犬の歯周病に注意!ケアを徹底しよう

【獣医師監修】犬の歯周病に注意!ケアを徹底しよう

お気に入りに追加

歯周病という病気については耳にすることが多いですが、それが口だけではなく身体全体の健康を害す可能性があることはご存知でしょうか。特に犬の歯周病は多く、気が付かないうちに進行している場合も。この記事では、歯周病とその危険性について述べて参ります。

2266view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

口が臭う、歯が茶色い、歯茎の色が不健康そうなど、愛犬の口に異常を感じている方はいらっしゃいませんか。家庭犬として日々多様な食べ物を口にしている現代の犬は、口内のトラブルが比較的多いと言われます。

しかし口の健康は身体全体の健康にもつながる重要な要素。愛犬の口内異常に気づいたら、それを放っておかずケアを行い、必要な場合は病院を受診しなければなりません。そのためには、飼い主さんが犬の口に出ている症状に対して知っておく事が必要です。

そこでここからは、犬の口内トラブルで多く見られる歯周病について、詳しくご説明して参ります。

歯周病とは?

犬の歯

犬はその口内の性質から、虫歯にはほとんどなりませんが、歯周病にかかる事は多く、適切なケアが必要となります。歯周病は生活習慣病にも数えられる歯の周りにある組織の病気。細菌の感染により起こり、炎症などを引き起こします。

この細菌は歯や歯茎の周りの歯垢部分に繁殖するため、ケアをせずに歯垢が溜まったままにしておくと、歯周病が進行してしまう恐れがあります。特に歯垢が石化した歯石になってしまうと注意。硬い歯石は除去が難しく、歯周病へのリスクも高くなります。また、歯肉炎や歯周炎が歯周病に含まれます。

歯周病の症状とは

犬に虫めがねを当てる

初期症状としては、歯肉部分に赤みや腫れなどの炎症が見られます。出血することもあります。やがて症状が進行すると歯の周りの組織が溶け、歯がぐらつくように。初期であれば適したケアにより改善が可能ですが、症状が進行してしまうと抜歯の必要が出てきます。

また歯周病を放っておくと、細菌が顔や体の中に入り、口以外に支障をきたすようになります。そのせいで頬のあたりに膿が溜まってしまうことも。目の下が腫れているなどの症状が見られたら、まず獣医師に相談しましょう。

歯周病の原因

犬の歯が見える口

歯周病の原因は歯周病菌への感染。食べた物などが歯や歯茎、歯周ポケットに残り、それらに菌が付着・増殖する結果、歯肉に炎症が起こり歯肉炎や歯根膿瘍を引き起こします。歯垢や歯石が見られたら注意です!

歯周病の治療

歯を検査される犬

歯周病が疑われた場合は、まず動物病院を受診をして診断してもらいましょう。自己判断は×です。初期症状の場合は、適したケアでの改善が可能。獣医師におすすめの歯磨きグッズや磨き方を聞くのも良いでしょう。

悪化した場合は、麻酔をかけての歯石除去やその周りの治療、状態によっては抜歯などが必要となります。犬への負担となりますが歯周病は歯の問題だけでなく心臓や腎臓などにも悪影響を与える全身の問題になるので、悪化する前の早期発見が求められます。

歯周病を予防するには

歯磨き粉

歯周病の予防には、毎日のケアが必須。犬用の歯磨きペーストやブラシ、シートを利用して、できるだけ毎食後のケアを行いましょう。

嫌がる子には褒めながら根気強く取り組み、徐々に慣らしていくことが大切。口を触られることに慣らしておけば、ケアだけでなく治療が必要になった時にも、安全に適切な処置を受けることができます。

歯磨きガムなども効果がありますが、全ての歯を綺麗にするには人間の手による歯磨きがやはり効果的。犬の歯磨きは歯と歯茎の境目部分を中心に、力を入れすぎないように注意して行いましょう。また、定期的に口内の健康診断を受けさせるのもおすすめです。

薬の受け取りや日常のケアなどで病院を訪れる際に、口内の状態も見てもらいましょう。

適切なケアで健康な口内環境を

犬の口周りを触る手

犬の歯周病についてご紹介しました。犬だから歯磨きをしなくてもいいなどという事はなく、人間と同じように適したケアをしなければ前述のような重篤なトラブルが起きる事があります。歯の健康は長寿にもつながりますし、日々のケアにより他の病気を早期発見できる場合も。

多少手間は掛かりますが、愛犬の口内ケアを適切な方法でまめに行い、いつまでも健康で過ごせるようにしてあげたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    歯のケアをする知識もなく気づいたら歯石がついていました。歯磨きを始めましたが、とても嫌がり慣れるまで時間がかかりました。
    歯石を取る為のデンタルケア商品を見つけて早速始めたら、歯石は綺麗に取れました。今では歯も歯茎も綺麗です。
    歯周病から腎臓などに悪い影響があるなんて怖いですね。さらに気をつけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。