犬がゆっくり歩いている時の心理5つ

犬がゆっくり歩いている時の心理5つ

お気に入りに追加

この記事では「犬がゆっくり歩いている時の心理5つ」というテーマで、ワンちゃんがお散歩中や、家の中などで「ゆっくり歩いている」ときはどのような心理なのかを考えてみたいと思います。5つの例をあげてご紹介しますので、愛犬や周りのワンちゃんの歩く様子を思い浮かべながらチェックしてみてくださいね!

5453view

ゆっくり歩いている時の心理1:落ち着いている

舌を出して歩くブルドッグ

犬の心が穏やかなとき、ゆっくりとした速度で歩きます。特に急ぐ状況でもなく、興奮する要素もない場合はトボトボと、4本の足のうち1本だけ浮かせて歩く「並足」と呼ばれる歩き方になります。

例えば、ごはんや排せつが終わった後に、ゆっくりと歩きながらお気に入りの場所に行って休むという行動がよく見られます。満足して落ち着いた状態では、ワンちゃんもゆっくりと歩くのですね。

ゆっくり歩いている時の心理2:様子を伺っている

イスの下に隠れているダックスフント

知らない人や動物が近くに来た時、歩くのをゆっくりにして「どんな相手なんだろう」と様子を伺うことがあります。

例えば、犬の世界でのボディランゲージ(カーミングシグナル)で「敵意のない」ことを表すときには、ゆっくりと弧を描きながら相手に近づきます。このようなシグナルにも表れているのですね。

ゆっくり歩いている時の心理3:意思表示をしている

散歩中に振りむく柴犬

犬がゆっくり歩くことで「いやだよ」「こわいよ」などの意思表示をすることがあります。

例えば、お散歩の時帰り道で家が近づくと歩くのがゆっくりになるのを見たことはありませんか?このような時はゆっくり歩くことによって「帰りたくないよ」と意思表示をしているのです。分かりやすくて可愛いですね。うちの場合は「もう一周しようか」とサービスしちゃいます(笑)

ゆっくり歩いている時の心理4:ケガや病気が原因で痛い

足に包帯を巻いている犬

足を怪我していたり、関節に異常があったり(関節炎、膝蓋骨脱臼など)すると、普通の速度で歩くと痛みが増したり歩きにくかったりするので、ゆっくり歩くようになります。

急にゆっくり歩くようになったとか、足をかばったり引きずるように歩いている時は、必ず動物病院で診てもらうようにしましょう。

他にも、太りすぎが原因で歩くのが苦しかったり、心臓病が原因でゆっくりとしか歩くことができなかったりする場合もあります。このような場合は、愛犬の生活習慣を改めたり、持病が悪化しないように工夫して歩かせてあげることも大切ですね。

ゆっくり歩いている時の心理5:老化で思うように動けない

年老いたイングリッシュコッカースパニエル

一般的に小型犬は10歳くらいから、大型犬は7歳くらいから老化が始まって老犬と言われます。お年寄りになると、思うように体が動かなかったり、関節に痛みがあってゆっくりとしか歩けなくなります。

お散歩や家の中でもゆっくりと歩くようになったら、愛犬が老犬になって来たなと感じますよね。私はシニア犬のゆったりとした動きは癒されるので大好きです。

まとめ

芝生の上を歩く白いチワワ

いかがでしたでしょうか?犬がゆっくり歩いているときの心理として、

  • 落ち着いている
  • 様子を伺っている
  • 意思表示をしている
  • ケガや病気が原因で痛い
  • 老化で思うように動けない

の5つを挙げてきました。愛犬が当てはまるであろう理由はありましたか?ゆっくり歩くという1つの動作にも、様々な意味や心理が考えられるのですね。ワンちゃんの行動から気持ちが読み取れる飼い主さんになりたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。