犬の寿命について 大切な家族の一生

【獣医師監修】犬の寿命について 大切な家族の一生

息子や娘、時には良き友人であり、またはパートナーとして、愛犬の存在は、飼い主やそのファミリーにたくさんの幸福をもたらしてくれます。そんな愛犬達と過ごせる楽しい時間に、限りがあるのはとても切ないことですが、出会いには別れがセットでついてくるのは仕方のないこと。犬の寿命という、少し重いテーマですが、愛犬のために、そして、私達飼い主のためにも、避けては通れない話題を取りあげます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

子犬

犬の寿命について

犬の平均寿命

年齢の話が出ると、気になるのは犬の寿命の話ですね。日本国内でも人気のある、ミニチュアダックスやトイプードルチワワといった小型犬は、12歳~15歳程度が平均寿命とされているのに対し、グレードデーンは6~8歳、ゴールデン・レトリバーは10~13歳と、大型犬・超大型犬の方が、寿命は短いとされています。

大型犬は小型犬・中型犬に比べて平均寿命が短いのは、老いるスピードが早いことや、身体の大きさと内臓機能のバランスが悪く、疾患が起こりやすいという説が有力ですが、長生きする大型犬もたくさんいれば、短命の小型犬だってたくさんいますので、一口にまとめられる話ではありません。特に、昨今では食餌環境の改善や予防医学的な考えも浸透し、犬の寿命は延びてきていると言えるでしょう。

人間の寿命

wikipediaによると、寿命とは「命がある間の長さのことであり、生まれてから死ぬまでの時間のことである」とされます。医学的・科学的に、種としての個性や生態等を研究した結果では、「人間は120歳まで生きられる」という説があります。

また、実際にどのぐらい生きたかのか?統計を基に、平均寿命は算出されています。人間ならば、国籍や地域、男性か女性かで割り出されていますが、日本人男性が約80歳、日本人女性が約86歳とされる一方で、アフガニスタンは男性女性ともに、約60歳とされます。乳幼児の内に亡くなる(夭逝する)命が多い事が、平均寿命年齢に大きく影響していると言えるでしょう。そして、日本、アフガニスタン、男性、女性の違いも「人間は120歳まで生きられる」という説からは、遠い数値にある事も知っておきたいものです。

犬の寿命

犬種によって犬の平均寿命年齢はまとめられていますが、犬の平均寿命年齢については、前出した医学的・科学的根拠と、実際にどれだけ生きたかの?統計が入り交じっています。そこに個体差が加われば、どこまで正確なものなのかは、クエスチョンマークがつくと考えてもいいのかもしれません。とはいえ、多くの飼い主さんが、愛犬をお迎えにする際に参考にもするでしょうし、いざ、愛犬との別れが訪れた際に、どれだけ平均寿命年齢と近いかどうかを気になさるのも無理はありません。

では、以下のケースではいかがでしょうか? 

私が実際に知り合った犬に起こった、3つのお話を紹介します。
(※写真に出てくる犬は当事者の犬ではありません)

(1)1歳と6ヶ月で亡くなったゴールデン・レトリバー

レトリバー

名前は「ココロちゃん」といいました。遊びたい盛りのパピー期と、我が家の構ってちゃん期のタイミングがピッタリ合い、公園で会うたびに仲良くさせて頂いていましたが、ある日を境に「ココロちゃん」の姿は公園からなくなりました。

後から聞いた話ですが、里親になる時には、心臓疾患があることが分かっていたそうで、1歳まで生きられるかどうか・・という状態だったのが、1歳と6ヶ月まで生きられたとのこと。
(だから、心臓の"心"を訓読みした「ココロちゃん」と命名したのだそう)

(2)2歳のお誕生日を迎えられなかったトイ・プードル

トイプードル

名前は「ショコラくん」、毛色はレッド。犬も人間も大好きで、愛嬌があってフレンドリー。皆に愛されるアイドル気質の男の子でした。とっても元気な盛りだったので、飼い主さんがロングリードをよく使われていました。公園内だけではなく、住宅街でも長めに持っていることが多かったよう。ある日、道路に飛び出した所を車にはねられてしまいました。

(3)1歳のお誕生日直後に亡くなったヨークシャテリア

ヨーキー

1度しか会っていないのですが、我が家の愛犬とめっぽう相性が良かったヨーキーちゃん。公園でノーリードで遊ばせていたところ、急に公園外に向かって走り出したので、飼い主さんが一生懸命追いかけて捕獲できた瞬間の反動で、ヨーキーちゃんのお腹を蹴飛ばしてしまったのが致命傷となってしまいました。

