動物専門学校で動物たちと触れ合う職業を目指そう!

動物専門学校で動物たちと触れ合う職業を目指そう!

動物専門学校は、動物に関する職業を目指す人の学校であり、どんな仕事を目指すかによって入学する学校や学習期間が変わってきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

子犬

動物専門学校とは?

動物専門学校とは、動物と触れ合う仕事を目指す人のための学校です。

トリマーやトレーナー、動物看護師などを目指す人のための学校が大半を占めます。

動物園の飼育員、水族館飼育員、ドルフィントレーナー、警察犬や災害救助犬のトレーナーを目指す人のための学校もあります。

入学時期は、高校を卒業してからと言う人がほとんどですが、大学を卒業した人、社会人経験がある人の入学も少なくありません。

学習期間は学科によって様々です。

トリマーは最短では1年、エキスパートを目指す場合は3~4年間、技術を磨き続けることが出来る場合もあります。

目指す職業によって動物専門学校の選び方は変わる

動物専門学校の選び方は、どういう職業を目指すかで変わります。

トリマーを目指す場合はトリマー科、トレーナーを目指す場合はトレーナー科、動物看護師を目指す場合は動物看護科と言う風に選ぶことができます。

今はペットビジネス全般に関わりたいと考える人のために、名称は学校により異なりますが「ペットビジネス科」が新設されることが多いです。

まだ何をしたいかがわからない場合は、ビジネス科でペット業界のことをじっくりと学んでから自分のしたい職種を決めていくということもできます。

動物専門学校を卒業した人の仕事は圧倒的にトリマーが多くなることから、トレーナー科、ペットビジネス科に入学してもトリマーの授業を受けてトリマーの資格を取ることが必須となっていることが多いです。

動物専門学校の種類について

動物専門学校には学校法人の「専門学校」と学校法人ではない専修学校とがあります。

専門学校のほうが比較的学費が高額になる傾向があります。

専修学校はその職業を目指すための技術や知識を身につけるために特化したものです。

どちらも技術と知識を身につけるという点では変わりはないのですが、学校生活自体を充実させたいのか、技術と知識を早く身につけたいのかによって、どちらを選ぶか決めるようにすれば良いでしょう。

取得できる資格は学校によって、かなりの差がありますので、学校見学や説明会に出かけて疑問点は解決しておくことが大切です。

最後に

3ペットショップ

ペット業界は動物が好きなだけでは、なかなか勤まらないことがあります。

動物が好きであり、コミュニケーション能力、知識、技術を十分に身につけておかなくてはなりません。

また犬や猫が好きだと言ってもペットショップに就職すれば扱っているのは犬ばかりではないショップも数多いです。

ハムスターやウサギなどの小動物、熱帯魚や鳥類、また爬虫類などを扱っているところもあるでしょう。

動物専門学校に行く前に、自分がどの程度動物がすきなのか、好きな動物以外も扱うことができるのか、よく考えておくことが大切かもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。