老犬の寒さ対策について

14556view

老犬の寒さ対策について

年をとると、わんちゃんもしっかりとした寒さ対策は必要です。「わんちゃんは毛皮を着てるから寒さには強いよね」という思いが、年をとったわんちゃんの負担にならないよう、寒さ対策について、簡単にできることをご紹介させていただきます。

老犬の寒さ対策

寒さ対策の基本とは?

わんちゃんにとって、寒さ対策の基本は、「人間も快適でいられる空間を作る」ことです!!
よく、「わんちゃんは毛皮を来てるようなものだから、寒くても大丈夫よね」とか「もともと外で暮らしていた動物なんだから、寒くても大丈夫!!」というようなことを言う飼い主様がいらっしゃいますが、残念ながら、わんちゃんも寒さは身にしみます・・・
しかし、たしかに日本犬の多くや、シベリアンハスキーといった北国生まれのわんちゃんは、寒さには強いです。でも、寒さに強いからと言って、決して自分で体を温められるわけではなく、単に保温力が優れているだけなのです。
つまり、そういった寒さに強い犬種は、温かさを長時間維持することはできますが、元が寒ければ、やっぱりわんちゃんも寒いのです。

わんちゃんも人間も同じなんです

人間も年をとると、寒さが余計に体にこたえますが、それはわんちゃんも同じです。
動物病院にいらっしゃる飼い主様の中には、外で飼っているわんちゃんが、年をとってきたからそろそろ寒さがこたえますよ、とアドバイスさせていただくと、よく「じゃあ玄関先におくようにしますね」とおっしゃる方がいるのですが、やはりそれだけでは不十分なのです。人間のお年寄りを真冬の玄関先で寝かせた場合を想像してみてください。。。たとえ羽毛布団を敷いていても、かなり体にこたえるのは明らかですよね。

大切なことですので何度も申し上げますが、わんちゃんは、人間よりも毛が密なので、保温性には優れますが、決して寒さに強いというわけではありません。また人間と同じように、年をとると、寒さで体調を崩してしまいます。
ですので、特に年をとったわんちゃんは、人間と同じような寒さ対策をしてあげてください。

老犬の寒さ対策

温度調節に注意

まずはわんちゃんが休める空間の温度調整です。もちろんエアコンやストーブでOKですが、1つ注意点があります。それは、わんちゃんの生活空間は、人間よりも低い位置にあるということです。ですので、暖房費節約!!ということで、人間が少し寒い程度の温度設定だと、より低い位置にいるわんちゃんにとっては、さらに寒く感じてしまうことがありますので、注意をしてください(温かい空気は上にたまりますので)。
そして、屋根付きのハウスを用意してあげて、その中で休めるようにしてあげてください。やはり広い空間よりは、狭い空間に入っている方が保温性に優れますし、何よりもわんちゃんは本来、より狭い空間で休む方が落ち着くと言われていますので、より安心して休めるようになります。
また、飲み水も可能な限り、冷たすぎないように注意してください。ただ、温かいものにしてしまうと、置き水で雑菌が繁殖しやすくなりますので、温める場合はこまめな取り替えをお願いいたします。

電気ヒーターなどのコードに注意!

また、よく「ペット用電気ヒーター」を使われる方もいらっしゃいますが、電気ヒーターはやはりコードの問題があります。よくコードをかじって感電しないように、多くのヒーターには工夫がされていますが、老犬の場合、感電というよりはコードに絡んでしまう事故が多いです。特に足が弱っているわんちゃんは、コードが絡んでも自力でなんとかすることができないので、長時間飼い主様が気付かないでいると、とんでもないことになることがありますので、注意が必要です。

最後に

寒さ対策とは少しずれますが、ストーブをつけると、その真ん前を陣取り、そこから動かないわんちゃんも結構いますよね。でもあまりストーブやファンヒーターの前にいると、わんちゃんの肌がカサカサになり、かゆみやフケの原因になります。ですので、あまり暖房の前に長時間いさせるのも注意が必要です。

以上のように、特別なものを用意しなくても、年をとったわんちゃんの寒さ対策は十分できますので、ぜひ参考にしてみてください!!

