柴犬の毛色まとめ!主な特徴や種類、色別の性格まで

柴犬の毛色まとめ!主な特徴や種類、色別の性格まで

お気に入りに追加

海外でも注目を浴びている日本の代表犬「柴犬」には4種類の毛色があるということをご存知ですか?柴犬は、国内原産の純日本犬で、日本犬種全体の80%を占めています。また、飼育頭数は日本国内で飼われている純日本犬の中で第一位となっています。しかし、よく見かける犬ではありますが、柴犬の毛色についてはあまり知られていないかもしれません。柴犬は毛色によって全く印象が違います。今回は柴犬の毛色に注目し、詳しく解説します。

1718view

柴犬の毛色の特徴

3匹の柴犬

柴犬の毛色は4色に色分けされています。「意外と毛色の種類が少ないのだな」と思われた方もいるかもしれません。

柴犬は、日本の天然記念物に指定されている歴史ある犬種です。そのため、原種の血統を守るために、新たな毛色を作出することなく現在に至っています。

毛色の割合は、柴犬全体の80%が「赤毛」です。次いで「黒毛」が全体の10%、「白毛」が5~10%、「胡麻毛」は希少種となっています。

柴犬の毛色の種類 

白い柴犬

赤毛(レッド)

柴犬の代表的毛色は「赤毛」です。赤と表現されていますが、実際は明るい茶色で、個体によって濃淡に違いがあります。

被毛の表面上は赤毛ですが、お腹周りと胸周りの裏面と言われる部分は、白毛で覆われています。また、顔回りにも白毛部分があり、その割合が犬の個性になっています。

黒(ブラック)

体全体は黒毛色で覆われていますが、足先や胸周り、口周りは薄茶(タン)が入っています。タンの割合に個体差があり、それが犬の個性となります。

黒い柴犬の一番のトレードマークは目の上にあるタンの眉毛で、「マロ眉」という愛称で呼ばれています。このマロ眉が表情を豊かに見せていて、「可愛い!」と一目ぼれする飼い主さんも多いようです。黒柴は爪や肉球もはっきりと黒いのが特徴です。

白(クリーム)

白の柴犬は、純白というよりクリームやアイボリーといった毛色です。白柴犬は、赤柴同士の交配により誕生する毛色で、誕生する割合が5~10%程度しかありません。

耳や背中など、部分的にベージュが現れることもありますが、全体に白の単色に見えます。色の特徴から「もふもふ」や「ふわふわ」といった柔らかい印象を与えます。

白柴は色素欠乏のアルビノ種だという説もありますが、そうではありません。アルビノ種の場合は瞳の色素も薄くなり、赤目になっているので違いが見分けられます。白柴の瞳は色は真っ黒なので、毛色とのコントラストでより際立って見えます。

胡麻

柴犬の中でも数%しか存在しないくらい珍しい種類で、赤・黒・白の被毛が混ざり合った柴犬を胡麻柴と呼んでいます。被毛の割合で、赤毛が多いと「赤胡麻」、黒毛が多いと「黒胡麻」というように、呼び分けされることもあります。

また、胡麻毛の模様の出方によっては「虎毛」と呼ぶこともあります。赤や黒の毛と、白毛のコントラストがはっきりしていて虎模様に見える場合、作出者の判断で虎毛と表記することがあるようです。胡麻毛の中でも更に希少な毛色模様です。

柴犬の毛色で値段が違う?

柴犬立ち姿

柴犬の値段は、色によって若干違いがあります。親の遺伝や血統、受賞歴なども影響しますが、比較的安い値段で販売されているのは赤柴でしょう。柴犬の代表的な毛色で頭数も多いため、一般的には5万円~20万円くらいの値段で販売されていますが、ブリーダーによっても値段に差があります。

次いで人気犬種の黒柴は最低で10万円~18万円、白柴は生まれる頭数が少ないことが影響して最低の価格でも16万円くらいとなっています。胡麻柴は10万円~18万円台の価格が主流です。

柴犬の毛色別の性格の違い

2匹の柴犬

同じ犬種でも毛色によって性格が違う犬もいるようですが、柴犬は毛色の違いによる性格差はありません。また、寿命の差もありません。

一般的な柴犬は、独立心が強く、べったりされることを嫌う性格の子が多いようです。もともとは狩猟犬だったため気が強く、知恵もあるので、しつけに少し手を焼くことも多いようです。

一方で、家族愛が大変深い犬として知られています。主人には心を開き、終生主人に寄り添う心を持ち続ける誠実さがあります。

抱っこされるのを嫌がるくせに、気分次第でぴったりと寄り添ってくるようなツンデレな性格が飼い主さんを虜にしています。

柴犬の毛色は子犬~成犬で変化する?

眠る柴犬たち

柴犬は、子犬期から成犬になるまでの間に毛色が変化することが多い犬種です。柴犬の被毛はダブルコートで換毛期があります。抜け毛が多く、毛の生え替わりを繰り返すので、新しい毛色が以前の毛色と違うということも珍しくありません。

赤柴や黒柴の場合は色の濃度が、白柴の場合は薄茶の濃淡が変化することがあります。胡麻毛は特に変化が大きい犬種です。子犬期には胡麻柴だったのに、成犬になる頃には赤柴になっていたということもあるようです。柴犬の毛色は犬の個性なので、変化を楽しめると良いですね。

まとめ

黒柴犬

柴犬で一番多い毛色は赤毛ですが、どの色もそれぞれに違った個性があり魅力があります。毛色で性格に違いはありませんから、自分が一番かわいいと思った柴犬を選べると良いですね。

また、柴犬は毛色の変化が大きい犬種でもあります。赤ちゃんの頃から写真を撮って、毛色の変化を記録していくと面白いですよ。ご近所の柴犬の毛色にも是非注目してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。