人間とは違う犬の消化器!その原因や対策について

【獣医師監修】人間とは違う犬の消化器!その原因や対策について

お気に入りに追加

犬の消化器官は人間とは違います。その違いについて理解されている方は多くはないのではないでしょうか。食べ物を与える時や、体調不良が見られる時に、愛犬の消化の仕組みを知っておくことは非常に役立ちます。この記事では犬の消化について詳しく述べて参ります。

2225view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の消化器官が人間とは違うことをご存じでしょうか。人間と犬は食べ物の食べ方も違えば、消化の仕方も違い、消化できるものにも差があります。毎日ともに生活していても、その仕組みは根本的に違っているのです。

そしてあらゆる面から愛犬の健康を保つためには、犬の消化器官の仕組みを理解しておくことも必要です。ここからは、犬を飼っている方なら知っておきたい犬の消化器官についてご説明いたします。

犬の消化とは

食事をする女性とダックスフンド

唾液

人間と違い、犬の唾液には消化酵素は含まれません。よって口内で食べ物の消化はしておらず、そのまま胃へと流れます。

犬が口に入れた物が胃に入るまでは何とたった5秒ほど。ほとんど噛まずに丸呑みしてしまうため、そのままの形で胃に落ちてきます。胃では分解酵素を含む胃液により、タンパク質を分解します。

この胃液は、食べ物の匂いを嗅いだり、食べ物を口に入れたりすることで分泌されます。胃の中で食べ物は、柔らかくドロドロとした状態になり、次の消化器官へと流れていきます。

小腸

小腸では食べた物を更に小さく分解していきます。ここでタンパク質はアミノ酸へと、脂肪は脂肪酸やグリセリンへ、炭水化物は糖へ変化します。膵臓や肝臓からの消化液も小腸内へ流れ込み、分解した栄養素を更に吸収しやすく変化させ、吸収していきます。

大腸

小腸で栄養を吸収された後に残った不要物は大腸へと運ばれます。ここでは水分が吸収され、残った物で便が作られ、最終的に排出されます。

犬の消化器官

ご飯を食べるノーフォークテリア

犬の消化器官は人と比べて短いのが特徴的です。それは哺乳類の中で最も短いと言われるほど。よって人間は食べ物を口に入れてから排出するまで24時間〜72時間かかりますが、犬はこれを12~24時間で行います。

繊維の多い野菜の消化は不得意で、与えすぎると消化不良を起こしたり、ガス溜まりを起こしたりすることがあります。

犬の消化器疾患

お腹を出して眠る子犬

犬の消化器疾患は発症率がかなり高く、犬を飼っている方なら一度は経験があるかと思います。症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 下痢や軟便
  • 便秘
  • 嘔吐
  • お腹の張り
  • ガス
  • 食欲低下

これらの症状は、一時的であることがほとんどです。その場合は動物病院で処方された胃腸薬を与えたり、フードをふやかしたり、胃腸を休ませたりすることで、数日あれば正常な状態に戻ります。

しかし何らかの根本的原因により起こっていることもあります。

消化器疾患の根本的な3つの原因

1.アレルギー

食べ物によるアレルギーの場合。このアレルギー反応により、消化不良を起こすことがあります。個体によって反応も反応する食べ物も違うので、下痢や軟便が続いたり嘔吐したりする場合はフードを疑ってみましょう。消化器官に優しい専用フードも販売されているので、獣医師と相談の上、試してみましょう。

2.ストレス

犬のストレスは、便に現れることがよくあります。理想の便は硬すぎず柔らかすぎず、処理したときに地面に便がつかない程度のもの。何らかのストレスを抱えた犬は軟便になったり、便秘になったりと排便に異常をきたすことがあります。

対策としてはストレスの原因を取り除くこと。環境の変化や長時間の留守番、運動不足、スキンシップ不足などは、犬にとって大きなストレスとなるので解決が求められます。

3.消化器官の炎症

胃炎や腸炎といった消化器官の炎症によるもの。この炎症により消化器官の働きがうまくいかず、嘔吐や下痢といった症状が起こります。感染によるものやストレスを発端としたもの、異物誤飲によるものなど炎症の原因は様々です。病院での検査を行いましょう。

体調チェックを欠かさずに

獣医師に診察されているダルメシアン

犬の消化の仕組みと疾患についてご紹介して参りました。犬は人間のように、痛みを言葉で発する事はせず、ある程度の痛みなら耐えてしまいますが、やはり胃痛や腹痛は辛いもの。大切な愛犬に痛い思いをさせないためにも、体調の変化を見逃さないようにしましょう。

特に犬の場合、便は体調のバロメーターとも言われます。毎日便の状態をチェックすることはもちろん、異常が見られるようなら動物病院の受診をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。