老犬の寒さ対策

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 カカオ

    そうですよね、ワンコも寒いですよね。うちの子は室内犬ということもあり日常から人の生活する快適な温度にいることが多いですが、夏は扇風機の前に、冬はヒーターの前にいます。やっぱり寒かったり暑さを感じているんだなぁと思っていたのですが、老犬になるとその感じ方はさらに敏感になりますよね。基礎代謝が落ちることで、体温を上げる機能も弱りそうです。我が家もこれからくる老犬介護の日には、気持ちを抜かないようがんばろうと思います。ワンコのサイズにもよりますが、寒い季節は抱っこしてあげるとお互いに暖かくなって一石二鳥のような気分になります。うちは気温が下がるとお互いに近づきはじめ、暖かくなると自然と別々の場所で昼寝が始まります。ヒーターの前だとワンコの肌がかさかさに、というのは盲点でしたので今からでも気をつけようと思います。
  • 女性 ここにゃん

    老犬に限らず 飼い犬の暑さ・寒さ対策の基本は「人間も快適でいられる空間」← 私の中では「あたりまえ」と思っていました。 が、「外で飼っているわんちゃんが、年をとってきたからそろそろ寒さがこたえますよ」とアドバイスさせていただくと、よく「じゃあ玄関先におくようにしますね」とおっしゃる方がいるのですが、、← えぇ、、子供の頃「番犬」として家で飼われていたコは ミックス犬、、雑種でした。 たしかに、冬の間だけは家の中(玄関)に入れてもらえていましたが、春・夏・秋は 外。 子供心に、隙間風やコンクリート(←もちろん毛布は敷いてはありましたが、、)の冷たさが気になってはいました が、冬でも外で飼われている近所のコも居て、そのコ達よりはいいのかな なんて思うようにしていました。 思い返せば、ホント「かわいそう」だったなぁ。。。
    大人になり自分で犬と暮らせるようになった時は、「番犬」としてではなく「室内」で飼える「小型犬」を選びました。 お留守番をさせる時は、暑い寒いを言えないカレのためにエアコンで冷暖房管理、、誰よりも?高待遇(笑)。 晩年は、さらに手編みのベストを着せて寒さ対策、、かなり「過保護」だったかも。 でも、、そのお返し?に 18年間 そばに居てくれました。
    年を重ねると体力や抵抗力が落ち、体温調節もうまくできにくく、体調をくずしやすくなるのは 人も犬も一緒。
    人も犬も「快適でいられる室温、空間」で、共に「しあわせ」な日々を 一日でも長く 一緒に過ごしていきたいですね。
  • 20代 女性 あめたま

    確かに、ワンちゃんは暑い夏になると毛皮を被っていて暑そうなので、冬は特に対策をしなくても暖かいものなのではないか、と考えていました。

    しかし、犬は自分で体温調節が出来ないので夏にもサマーカット等といったケアをするという事を思い出しました。

    我が家の愛犬はストーブやこたつを占領する為、冬でも常にハァハァと息切れを起こしています。

    したがって部屋の温度の上昇によって水分不足になる事を防ぐ為に愛犬の生活の場となっている部屋全てに飲み水を置いています。

    暖房の占領によって皮膚の病気を発症した事はありませんが、念の為定期的に部屋の空気の入れ替えを行い、空気が乾燥しないように心掛けています。

    夏だけではなく冬も犬にとっては厳しい季節なので、飼い主の気遣いとケアが求められると考えられます。
  • 40代 女性 匿名

    老犬に限らず室内犬は特に、人間が思っている以上に寒さに弱いですね。

    9歳のダックスがいますが、生後2か月で家に迎えた頃、ちょうどGW前で暦の上では既に春でしたので、ゲージの中に薄いクッションとバスタオル1枚のみを入れ、記事の通り、「毛皮を着てるのだから寒いわけがない。」と思いこんでおりました。
    家に来て2,3日で変な咳をするようになり、驚いて病院へ連れて行きました。

    今思えば、老犬と同じように体温調整が苦手なパピーで、ただでさえ環境変化で体調を崩しやすい上に、薄いクッションとタオルのみで、夜中、冷えてしまったのかなと思われます。本当に申し訳ないことをしてしまいました。

    9歳になりシニアになってきたこともあり、上記の経験から、冬の寒さ対策にはかなり気を遣っています。
    我が家のワンコは、屋根のあるドーム型のハウスには入りません。ドーム型の方が保温力があり暖かいと思うのですが、閉鎖的な空間が好きではないのか、屋根を潰して上から乗ってしまいます。屋根がなく潜るタイプも苦手なようです。

