肛門腺絞りは本当に必要?我が家の愛犬担当獣医師の話

肛門腺絞りは本当に必要?我が家の愛犬担当獣医師の話

肛門腺絞りについて、私が疑問に思った事を我が家の愛犬の担当獣医師に確認して教えていただいたお話をご紹介します。肛門腺絞りはどのわんちゃんにも必要なのか、また肛門腺絞りを行わなかった場合はどうなってしまうのか、といった内容になっています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

肛門腺絞りとは

コーギーのジンちゃんのおしり

肛門腺絞りとは、肛門の右と左にある臭腺を絞って、そこにある肛門嚢の中にたまった臭いの強い分泌物を絞り出す事です。この分泌物は犬にだけ溜まるわけではなく、猫やイタチ、スカンクやフェレットなどの動物にもたまるそうです。

動物は、その肛門腺から分泌物を放出して自分の縄張りの主張をするようです。犬の場合も同様で、縄張りの主張からそれぞれのパートナーへの繁殖の意思表示や、マーキングとしても使われているそうです。

また、この分泌物は1匹1匹違った臭いを放っていて同じものがないのだそうですよ。一説には、犬同士の間でこの分泌物の臭いをかぐと、相手の体の大きさや年齢及び性格などの個人的な情報を得る事ができるのだそうです。そんな情報まで知る事ができるなんて、犬が持つ素晴らしい能力ですよね!

そう言えば最近はあまりないですが、以前散歩中に放置されている犬の糞を、我が家のわんこが臭いを嗅ごうとしていたことがあります。私は嗅がせることなくその場を過ぎましたが、我が家のわんこからしてみたら、その放置糞から、よそのわんこの情報を入手しようとしていたのかもしれません!なんだかすごいですね!

肛門腺絞りは必要?

コーギーのジンちゃんと猫のハスク

私は自宅で何回か自分のわんこの肛門腺を絞ったことがあります。その理由は、どのサイトを見ても、「肛門腺絞りは必要なので、定期的に絞ってあげましょう!」と記載されているからです。

しかしそれは今のわんこの話で、昔飼っていたわんこにはしたことがありませんでした。しなかった理由は当時、インターネットは今のようには普及していなかったので、肛門腺を絞るという情報を全く知らなかったからです。この事に疑問を持った私は、我が家の愛犬を担当してくださっている動物病院の院長に聞いてみました。

ここからが獣医師である院長のお話です。

「そもそも、肛門腺絞りはどんなわんこにも必要な事なのですか?大抵のサイトには定期的に(1か月ごとに)肛門腺絞りをしてあげましょうと記載されています。なので見よう見まねで試してはみるのですが、そんなにたくさん出てこないんです。ほんのちょっとは出たりする時もあるのですが」という私に。

獣医師の院長は「基本的には健康なわんちゃんは排便の時に自分で出せます。但し分泌物には個体差があって、サラサラの子もいればもともとドロッとした子もいるんです。特に健康には異常がなくても、個体差で濃度の違いはよくあります。」とのお返事でした。

そして院長は、「このドロッとした子の場合は分泌物がたまりやすい事もありますが、たまらずにきちんと出せている事もあります。また高齢や肥満なども含めて、たまりやすい体質の子はいるようです。」とおっしゃっていました。

「一番は、おしりをこすりつけるようなしぐさや、おしりを気にするしぐさを見せたり、下痢や軟便、便秘の状態が長期間続いていたりした場合は、分泌物がたまっていることがありますので、確認の上絞ってあげる必要があります。」とのご意見でした。

肛門腺絞りをしなかった場合

具合の悪い犬

では肛門腺絞りをしなかった場合はどのような弊害があるのでしょうか?分泌物が溜まっているのに絞り出してあげないでいると、自力では出せなくなってくるようです。さらに細菌などでも感染して分泌物の溜まる肛門嚢が炎症を起こします。

炎症が起きると肛門の辺りが腫れ上がり痛みを伴ってきます。発熱や食欲がなくなる事もあるようです。そして痛みが原因で排便の回数が減る事もあります。その状態でも放っておくと、出血や肛門嚢の破裂につながり、肛門周辺に穴が開きそこから膿や出血がみられるようになるようです。

肛門腺の絞り方

犬のしっぽ部分

我が家の愛犬はしっぽのないコーギーなので、しっぽを掴んで持ち上げられない為、以下、この絞り方をしていますが少し時間がかかります。

1.犬がリラックスして横たわっている時に、ビニールの手袋をはめてティッシュをたくさん持ち、スキンシップを兼ねて肛門のあたりを優しく揉みほぐします。これは少し時間がかかります。

2.優しくもみほぐしていると、肛門のあたりがじわじわと動くので、さらに揉んでいると溜まっている場合は分泌物が出てきます。

3.飼い主も愛犬も無理をしない程度に絞ったら、ウェットティッシュなどできれいに拭いてあげて終わりです。

我が家のわんこの場合

振り向くコーギーのジンちゃん

我が家のわんこの肛門腺は定期的に絞ってはいません。ワクチン接種やフィラリアの時期に動物病院でお願いする事はありますが、ほとんど溜まっていないそうです。お腹の調子も良好なので、もともと分泌物がたまりにくい体質なのかもしれません。

まとめ

寝そべるコーギー

今回は気になる肛門腺絞りについて、私が確認した事と獣医師のお話を一緒にご紹介しました。肛門腺絞りは分泌物がたまりやすいなど、必要な子には定期的に必要ですが、すべてのわんちゃんにとって必ず必要かというとそうでもないようです。

皆さんもご自身の愛犬の様子をよく確認して、必要性を感じたら絞ってあげてください。また、ご紹介した私の絞り方は、愛犬が緊張する事も少なく、やりやすいと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 パンプキン

    我が家のボルゾイ二頭
    長男は、月に一度肛門絞りをしてもらいます。しなくても良いと始めは考えていましたが、臭いが強くなり病院で診てもらい
    以来定期的に肛門絞りをしています
    基本、自然に出難く溜まりやすいタイプです、知り合いのボルゾイも肛門線が破裂して大変だったと聞いています。
    一方で次男は、随時出ているようで絞りに行っても溜まっていません。
    個体差によってかなりの違いがあります。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。