犬はブリ(鰤)を食べても大丈夫!与えるメリットと注意点

犬はブリ(鰤)を食べても大丈夫!与えるメリットと注意点

お気に入りに追加

犬にブリを与えたことはありますか?愛犬の健康を考え、「これは食べても大丈夫かな?」と、気にしている飼い主さんは多いですね。今回は、犬がブリを食べるメリットと与えるときの注意点についてまとめました。

784view

犬はブリを食べても大丈夫!

ブリ

ブリは犬が食べていい魚です。むしろ、犬に与えたほうがいい魚、といっても過言ではありません。青魚であるブリには、DHAやEPAといったオメガ3脂肪酸が含まれているほか、動物性タンパク質が豊富です。

ブリが高タンパクであると、タンパク質を制限しなければならない腎臓病などでは与えてはいけないと思われがちですが、犬にとってブリはとても良い効果をもたらしてくれるのです。さまざまなメリットと注意点を理解して、愛犬のためのご飯のレパートリーを増やしてくださいね!

犬にブリを与えるメリット

獣医師と犬

豊富なオメガ3で免疫力のアップと認知症の予防にも!

ブリには犬が自分自身の体内で作ることのできない、オメガ3脂肪酸であるDHAやEPAが含まれています。最近では犬にもオメガ3脂肪酸を取り入れるために、さまざまなサプリやオイルが販売されていますが、それだけ犬にとってオメガ3脂肪酸が重要ということがおわかりいただけると思います。

DHAは脳の働きを活発にしてくれるため、犬の記憶力や学習能力を高めてくれるほか、認知症の予防に効果があります。EPAは血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞といった血栓が詰まって引き起こされる症状の予防になるのです。

他にもオメガ3脂肪酸は犬の免疫力を高めてくれたり、コレステロールを低下させてくれるので、普段から愛犬のために取り入れたいものですね。

腎臓への負担もなく腎臓病を患っている犬の食事にも最適

犬の体内ではタンパク質を消化するために、腎臓が一生懸命働いています。タンパク質は身体を作るエネルギーとして重要な役割を持っていますが、役割を終えたあとは老廃物となり腎臓を通って体外に排泄されます。排泄できないと犬の体の中に老廃物が溜まり、毒素となって腎不全などを引き起こしてしまうのです。

腎臓が悪い犬は、高タンパクなものは腎臓に負担がかかってしまうため、極力控えなければいけません。しかし、ブリは良質なタンパク質なため、100%が動物性アミノ酸となり老廃物が出ない優れた食材です。

腎臓病サポートのドッグフードと比較しても、同等以上の優れた効果があります。ブリは、腎臓病を患っている犬の食事としても最適で、健康な犬にとっても腎臓への負担がないのは安心ですね。

ブリの皮も食べられる!

ブリの皮には、コラーゲンが豊富に含まれています。細かく切って食べさせることで、犬の関節の滑りをよくする効果が得られます。関節疾患の予防にもなりますし、皮膚を丈夫にしてくれる、被毛にツヤが戻る、といった犬の健康には嬉しいメリットがあります。

犬にブリを与える際の注意点

注意マークと犬

生のブリは与えない!刺身も控えたほうがいい

犬にブリを与える際には、火を通すようにしましょう。生のブリは消化不良の原因になるだけでなく、ブリに含まれるチアミターゼという成分によって、犬の体内のビタミンB1を急激に減らしてしまいます。犬が急性チアミン欠乏症となると、炭水化物を消化できない、歩行障害といった問題が発生する可能性があります。加熱することでチアミターゼは分解されるので、生のブリではなく火を通したものを与えるようにしましょう。

また、天然もののブリにはアニサキスという寄生虫がいることがあるため、下痢や嘔吐といった食中毒を引き起こしてしまう恐れがあります。加熱することによって食中毒も避けられるため、犬に与えるためのブリは必ず火を通してくださいね!

ブリの血合いはアレルギーに注意!

ブリの血合いは、犬にとっても栄養があります。しかし、アレルギーの原因になる可能性があるため、初めて与える場合は注意が必要です。心配であれば、血合いは取り除いてブリの身の部分だけを与えるようにしましょう。

骨は取り除こう

ブリには小骨が少ないですが、犬に与えるときはしっかり骨を取り除いてあげましょう。基本的に、犬は咀嚼をせずに飲み込んでしまう生きものです。骨が喉や消化器官に刺さってしまう恐れがあるので、ブリの身を指で触って骨が隠れていないか確かめてから与えるようにしてくださいね。

ブリの与えすぎには注意!

ブリはとても脂分の多い魚です。与えすぎは犬の肥満の原因にもなるので、気をつけなければいけません。犬にブリを食べさせるときは、茹でたり蒸して脂分を落とすか、キッチンペーパーで焼いたブリの脂を拭き取るようにしましょう。犬に与える量の目安としては、体重が5㎏の犬であれば、30g程度です。

犬に食べさせたいブリのおすすめレシピ

餌を待つ犬

ブリと野菜のスープご飯

必要な材料

  • ブリ…30g
  • 人参…6g
  • キャベツ…50g
  • じゃが芋…20g
  • オリーブオイル…適量
  • 水…50cc
  • 白ご飯…20g

作り方

1、人参、キャベツ、じゃが芋を粗みじん切りします。
2、細かく切った野菜をレンジで1分程度温めます。
3、小さめのフライパンか鍋にオリーブオイルを薄くひき、ブリを焼きます。
4、ブリに火が通ったら野菜と水を入れ、軽く混ぜ合わせます。全体にブリの脂が回ったら火を止めて冷まします。
5、白ご飯に冷ましたブリと野菜のスープをかけて出来上がりです。

ブリと大根のヘルシーおそば

必要な材料(小型犬5㎏の場合)

  • ブリ…30g
  • 豆腐…35g
  • 大根…50g
  • 人参…6g
  • 小松菜…20g
  • そば…40g
  • 水…270㏄

作り方

1、ブリを一口大にカット、豆腐は1,5㎝の角切り、人参と大根は1cmの厚さでいちょう切り、小松菜は2cm程度にカットします。
2、鍋に水を入れ、豆腐以外の材料をすべて入れ、蓋をして弱火で20分~30分煮込みます。
3、別の鍋でそばを茹で、茹で上がったら水を切り細かく切っておきます。
4.ブリと野菜を茹でた鍋に、豆腐を入れ、軽く混ぜ合わせたら冷まします。
5、3で切っておいたそばをお皿に盛り、4をそばの上にかけて出来上がりです。

ブリとは逆に犬が食べてはいけない魚は?

犬とタコ

  • ししゃも
  • 魚のエラや腸
  • スルメ
  • タコ
  • イカ
  • エビ
  • カニ

ブリは犬に与えることが好ましい魚ですし、ほとんどの魚は犬に与えても問題はありません。
しかし、食べてはいけないものも存在します。ししゃもは塩漬けしてから干されるため、塩分が多く含まれます。甲殻類などはアレルギーの心配もありますが、消化不良を起こすものや、中には犬の内臓に悪影響を及ぼすものもあるので、与えないようにしましょう。

まとめ

犬と男性

犬にとってブリは、メリットがたくさんある魚です。しっかり火を通して、与えすぎないように注意すれば、さまざまな良い効果をもたらしてくれます。ブリは比較的食いつきの良い食材でもあるので、いつものフードにトッピングしてあげても喜びます。愛犬の健康維持や病気の予防に、ぜひブリを食べさせてあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。