犬にネギを与えると危険!症状や食べてしまった時の対処について

犬にネギを与えると危険!症状や食べてしまった時の対処について

お気に入りに追加

犬にネギを与えると命に関わる危険性があることを知っていましたか?玉ねぎを食べさせてはいけないことをご存知な方は多いと思いますが、ネギも犬に与えてはいけない食材になります。さまざまな料理に使われているネギは、知らぬうちに食べてしまうこともあるかもしれません。犬がネギを食べてはいけない理由や症状、対処方法についてご紹介します。

3099view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にネギを与えるのは危険です!

束になっているネギ

玉ねぎと同様、犬にネギを与えてはいけません。犬にネギを与えると中毒症状を引き起こし、毒性濃度が強いと死亡するケースもあります。絶対に犬にネギを与えないようにしてください。

犬がネギを食べられない理由とは

ネギには、玉ねぎと同じ「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれています。この成分は人間にとっては安全でも、犬にとっては有害になります。

この成分が犬の体内に入ることで、血液の成分である赤血球を酸化させ壊してしまい、中毒症状が起こるとされているようです。これは一般的に「玉ねぎ中毒」とも呼ばれています。

犬がネギをどのくらい食べたらよくないのか

一般的な目安として、犬の体重1kgに対し15~20g以上が致死量ではないかといわれています。しかし、ネギ中毒症状が起こる量は個体差が大きいといわれており、明確な中毒量は決まっていません。

犬によっては、ネギを舐めただけでも中毒症状が起こる可能性があります。「ネギは取り除いたから」「少しだから大丈夫」と考えるのはやめたほうがよいでしょう。

ネギは加熱すると甘みが出るため、様々な料理に使用されることがあります。ですが、ネギに含まれるアリルプロピルジスルファイドは加熱したからといって毒性が消えるわけではありません。

ネギは、生でも加熱しても犬にとっては危険な食材です。ネギのエキスが入っているスープなども要注意です。直接ネギを与えていなくても、中毒症状が出る可能性があります。

ネギが使われているものは全般的に良くないという認識を飼い主さんは持っておきましょう。

犬がネギを食べてしまった場合の中毒症状

元気のない犬

  • 血尿
  • 貧血
  • 元気がなくなる
  • 食欲不振
  • 黄疸
  • 下痢
  • 嘔吐

犬の「血尿」はネギ中毒の代表的なサイン

ネギ中毒の症状で分かりやすいのは「血尿」です。ネギを食べてしまった時は、尿の色も意識して見てあげてください。尿の色がピンクや茶色など、普段と違っている場合は注意が必要です。

犬によっては、血尿以外にも下痢や嘔吐といった症状が出ることもありますが、ひどい場合は痙攣などを引き起こす場合もあります。

ネギの中毒症状は、食べてからすぐに出るわけではありません。犬種や体重、ネギを食べた量によっても症状の出かたが異なり、食べてから3日後に出ることもあれば、6日後に出ることもあります。

そのため、食べた直後に元気だったからと油断していると命を落としてしまう危険性もあり得るのです。犬が誤ってネギを食べてしまったら、ほんの少しの変化でも見逃さないようにしておきましょう。

犬がネギを食べてしまった場合の対処方法

犬の口の中をチェックする医師

犬が誤ってネギを食べてしまった時は、飼い主さんが慌てずに対処をすることが大切です。

少しだから大丈夫という飼い主さんの気持ちが、犬の命を危険にさらしてしまうことになりるかもしれません。食べた量が少量だとしても個人では判断せずに、必ずかかりつけの動物病院に連絡して指示をもらってください。

犬がネギを食べた量や時間を把握しておく

まずは、犬がどのくらいネギを食べてしまったのかを確認しましょう。食べた量を把握することで、動物病院での対処がしやすくなります。

飼い主さんが確認することは、以下のことです。

  • ネギをいつ食べてしまったのか
  • どのくらい食べてしまったのか
  • 現在の犬の様子

確認ができたらすぐにかかりつけの動物病院に連絡をしましょう。どのような状況かによって、獣医が対処方法を判断してくれます。その時に、現在の犬の様子も伝えておくと獣医も判断がしやすいです。

飼い主さんは獣医の指示に従いながら対処をしていきましょう。

連絡後、病院に連れていく

ネギを食べてしまった時は、早期の対応が重要になります。対応が早ければ早いほど中毒症状が出ずに済むこともあるようです。中毒症状がひどい場合は、輸血や入院をすることもあります。

症状がひどくなる前に、動物病院に連れていき処置をしてもらうことで犬を守ることができます。犬がネギを食べたことが分かった時点で、すぐに動物病院に連絡をし受診をするようにしましょう。

緊急時に限って、かかりつけの動物病院が休みの場合もあるかもしれません。そんな時のために、事前に近隣の動物病院をいくつか探しておくと安心です。

犬がネギを食べないようにする対策

舌なめずりする犬

犬にネギは危険な食材ですが、犬にとっては何を食べてはいけないのか分かりません。飼い主さんが気をつけてあげることで、犬がネギを誤って食べてしまうリスクを減らすことができます。

犬が届く場所にネギを置かない

犬がネギを食べないようにするには、置く場所に気をつけることが必要です。買物の後に、椅子や机の上に置いておいたら犬が食べてしまったという話をよく聞きます。ネギは必ず、犬が届かない場所に置いておくか、すぐに冷蔵庫にしまっておきましょう。

ネギが含まれると思われる食材は避ける

ネギは様々な料理に使われています。ネギが含まれていることが見た目で分かればいいのですが、スープや調味料などは分かりにくいです。

犬に与える前に、ネギが入っていないかきちんと確認をしておくことが大切です。ネギが使われている食材などは、犬の口に入らないよう注意をしましょう。

調理中や食事中も注意

調理中や食事中に、床に食べ物を落としてしまうこともあります。飼い主さんが落としたことに気づかずにいたら、犬が食べてしまうことがあるかもしれません。

ネギが含まれた物を知らない間に食べてしまうことが一番怖いことです。床に落ちたものはすぐに拾う、落ちているものは食べないようにしつけをするなど、犬が安全に過ごせるように飼い主さんが守ってあげましょう。

散歩中も注意が必要

犬の散歩中に、家庭菜園やネギ畑などを通る可能性がある場合は注意しましょう。生えているネギの臭いを嗅ぐだけなら問題はありません。

しかし、犬がネギを舐めてしまったり、落ちていたネギを口に入れてしまったりしてしまうこともあります。ネギ畑などを通る場合は、十分に注意して見てあげてください。

まとめ

2本のネギ

犬がネギを少量でも食べてしまうと命に関わる危険性があるので、絶対に与えないでください。「少しだから」という気持ちはやめてください。

ネギもそうですが、玉ねぎやニラなどのネギ類全般、犬にとっては危険な食材になります。万が一犬がネギを食べてしまったら、慌てずにかかりつけの動物病院に連絡しましょう。

早期に処置をすることで、症状があまり出ないこともあります。大切な犬を守れるのは、飼い主さんだけです。犬がネギを食べないよう扱いには注意をし、ネギは絶対に与えないようにしましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。