この3つのお話に出てくる犬はみんな1歳代で亡くなった子です。平均寿命が1歳という犬種は世界広しといえど存在しませんが、1番目のゴールデン・レトリバーの「ココロちゃん」については、多くの人が「寿命」と捉えることでしょう。

しかし、2番目のトイ・プードルの「ショコラくん」3番目のヨーキーちゃんについては、飼い主さんがもっとしっかりしていれば生きられたはずなのに・・と感じる方が大半でしょう。

飼い主さんが未熟であった事が愛犬が1歳代で亡くなった理由に直結していますが、両方の飼い主さんの意気消沈っぷりは筆舌に尽くしがたいものがあり、決して殺そうと思ってとった行動ではないのです。

あなたの愛犬は、今、何歳ですか?

一般的に、犬が生きる速度は、人間の4倍とも、5倍とも言われています。

生後3ヶ月頃にお迎えする機会が多いと思いますが、この時の小型犬・中型犬は既に5歳、生後1年で17歳になってしまいますから、様々な躾やトレーニングを通して、飼い主との健全な関係を築く時間が、どれだけ短いかがよくわかりますね。

また、生後7年になると、シニア世代とされます。生後7年といえば、小型犬・中型犬では44歳ぐらい、大型犬では54歳ぐらいとされます。昨今の元気でイキイキとした40代・50代の人間を「シニア」とまとめちゃうとお叱りを受けること必須ですが(笑)、その裏側で、体力や記憶力、視力等、10代や20代の頃のようにはいかないなあと感じているのも本音です。

犬種の違いや個体差の影響も大きいため、愛犬の年齢を人間の年齢に置き換える事が必ずしも正しいわけではありませんが、より具体的に、実感として捉えられる側面もありますので、参考までに掲載しておきます。

犬の人間換算年齢

犬の出産からの月数・年数に対して、小型犬・中型犬と、大型犬、それぞれを人間の年齢に換算してみました。

小型犬・中型犬は、目安として成犬時の平均体重が25kgまでとされる犬種を、大型犬は、目安として成犬時の平均体重が25kg以上とされる犬種を想定しています。

犬の年齢表

出産からの日数 小・中型犬 大型犬
1ヶ月 1歳 1歳
3ヶ月 5歳 2歳
6ヶ月 9歳 6歳
9ヶ月 13歳 8歳
1年 17歳 12歳
2年 24歳 19歳
3年 28歳 25歳
4年 32歳 33歳
5年 36歳 40歳
6年 40歳 47歳
7年 44歳 54歳
8年 48歳 61歳
9年 52歳 66歳
10年 58歳 75歳
11年 60歳 82歳
12年 64歳 89歳
13年 68歳 96歳
14年 72歳 103歳
15年 76歳 110歳
16年 80歳 117歳
17年 84歳 124歳
18年 88歳 131歳
19年 92歳 138歳
20年 96歳 145歳

小型犬・中型犬は2年で24歳となり、3年目からは、1年に4歳ずつ年を取るとされます。大型犬は、最初の1年で12歳、2年目からは、1年に7歳ずつ年を取るとされます。小型犬・中型犬と大型犬を比較すると、4年目で逆転し、10年を迎える頃には、小型犬・中型犬が56歳であるのに対し、大型犬は75歳と、大きく年齢が開くことがわかります。大型犬は成犬になるのには小型犬・中型犬より時間がかかる一方で、年齢を重ねていくのが早い傾向にあるといえるでしょう。

同じ16歳で亡くなったとしても、小型犬・中型犬が日本人男性の平均寿命と同程度の80歳ぐらいであるのに対し、大型犬の場合は、117歳と相当のご長寿ですから、それぞれの飼い主同士、若干の温度差が生じる事を知っておきたいものですね。

いつかやってくる別れの時

繋いだ親子の手

人間にも犬にも平等に訪れる日

酒・タバコをやり放題でも長生きする人もいれば、健康に気を使っていても羅病し命を落とす人もいます。
交通事故、飛行機事故等、不慮の事故もあれば、地震や雷等の天災、理不尽な事件に巻き込まれて命を落とす人もいます。
平均寿命より長いか短いかの差は大きくても、死なない人間はいません。
そして、犬も、いつかは死にます。
それが今日なのか、明日なのか、○年後なのか分からないのも、人間と同じです。

