それってアレルギー症状かも?犬とアレルギーについて

【獣医師監修】それってアレルギー症状かも?犬とアレルギーについて

お気に入りに追加

犬にも人間と同じくアレルギーを持つ個体がいます。言葉を話せない犬のアレルギーは発見が遅れることも多く、長い間辛い思いをしている犬も中にはいます。そんなアレルギーを早期発見する為には、詳細や原因について知っておく事が必要。この記事では、犬のアレルギーについてご紹介します。

5096view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

春先の花粉症やハウスダストなど、アレルギー症状に悩む方は多くいらっしゃいます。卵や牛乳、蕎麦や鯖のように、食べ物のアレルギーを持つ方もいらっしゃいますね。このように人間を悩ませるアレルギーですが、犬にもアレルギーがあるのをご存じでしょうか。

犬のアレルギーは人間とは症状が違うため、飼い主が気付きにくいケースもあります。そうなると、アレルゲンが排除されない環境に置かれた犬は、長きにわたって体調を崩すこととなってしまいます。

このような事態を防ぐためには、犬のアレルギー症状について知っておくことが大切です。ここからは、犬とアレルギーについて詳しくご説明して参ります。

アレルギーとは?

マスクをしたノーフォークテリア

アレルギーとは、ある無害な物質を体が異物と認識してしまい、それに対して体内の免疫が過剰な反応を起こすことです。その結果、皮膚炎や体調不良など体に異常が現れます。またアレルギーの原因となる物質のことをアレルゲンと呼びます。

アレルギー症状は?

体を掻いている三匹の犬

犬のアレルギー症状には、以下のようなものが見られます。

  • 皮膚炎(炎症やかゆみ、フケ、色素沈着)
  • 脱毛
  • 嘔吐
  • 下痢

犬が体を頻繁に掻いていたり、噛んだり舐めたりする様子が見られたら、まず患部を確認しましょう。炎症を起こしているかもしれません。

また嘔吐や下痢の症状が見られたときには、ただお腹を壊していると判断するのではなく、アレルギーも疑ってみましょう。

アレルギーの原因は?

様々なドッグフードの前で座る犬

犬のアレルギーの原因は、人間と同じく多様です。原因の多いものとしては、ノミやダニ、ハウスダスト、花粉などの環境アレルゲンが挙げられます。これらを完全に除去するのは困難ですが、できるだけこまめに犬の住環境の掃除を行いましょう。

また食物アレルギーを持つ犬も多く、アレルゲンとなる食物を知らずに与えていることがあります。食物アレルギーは、特定の種類の肉類や穀物に対することが多く、これらはドッグフードにも含まれています。

アレルゲンを飼い主の手で、知らない間に与え続けている可能性があるのです。嘔吐や下痢が長引く場合は、フードを疑ってみるのもひとつですね。

我が家の愛犬は、家に来たばかりの頃に下痢が続きましたが、フードを変えるとすぐに正常になりました。ショップで勧められたフードの穀物がアレルゲンだったようです。

アレルギー治療

病院で診察を受けるパグ

アレルギーに対する治療としては、原因となるアレルゲンを除去するしかありません。様々な可能性を考えてアレルゲンを特定し、犬の住環境から取り除いてあげましょう。また、ごはんをアレルギー用のフードに変えるのも一つです。

並行して発症している症状に対しての治療を行います。皮膚炎に対しては塗り薬や痒み止め、嘔吐や下痢に対しては胃腸薬など、病院にて処方された薬で対応します。特に皮膚炎は、犬が掻いたり噛んだりすることで治りにくくなってしまうため、注意して見守ることが必要となります。

酷い場合は専用のウェアを着せたりエリザベスカラーを着けたりして、患部を触らせないようにし、様子を見ます。

愛犬のアレルゲンを把握しておくために

血液検査イメージ

何に対してアレルギーを持つかは個体により違います。しかし現在では技術が進み、事前に犬のアレルゲンを特定することができます。

それは、アレルギー検査というもの。多くの動物病院で受けることができます。アレルゲンの可能性がある物質を、犬に少量投与し様子を見るという方法もありますが、現在は採血によるものが主流。一度採血するだけで、あらゆる項目に対してのアレルギー有無がわかります。

また、犬の毛を郵送するだけでアレルギーの有無を調べることができるという、新しいサービスを行っている機関もあります。病院に行かずとも、手軽に検査できるのは嬉しいですね。

アレルギー検査はある程度の費用はかかりますが、調べておくと安心ですし、事前対策や与えるフードの目安にもなります。

様子をよく観察しておこう!

鼻をかむ女性と首をかしげた犬

犬のアレルギーについてご紹介いたしました。犬のアレルギー症状は一見気付きにくいですが、激しい痒みや下痢など犬にとって辛い症状を引き起こします。日頃の様子に異常はないかよく観察し、住環境を清潔に保つことが大切ですね。

また検査でアレルギー発症を予防しておくのも、リスク管理としておすすめです。人間も犬もアレルギーには悩まされますが、快適に過ごせるよう工夫していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。