犬が車の中で落ち着かない理由と対処法

犬が車の中で落ち着かない理由と対処法

お気に入りに追加

犬を車に乗せたときに、落ち着かず困ったことはありませんか?落ち着かないのはなにか理由があるのかもしれません。理由がわかれば対処することができます。

3587view

犬が車の中で落ち着かないのはなぜ?

ゴールデンレトリバー

車が怖い

いつもと違う空間の車が怖い、という犬も多いです。
匂いも感触も家の中のものではないため不安になり吠えたり、暴れたりしてしまいます。
逆に嬉しくて興奮してしまう犬もいます。
興奮している犬を落ち着けるためにもクレートなど、少し落ち着ける場所を用意してあげたほうが良いでしょう。

変わる景色に興味がある

犬は自分が動いていないのに次々と変わっていく景色に興味津々です。
たまに他の車が並んで知らない人が見えたり、見知らぬ家が見えたり、犬にとっては面白いのです。
そのためよく見ようと窓から身を乗り出したりします。
窓から身を乗り出すのはとても危険なので、犬が飛び出していかないように窓は閉めましょう。空気を通すために少し隙間をあけるのは大丈夫ですが、思ったよりも大きくあけていると犬が前足を出してしまうこともあるので気をつけましょう。
クレートなど犬を固定できるものを使っておくと良いでしょう。

振動が不快

車の振動に慣れず不快で落ち着かない場合は、まずエンジンをかけて走らずに慣らしていきましょう。
犬が不安そうにしていたり、落ち着かなくなったら一旦おろして落ち着かせます。そしてまた車に乗せてエンジンをかけましょう。
少しずつ時間をかけてやる必要があるので、一日に何回も何時間もやるのはよくありません。
犬に無理をさせない程度に繰り返して、慣らしていきましょう。

トラウマ

病院に行くときや、なにか犬にとって嫌な場所に行くときに必ず車を使っているという場合は、車に乗ること自体がトラウマになっているかもしれません。
嫌な場所の記憶と車に乗ることが結びついてしまっているので、犬は車に乗りたがらなくなります。
楽しい場所へも連れて行ってあげると少しずつ良くなっていきます。

落ち着かない場合の対処法

クレートに入る犬

クレートに入れて布をかける

犬用のクレートに犬をいれてあげると落ち着く場合があります。
狭くて可愛そうと思う方もいるかもしれませんが、犬は狭くて暗い場所のほうがおちつくこともあります。
犬の先祖は穴を掘ってその中で生活していたと言われているため狭くて暗い場所が本能的に落ち着くと言われているのです。
長時間でなければ狭い場所のほうが落ち着くでしょう。

また窓からいろいろな景色が見えて落ち着かないという犬もいます。
クレートにいれてから、薄い布をかぶせてあげると良いでしょう。目に飛び込んでくる情報量を減らしてあげるためです。
外の景色が見えなくなると情報量も減り、犬も落ち着くでしょう。

体を安定させる

体が不安定で揺れている状態が不快で吠えたり、落ち着かない犬も多いです。
この場合も体に合ったクレートを用意して体が安定するような状態を作ってあげましょう。
クレートに入っていると運転を邪魔することもありませんし、急ブレーキなどでの思わぬ事故も防げます。席から放り出されてびっくりしてトラウマになる、なんてこともあるのでできるだけクレートに入れて車に乗せたほうが良いでしょう。

少しずつ慣らす

いきなり車に乗せて遠出をすると犬も怖がってしまいます。
車に慣れるためにもある程度の回数と時間をかけていきましょう。距離は少しずつ伸ばしていくといいですね。
また初めて乗る場合はまずエンジンをかけない車に乗り込むところから始めましょう。
慣れてきたなと思ったら次はエンジンをかけてください。そこでまた少し待って、大丈夫そうなら近場を運転してみましょう。
エンジンの振動にびっくりして吠えてしまう犬もいるので少しずつ慣らしていくといいですね。
焦って騒いだまま運転していると事故にもつながります。犬のペースも見つつ対応していきましょう。

楽しい場所に連れて行く

動物病院に行くときにいつも車に乗っていたりしませんか?
犬にとって嫌な場所に行くときにいつも車に乗っていると、犬は「車に乗ると嫌な場所に連れて行かれる」と思い込んでしまいます。
その結果車の中で暴れたり、怖がったりするようになるのです。
車に乗ると嫌な思いをする、という思い込みを変えてあげる必要があります。
まずは車で楽しい場所に連れて行ってみましょう。公園だと犬も運動できていいですね。

お気に入りのものを置く

不安にならないように、犬が大好きなおもちゃやタオルケット、ブランケットなどを一緒に置いてあげましょう。
車の中はいつもとは違う空間なので、いつもと同じ匂いのものを置くと安心します。

まとめ

シートベルトをする犬

犬が車の中で落ち着かない場合は、何が原因なのかを考えてみましょう。
変わる景色に興奮しているのか、エンジンの振動が不快なのか、車で行く場所が怖いのか、原因を探ることで対処もできるようになってきます。
大事なのは犬に無理をさせないことです。
犬があまりにも落ち着かない場合は一度車をとめて外に出たり、そばで撫でてあげたりしてみてください。
まずは少しずつ車に慣らすところから初めて、慣れてきたら一緒に楽しい場所におでかけしてみましょう。きっと車で飼い主さんとおでかけすることが好きになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。