それでも少し、人間の親子の関係と、飼い主と愛犬の関係は違う部分があります。
「飼い主は、愛犬より先に死んではならない」ということです。
いつか訪れる死を避けることは、誰にもできないことであり、様々な天命・運命が用意されていますから、人間の意志だけではどうにもならないのも本当ですが、その気概を持つ、その覚悟を持つことはとても大切なことです。

ペットロス

愛犬を見送った飼い主さんの間で広く知られている散文詩に、「虹の橋(Rainbow Bridge)」があります。それによると、愛されて育った愛犬は、天国へ渡る橋(虹の橋)のたもとで、のびのびと過ごしながら、唯一、心残りである、自分を愛してくれた飼い主を案じ、そしていつか飼い主がこの世を去った時には、一緒に天国への橋を渡る・・・とまあ、そんな内容の詩なのですが、おとぎ話といえばそうでしょうし、宗教観の違いからくる違和感もあるかもしれません。それでも、この「虹の橋(Rainbow Bridge)」が世界中で広く知られているのは、愛犬を亡くして喪失感に陥っている飼い主さんの心を慰めるだけでなく、大切な教えが入っているからです。

  • 夭逝でも長い闘病に苦しんだ末でも同じ、平均寿命とされる年月なんて関係ない
  • 自分を必要とされる喜びを知り、愛されることで満たされている

あの時こうしていたら?
もっとこうしていたら?

たらればには限りがなくて、後から後からやってくる後悔の波の中で、溺れそうになる、いっそ、溺れ死にたくなる・・ペットロスに苦しむ人々がいらっしゃることでしょう。反省も後悔も、そして泣きに泣くことも残された者の心のために大切な過程ですが、愛犬を慈しみ愛していたということは、誰よりも愛犬が知っています。「虹の橋」の詩を借りれば、だから虹の橋のたもとの住人になれているというわけです。

愛犬がくれた様々なギフト(笑えるエピソード、印象的なエピソードなど)を少しづつ思い出して、笑って話せる日がいつか訪れます。そのタイミングを拒絶しないで、愛犬の事を1番愛していたのは自分だ!と胸を張って下さい。虹の橋のたもとで待っている愛犬が見たいのは、1番大好きだった飼い主さんの笑顔に違いありません。

▼関連記事

最後に

青空"

今日も、日本のどこかの保健所に犬が預けられます。今日も、日本のどこかの保健所で殺される犬がいます。

かつて飼い犬だった彼・彼女らは、人間に愛される事を知り、棄てられる絶望を知っています。

事情があるから仕方がなかったとか、その犬の「天命」「運命」ではないの?と片付けるのは、人間のエゴとしか言いようがないのではないでしょうか?

生まれた犬が、みんな「虹の橋」のたもとに辿り着けます様に。祈らずにいられません。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ミッキーママ

    理屈抜きで、家族と別れるのは寂しいものです…どんな形であれ、さっきまで隣にいた存在を喪うのは辛いものですし、持病があったとかならともかく、不慮の事故を招いてしまったら、一生もののトラウマだと思う。犬と暮らしていない方には理解しづらいかもしれないけれど、動物といわれようが、ペットと軽視されようが、家族ですから。
  • 投稿者

    30代 女性 華梨

    死とは誰もが恐れ、生き物である限りは決して避けては通れないものです。なかなか受け入れられない事もあるでしょう。変えられない事だからこそ、私達飼い主は限られた時間をいかにその子の為に一生懸命に、幸せを考えてあげられるかが不可欠です。
  • 投稿者

    20代 女性 ミミ

    記事を少し読んだだけで、自然と涙が出てしまいました。愛犬も1歳になったばかりです。あまりにも短すぎる人生に言葉が出ません。犬の寿命に関して、目をそらしたいし、現実を受け入れたく無い気持ちで胸がいっぱいいっぱいなのが、正直な感想になります。
  • 投稿者

    20代 女性 ケープ

    ある時突然、腹水でお腹が地面に着く程膨らんだ愛犬。致命傷かもと言われながら、獣医師のアドバイスで、下痢をさせないよう気をつけ、食事療法を行いました。それから2年間病状は表に出ず普通に過ごして、飼い主の知識は未熟でしたが、寿命が伸びたと思っています。
  • 投稿者

    女性 れな

    皆さんはわんちゃんの寿命は知っていますか?わんちゃんの平均寿命は、一般的に10年~13年と言われています。もちろんもっと長生きする元気なわんちゃんもいますし、病気などで早く亡くなってしまうわんちゃんもいます。犬の寿命を短いと考えるか長いと考えるかは人それぞれの価値観ですが、わんちゃんは生き物です。どんな寿命を全うするにしても飼った以上途中で手放したりせず最後まで飼い主としの責任を持って大切に育ててあげてください。
  • 投稿者

