シニア犬にトリックを教えることのメリット

シニア犬にトリックを教えることのメリット

お気に入りに追加

ハイタッチやマワレなど、トレーニングとは関係のないトリックを犬に教えることにもメリットがあります。特にシニア犬の場合にはメリットが大きい理由をご紹介します。

2079view

「老いた犬に新しい芸を教えることはできない」?

飼い主とハイタッチをするシニアチワワ

英語の言い回しに、「You can't teach an old dog new tricks」というものがあります。老いた犬に新しい芸を教えることはできない=長年つちかってきた習慣や性格を変えたり、長年のやり方に変わって新しいスキルを教えたりすることは、とても難しいという意味ですが、いざ本物の犬の話となると、決してそんなことはありません。

犬はいくつになっても、新しいことを学習することができます。もちろん若い頃よりも学習するスピードがゆっくりになる場合はありますし、遠距離を投げたボールを「モッテコイ」するなどは難しくなりますが、新しいトリックを覚えるという精神と、身体の両方の刺激はシニア犬にとって大きな意味があります。

シニア犬の精神とトリック

鼻にトリーツを乗せられて待つシニア犬

犬の訓練を行う人の中には、「オスワリやマテと違って、ハイタッチやマワレなどの芸を教えることには、犬にとっては意味がない」という意見も時折見かけます。

けれども、ポジティブ強化の方法を使ってトリックを教えることは、シニア犬にとって大きな意味があります。新しいことを覚えることで、脳に刺激が与えられ認知機能の低下を防ぎます。ある条件を達成することで、取っておきのトリーツをもらえるというワクワク感も、犬の精神にとって大きな刺激になります。

そして何よりも、新しいことを教えられることで飼い主と犬の関係が強くなること、飼い主が犬にしっかりと向き合うことが、犬にとってはとても嬉しいことだというのは大きなポイントです。

これは感覚的にそのように思われるというだけでなく、2017年のウィーン獣医科大学による研究で、ポジティブ強化の訓練を行うことが、犬を認知の低下から遠ざけることが示されています。

シニア犬の身体とトリック

後ろ足で立ち上がった茶色いシニア犬

シニア犬にトリックを教えることは、身体的な面でもメリットがあります。
外で長時間の散歩をしたり、走り回ったりすることが難しくなった犬にとって、できる範囲で体を動かすことは健康のためにとても大切です。

例えば、犬がその場でくるりと回るマワレやスピンのトリックは、右回りと左回りの両方向で行うことで、体の両側の筋肉を均等に使うことができます。

また、踏み台の上り下りを教えておくことで、ソファーや車に乗るときに補助が必要になったときの移行がスムーズになります。

けれども、もしも犬が嫌悪感や躊躇を示した場合には、決して無理強いはしないようにしてください。シニア犬の場合は、それが痛みや不快感を表していることもあり得ます。

また犬の訓練には、ジェスチャーを使った指示が効果的だという研究結果が、2018年にイタリアのナポリ大学の研究者によって発表されています(https://wanchan.jp/osusume/detail/9725)が、シニア犬の場合は、聴覚が衰えている可能性があるのでジェスチャーによる指示はより重要です。

まとめ

女性の手に乗せたシニア犬の前足

シニアになった犬に新しいトリックを教えることは、精神的な面でも身体的な面でもメリットがあることをご紹介しました。

犬が歳をとってできなくなることはいろいろありますが、それを理由に犬に構う時間が少なくなったり、ただ嘆いていたりするだけでは、犬の老化をさらに進めてしまいます。

長い時間を一緒に重ねてきた大切なシニア犬だからこそ、工夫したり加減したりしながら、落ち着いたシニア犬ならではのゴールデンタイムを楽しみたいものだと思います。

《参考》
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnagi.2017.00100/full

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。