何かあったの?犬が悲しい顔をする理由4つ

何かあったの?犬が悲しい顔をする理由4つ

この記事では「何かあったの?犬が悲しい顔をする理由」をテーマに、犬が悲しそうな顔をしている時の理由をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が悲しい顔をする理由1:寂しいから

悲しそうな顔をして床に伏せている犬

犬をよく観察していると、本当に表情が豊かなことに気づきますよね。寂しく感じるような状況にあった時、犬も悲しい顔をすることがあります。例えば、大好きな飼い主さんが出かけて行く時に「独りで待ってるの寂しいな」と困ったような悲しい表情をすることがあるでしょう。

犬が悲しい顔をする理由2:いじけている

いじけている雰囲気を醸し出しながら床に伏せている犬

犬のことを構わずに他のことをしていた場合、犬が拗ねてしまい、いじけて悲しい顔をすることがあります。

例えば、他の犬や別の動物の相手ばかりしてしまい接し方に差が出てしまった場合や、飼い主さんが忙しく犬と遊ぶことをつい忘れてしまったり、疎かになってしまった際です。いじけて悲しい顔をしているときに犬の顔を見てその表情がわかった場合、可愛いと思ってしまうかもしれませんが、犬が悲しいと思ったからそのような悲しそうな表情をしているということを忘れてはいけません。

犬が悲しい顔をする理由3:待っているから

白いフワフワな物を噛んでいる犬

たとえば、長めのお留守番で飼い主さんを待っている時に「まだかなぁ、待ちくたびれたよ…」と寂しい気持ちになり、物悲しい表情をすることがあるでしょう。大好きな飼い主さんや家族に会えた時には、悲しそうな顔が一変してキラキラ笑顔に変わることでしょう。

また、ご飯や散歩に行くのが遅くなってしまって犬が待つことに疲れてしまった時も、犬にご飯を差し出したり散歩に行くよと呼んでも犬が中々喜んでいるような仕草を見せない時があります。そのような時に犬の顔を見ると、悲しそうな顔をしていることが多々あります。おそらく待つことにうんざりしてしまい飼い主さんに忘れられてしまったと思い、悲しい顔をしているのかもしれません。

犬が悲しい顔をする理由4:元々悲しい顔をしているから

机の上の物を気にしながら立っている困り顔の犬

たとえば、目の上に眉毛のような模様がある犬がいますよね。その模様がタレ眉で、困った時や悲しい時にみせる眉毛のように見える場合があります。他にも、顔のシワが要因となって悲しい顔をしているように見えることもあります。このような個性的な顔をしている犬は可愛いですし、話題にもなりそうですね。

まとめ

道の真ん中で悲しそうな顔をしている犬

犬が悲しそうな顔をするのには人間同様に様々な理由があると思います。一緒に暮らしていて何か心当たりがあることをしてしまいそのことに気がついた際に犬の様子をみてください。もし悲しそうな顔をしていたらその心当たりの行動が犬を悲しませてしまったのかもしれません。一緒に生活する上でやむを得ない場合もあるかとは思いますが極力犬のことを悲しませないように仲良く暮らしてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。