    40代 女性 未来のママ

    愛犬未来はただ今11歳。中型犬です。先月体調が悪くなり、病院へ。血液検査の結果、白血球が少ない事、子宮蓄濃症の疑いがある事でした。1週間つきっきりで様子観察して、体調が良くなりました。一時は、愛犬との別れを覚悟しなければならないと思ってました。殺処分される犬やネコの元の飼い主に言いたい。ペットを飼う資格はないと。私の夢は殺処分される犬やネコを保健所から引き取って、余生を安心して過ごせる場所を作りたい。
    未来のママの投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 ジュンジュン

    我が家は今年六歳になるシーズー兄弟犬がいます。人間もワンちゃんも同じだと思いますが一生懸命愛しても亡くなった時には後悔ばかりします。今元気で居る方もそうでない状況でも忘れずに感謝してあげる事が一番後悔しないかもしれませんね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 モモママ

    当たり前ですが、動物は言葉を話す事が出来ません。だからこそ、できるだけこの子達の気持ちを分かってあげる努力をしてあげたいと思っています。おそらくは…
    何も考えず今だけを生きている姿を見ているととても健気に思います。命は犬も人間も1つしか無い大切なものです。動物と暮らすときには「命を預かる事の大切さ」を考えたいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 未来のママ

    昨年、子宮蓄膿症の疑いがあり、愛犬未来は11歳ですが、避妊手術をしました。手術後は元気に散歩に行っています。シニアなので、ケガや病気に気をつけて、今年1年無事に過ごして欲しいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 咲-Saki-

    今年6月末で13歳の愛犬チワワが具合が悪くなったのが4月でした。主人と別れの時が近づいてるのかと…病院で検査をしたところ子宮蓄膿症で一刻を争うとの事で緊急手術。生死の境をさ迷った日もありましたが、それから1ヶ月ですっかり元気になりました。近い将来いつかお別れの時が来ます。その日まで一日一日を大切に過ごせます様に☆
  • 投稿者

    20代 女性 ういたん

    昨年半年で2匹の愛犬を亡くしました。チワワは心臓病と分かって内服治療をしてましたが半年で亡くなってしまいました。亡くなってから本当にこの治療法でよかったのか他に治療法はなかったかただただ考える日々。そんな中15歳のダックスフンドも亡くなってしまいました。ペットロスからは中々抜け出すことができないです。
  • 投稿者

    40代 女性 犬好きやめられません!

    物心ついた頃から犬と生活するのが当たり前になっていた私。結婚してからも当然犬好きは変わらず。

    現在飼っているのは、年齢不詳のミックス犬雄。保健所の掲示板を見て5年前に引き取りました。その当時すでに6~7歳と推定されていたので、今では立派なシニア犬です。今年の夏はとても暑く、我が家の犬にとっては試練の夏でした。食欲低下でふらつく、目もみえにくくなってぶつかる、様々な老化現象が出てきましたが、その都度餌を変えたりトイレ誘導したり、可能な限り寄り添ってきました。
    いろいろ失敗するようになってきたけど、それも全て受け入れて一緒に生活しているので、犬も安心して過ごしているように見えます。近い将来決別の日がやってきますが、その時まで穏やかに楽しく過ごさせてあげようと思っています。
  • 投稿者

    女性 匿名

    寿命は日々意識しています。今は61才ですが後2ヶ月で65才です。
    衰えはまだ見えませんが、散歩で引かれる事が減り、比較的穏やかに歩くようになりました。
    目は白内障になり点眼薬で治療中です。
    毎日の散歩をとても楽しんでいて弾みながら歩いています。
    後どの位こうして歩けるのかと寂しさがこみ上げる事もありますが、今を楽しむ我が子の姿に癒されています。
    毎日が楽しく、幸せの積み重ねをしています。
    病気になったら適切な治療をして元気を取り戻してくれるように、保険に加入しました。70%をカバーしてくれます。
    看護への覚悟は日々固めていますが、その時にならないと分からない事が沢山あります。介護用品を見てみたり、皆さんの書き込みを参考に勉強しています。
    安易に治療をすると余計に具合が悪くなる事もあるそうなので、先生と相談してきちんとした判断を仰ぎながら様子を見るのも大切かなと思っています。
    どんな別れにせよ後悔はするそうなのですが、最期の瞬間に立ち会えるようにしっかりとした考えを持っていたいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ガラコ