    我が家のワンコは使ってくれませんでしたが、もし潜り込むのが好きなワンコであれば、MOGG BEDは人気があるようです。
    カバーーを変えることが出来るので、春や秋にはガーゼ素材、冬はフリース素材と調整が可能です。

    http://landylandy.jp/SHOP/559638/565889/list.html

    残念ながら我が家のワンコは上記の方法がダメでしたので、ラウンド型のモコモコ素材の暖かいベッドを用意し、上にフリース素材のひざ掛けを置いています。これに潜ることはしませんが、寒い日は鼻先や脚だけなど、一部を隠しています。

    また暖房機器についてですが、遠赤外線パネルヒーターの暖話室を使用しています。
    http://www.yumedan.com/

    遠赤外線ヒーターはすぐに温まるので補助暖房として重宝しますが、赤く熱せられている部分にワンコが触れてしまうととても危険であり、お留守番時にも怖くて使えないため、暖話室を購入しました。
    即暖性はなく部屋が温まるまでに20分ほどかかるのが弱点ですが、触れても火傷するほどの高温にならず、万一、倒れたとしてもスイッチが切れますし、火事になることはありませんので、お留守番時にも使用可能です。
    ポカポカと陽だまりのような暖かさなので、日中のお留守番であればこれで十分だと思います。かかる電気代はオイルヒーターよりは断然安い印象です。

    就寝時には、寝室にあるワンコベッドの下に、人間用の足元用ホットカーペットを敷いています。使わなくなった敷毛布を置いたこともあったのですが、コードの感触が苦手だったのか、避けられてしまいました。

    我が家のワンコは閉鎖された空間や身体に何かをまとうことがとにかく苦手です。そのため、ドーム式ベッド、潜り込むベッド、洋服等、全て拒否します。そのくせとても寒がりですので、本当に困ってしまいますが、このような方法でなんとか冬を越しています。

    知り合いのイタリアングレーハウンドのワンコは、ユニクロのヒートテックを腹巻のように縫い合わせた飼い主さんお手製の下着?を洋服の下に着てお散歩しています。かわいいです!
  • 女性 ゴン吉

    老犬になると被毛が薄くなってきてしまいます。体温調節も出来にくくなっているので暑さ寒さには弱いです。服を着せることも効果的ですが、なるべく余裕のあるサイズの方が脱ぎ着の際、負担にならなくて良いです。

    夏はエアコンなどで温度の調整をしてあげることで暑さ対策を取れますが、冬は乾燥させすぎても良くないのでエアコンだけで調整することは難しいです。

    我が家で行っていた寒さ対策は、まず愛犬の眠るスペースに電気毛布を置き、その上に厚めのベッドパッドを敷きます。あえて厚めにするのは、老犬は同じ位置のまま眠ってしまうことがあるので、低温火傷をしないようにするためです。
    暖かいところを自分で探すので、眠る場所が決まったら上からフリースを掛けてあげます。
    電気コードは注意が必要ですね。使う時はコードをベッドパッドの下に隠すようにしているので、絡まらない対策もしています。

    ストーブやヒーターを使う時は人の目がある時だけにした方が良いです。と、いうのも、愛犬が暖を取るためペッタリとくっ付いてしまうので被毛が焦げてしまうことがあるからです。たとえガードを付けたとしても予想外の事故に繋がってしまうことがあるので、付けっぱなしは避けておいた方がいいですね。
  • 30代 男性 iida

    うちの犬は加齢とともに被毛が細く、薄くなり、冬の寒さは年々堪えるようにみえます。昨年の冬は床や壁から伝わる冷気を遮るため、犬の寝床には、床と壁にアルミのクッションシートを貼りました。出来るだけ快適な環境で寝かせるよう、クッション性のよいベッドに肌触りのよさそうなケットを入れてあげています。上手にケットに潜り込んで寝ていますので、きっと寒いのだろうと思います。
    今では優秀な暖かそうな洋服が売られていますが、以前犬を飼っていたときは小型犬というのもあって母親の着古したタイツをはさみで切って、足を入れる穴を開けて犬に着せていました。見た目は少々難ありですが、身体に密着して暖かそうで良かったんですよ。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。