床が傷だらけ…。犬が床をひっかく理由と傷つけないための対策

床が傷だらけ…。犬が床をひっかく理由と傷つけないための対策

愛犬が、散歩で外に出ている時だけでなく家の中でも地面を掘るように床を引っかいている姿を目にしたことはありませんか?飼い主さんにとって愛犬のこの行動は、床が傷つくので出来れば止めさせたいと思うでしょう。けれども、「床を引っかく」と言う行為は、犬にとってとても意味のある行動なのです。今回は、犬が床を引っかく理由と床を傷つけないための対策についてご紹介したいと思います!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が床をひっかく理由

伸びをするジャックラッセル

「床を引っかく」と表現していますが、実際の犬の行動を見ると「地面を掘る動作をしている」とも言えます。では、なぜ犬は外の地面だけでなく、家の中の床を掘るような仕草をするのでしょうか。

本能的欲求のため

本来、犬は地面に巣穴を掘って生活する動物でした。暗く狭い穴の中だと、自分よりも体の大きな外敵が侵入してくることもなく、安全に体を休めることができるため、出産するのも穴の中でした。ですから、犬は「体を休めたい」「安心して眠れる場所を作りたい」という欲求に突き動かされると、自分が心地よく眠れるように寝床を整えようと地面を掘るような仕草をすることがあります。
また、自分の捕らえた獲物などを地面に掘って隠す習性もあったため、人に飼育されるようになってもその本能はまだ残っていて、お気に入りのオモチャやガムなどを地面に埋めて隠そうとする犬もいます。その本能や習性のために、家の中でもお気に入りのオモチャなどを「地面に穴を掘って隠したい」という欲求が起こって、床を掘るような仕草を見せるのです。

遊びのため

一人遊びの一つとして、地面を掘ることがあります。

ストレスを抱えているため

退屈だったり、なにか

飼い主さんの注意を引きたいため

穴を掘るジャックラッセルテリア

愛犬が無心に床を掘るような(床を引っかくような)仕草をしているとき、「かわいい!」と過剰に反応したり、「やめなさい!」と騒いだりしたことはありませんか?犬は、そのことを覚えていて、飼い主さんの気を引きたいために床を掘るような仕草をすることもあるようです。

傷つきやすい床の素材

畳の上でくつろぐダックスフンド

フローリングの床材

材木は犬の爪よりも柔らかいので大型犬を家の中で飼っていると、「掘る」ような仕草をしなくても、普通に歩いたり、走ったりしただけで、表面が傷ついてしまいます。例えると、犬の足はスパイクがついた靴のようなものですから、フローリングの上を走り回ったら、当然、傷がつきます。

カーペット

普通に歩いたり、走ったりするだけなら問題はありません。しかし、「床を引っかく」ような仕草をするのであれば、毛が抜けたり、表面が毛羽だったりして、カーペットもダメージを受けます。

猫の爪ほどではありませんが、犬にも太く、固い爪があります。井草という植物を乾燥させて作る畳の表面は、犬の固い爪によって引っかかれると修復できなくなるほど大きなダメージを受けます。

止めさせることが逆にストレスを与えることもある

木のそばの穴から顔を出す犬

犬が床を引っかく仕草は、本能から来る行動です。その都度、無理に止めさせると「掘りたい」「探したい」という欲求が募り、ストレスを抱えてしまいます。犬は、床を傷つけようとして床を引っかいているのではありません。そのことを理解し、床を傷つけられたくないのであれば、無理に制止するようなことはせず、犬の欲求を満たせるように、「掘る行為」を存分にできるように、布を与える、掘る行為を始めたら、さりげなく「遊ぶ」「走る」「探す」など、他の欲求を満たせるように誘導しましょう。

犬が床を傷つけないための対策

片耳が垂れた楽しそうな犬

一心不乱に床をひっかいている

ストレスによる行為だと考えられます。決まった場所だけを執拗に掘り続けたり、カーペットが破れるまで引っかき続けたりするようであれば、犬は何らかのストレスを抱えている可能性があります。犬の生活の中で、何かストレスになっていることはないかを考えてみましょう。

例えば、犬と過ごす時間が極端に減った、長くケージなどに閉じ込めている時間が増えた、家族環境、生活環境に大きな変化があった、など。何か思い当たることがあるなら、その問題を解決できる策を講じましょう。

尻尾を振りながら床を引っかいている

探し物を探す、という欲求を満たすための行動と考えられます。床を傷つけられたくないのなら、犬がその行為を始めたら別の遊びを提案します。犬が激しく掘るような仕草をしても問題ないような場所や布などを用意して、実際に何かおもちゃを隠し、「何かを探す」遊びを楽しませてあげましょう。せっかく楽しく遊ぼうとしているのを厳しく止めさせると、ストレスが溜まります。上手に犬の感情を察しながら、犬の欲求を満たしてあげましょう。

何かを考えながら床を引っかいている

眠くて、自分の寝床を自分が心地よいように調整しているのかも知れません。いつも眠る場所に誘導したり、ベッドに連れて行ったりして、安心して眠れるようにしてあげましょう。

まとめ

リビングのフローリングの上でくつろぐ犬

もともと、犬は野生で生きてきた動物です。動物と一緒に生活するのですから、家が傷むのは覚悟しなければいけません。どうしても床を傷つけられたくないのであれば、傷がつきにくい素材を用いるなどの対策法もあります。いずれにせよ、犬と人間では習性が違うのですから、犬の習性や本能を知った上で対策を練りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。