に体をなでてもらうのが大好きです。ですから、信頼する人がなでようとすると、ためらうことなく触らせます。足先や口周りなど、本来触られるのが苦手な部分さえも、信頼する人になら我慢して触らせてくれるということもあります。

一方、信頼していない人がなでようとして手を出すと、うなるなど嫌がるそぶりを見せます。「何をされるの!?」「何か嫌なことをされるんじゃ…!?」と、怖くなってしまうのです。怖いあまり、その場から逃げてしまうこともあります。ここでしつこく追いかけてしまうと、さらに信頼度を下げることになるので注意しましょう。

行動②触られると固まる

撫でられて固まるポメラニアン

相手が信頼していない人であっても、おとなしく触らせてくれることもあります。しかし、触られながら全身を緊張させて固まっているのなら、「本当は嫌」と思っている可能性が高いです。その場合、耳を後ろに引き、視線も合わせようとせず、不安そうな様子を見せます。

信頼している人に触られているときは、リラックス度が高まるので筋肉が緩み、体を固まらせることはありません。触った体の感触は柔らかく、顔つきも緩んでいるのが分かります。

行動③呼ばれても無視する

そっぽを向くゴールデン・レトリーバーの子犬

たとえ犬がおもちゃに夢中になっているときであっても、呼ばれたら飛んでそばまで行くのは、その人のことを信頼している証しです。信頼する人に名前を呼ばれたり、「オイデ」と言われたりしたときは、尻尾を振りながらすぐに駆け寄ります。
反対に、信頼していない人に呼ばれたときは無視をして、そばに行かないことが多いです。その人を信頼していないために警戒しているか、信頼していない人の指示には従いたくないと思っているからだと考えられます。

以前は呼べばすぐに来ていた愛犬が最近来なくなったという場合は、愛犬を呼んだあとに爪を切る、シャンプーをする、叱るなど、愛犬にとって嫌なことや苦手なことをしたせいかもしれません。「呼ばれてそばに行くと、嫌なことをされる」と、愛犬が覚えてしまっているのです。
愛犬を呼ぶときは、食事を与える、散歩へ行く、遊ぶ、ほめるなど、愛犬にとっていいことや楽しいこととセットにするようにしましょう。

行動④近くに座ると逃げる

部屋の中を歩くコーギーの子犬

犬がまったりしているときに、信頼している人が近くに座っても犬はそのまま近くにいたり、寄り添ったりします。「この人は絶対に嫌なことはしない」と信じ、一緒にいると安心する存在だと思っているからです。これが信頼していない人なら、「何をされるか分からない」と不安で、すぐに逃げてしまうでしょう。

まとめ

部屋で飼い主と遊ぶビーグル犬

いかがでしたか?もし愛犬がご紹介したような行動を誰かにしたときは、その人を信頼していないのかもしれません。その人に無理やり近づけると、愛犬がとても不安な思いや怖い思いをしてしまう可能性があります。愛犬の気持ちを考えて行動してあげてくださいね。

もし、飼い主さんに対してご紹介したような行動をする場合は一度、愛犬との関係性を見直してみましょう。「飼い主さんのことは好きだけれど、信頼はしていない」ということもあります。
愛犬に信頼される飼い主になるためには、嫌がることを無理強いしない、積極的にほめる、スキンシップやコミュニケーションをたくさん取る、一貫性のある態度で接するといった日々の積み重ねが大切です。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 銀母

    家の子は撫でられるのが好きではありませんでした(泣)
    撫でていてもすぐにベロベロ私の顔をなめはじめる。際限なく舐める。
    呼んでも、自分のしたいこと優先。
    でも、気付くといつも側にいました。
    必要なら肉球も口先や口の中も嫌がらずに触らせてくれたし、シャンプーも歯磨きも我慢してました。
    駄目と言ったことは絶対にしませんでした。
    夜は一緒には寝なかったけど足元で寝ていたし。
    尻尾も振らなかったけど、8才頃からよく振るようになって、よく笑うようになった。

    元捨て犬の保護犬だったし、和犬で洋犬のような愛嬌もなくてマイペースな子だったけど、
    それが彼の個性だったと思っています。
    信頼されてないと思ったことはありません。

    見た目もそっくりな仲のいい保護犬仲間のお友達もそんな感じ。

    してもらうより、してあげるのが好き、な犬もいるんじゃないかなぁ。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。