    トイプー2匹雄9歳+スタンプー1匹雄7歳と暮らしています。売れ残りちゃんでした。
    トイプーは体の毛を口の中に絡まれた状態で、お医者も気が付かず1歳より歯槽膿漏、尾も振ることが出来ず、毛も抜け落ちている状態で1っ歩も歩くことができない状態できましたが、愛くるしく今も頑張っています。毎月の犬との旅行にもこれが最後かな?ってたくさんたくさん一緒にいるようにしています。我が息子たちわたしも頑張って長生きしなきゃ
  • 投稿者

    50代以上 女性 おばさん

    昨年11月メスのトイ•プードルが17歳3か月で逝ってしまいました。
    10月の下旬体調の異変に気付き病院に!
    黄疸もありかなり厳しい状況だったと思いますが愛犬は最期の4週間濃い時間を作ってくれました!
    本当に頑張って私達家族に素敵なかけがえのない想い出を残してくれました!
    でもまだ辛く哀しく淋しいですが沢山の想い出を笑顔で前に進んでいます!
    おばさんの投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    突然の事故や飼い主さんの不注意で亡くなってしまうのは悲しいこと。でも、日々、家族として愛犬を愛していたなら、幸せだったと思います。
    つい先日、友人から聞いた話ですが、その家の飼い主さんは、お散歩は行っているようですが、いつもゲージに入れっぱなし だそう!話を聞いて悲しくなりました。愛犬のこと考えてあげない飼い主さんは許せないです。
    今はテレビで可愛い子犬が出て、簡単に飼ってしまう人が多すぎと思います!どうにかならないでしょうか。
  • 投稿者

    50代以上 男性 れもん

    今回の記事を見ながら隣で寝ているトイプードルとチワワのMIXの背中を撫でながら自分は受け入れられるか?8年間私や家族と一緒に過ごしたことがこの子の幸せだったのか?いろんなことを考えてしまいます。だからこれかも一緒に遊んだり、車に乗って思いでを作ろうね!
  • 投稿者

    50代以上 女性 レイ

    記事を読んで涙が溢れてきました。突然死をするわんちゃんもいれば、飼い主の不手際から亡くなってしまうわんちゃんもいますよね。うちの子は、もうすぐ7歳です。自分の子供のように可愛いです。虹の橋と言うのはそんな意味があったんですね。この子の最後は看取って橋のたもとで待っていてほしいと願います。命の大切さ再認識しました。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    6月、愛犬(マルチーズとプードルのMixのメス)が息を引き取りました。18歳とぴったり半年でした。突然痙攣を起こし、一度は心臓が止まりましたが自己流でしたが心臓マッサージと人工呼吸が良かったのか分かりませんが奇跡的に息を吹き替えしてくれました。その後は自分の身に起きた事に怯えた様な表情で部屋の隅っこで背を向けて座っていました。急いで夜間の動物病院に連れていき注射をしてもらいました。病院に行く前は座れる状態でしたが病院から帰宅したら目閉じれなく舌も垂れて寝たきりの状態になってしまいました。最初は注射が老体にキツかったのでは?!と疑念を抱いてしまいましたが、犬の寿命は人間の約4倍だそうなので、病院に行く前と帰宅後でこんなに急変して寝たきりなってしまったんだろうとやっと最近思えるようになりました。
    痙攣を起こしてから2日後の早朝に静かに息を引き取りました。最後の朝は不思議ですがなぜか家族揃って、いつもより一時間早く目が覚めました。
    喉が渇いているだろうとスポイトでお水を飲ませました。前日は一滴の水も飲まなかったのに母に抱きかかえられながら喉をコクコク鳴らしながら水を飲んでくれました。それからウンチを2回してオシッコもして体の中を綺麗にして旅立つ準備をしたみたいでした。最後は動けなくなった身体なのに片足を精一杯あげてだんだん呼吸も静かになって亡くなりました。
    まるで、片足をあげて何かを伝えようとしていたように感じてなりませんでした。
    家族にお別れを言おうと明け方まで旅立つのを待って居てくれたんだなと思い最後までありがとうと言う気持ちでいっぱいです。

    愛犬を亡くして今日でちょうど1カ月ですが、会いたくてふっと涙が止まらない時があります…。でも虹の橋の詩を呼んで少し気持ちが楽になりました。

    犬や猫も姿形が違うだけで命あるものは感情があります。愛情を注げばその倍以上の愛情を返してくれます。今もどこかで虐待や飼育放棄や保健所の動物たちが数多くいます。悲しく痛く辛い思いをしなくてすむように動物に責任と愛情を注げる人が増えて欲しいと強く願います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。