どうして犬は「骨」をしゃぶるのが好きなの?

どうして犬は「骨」をしゃぶるのが好きなの?

昔から犬のおやつの定番として骨は人気ですが、なぜ犬は骨を好むのでしょうか?また、手作り食の食材として骨を取り入れる飼い主さんもいるようですが、そのメリットやデメリットについても考えてみたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が骨をしゃぶるのが好きな理由

大きな骨をなめているオーストラリアンシェパード

多くの犬は、動物の骨をしゃぶったりかじったりすることを好みます。
小型犬などの場合は、あまりあげたことがないという飼い主さんもいるかもしれませんが、犬のモチーフなどに骨の図柄が使われることが多いことなどからも、「犬は骨が好き」というのは昔からある犬に対する一般的なイメージとなっています。
では、なぜ犬は骨をしゃぶったり噛んだりするのが好きなのでしょうか?

遺伝子的な習性

犬が骨を好む理由として考えられるのは、犬の祖先と考えられるオオカミやコヨーテなどの動物が、元々骨を食べる習慣があったことから、遺伝子的に骨を求める習性があるのではないかということです。
人間のそばで暮らしていたオオカミなどは、人間の食事の残り物である骨を重要な食糧とし、骨についている肉をこそいで食べたり、栄養価が高くうまみがあり、香りの強い骨髄をしゃぶったりしていました。
この骨髄の香りはとても強く、犬にとって非常に魅力的なものであり、骨に食らいつきたくなるものだと考えられています。

骨を噛むのが楽しい

また、骨がおいしい、いい香りがするなどという理由だけでなく、硬い骨を噛むことが楽しいと感じる犬もいます。
犬は本能的に何かを噛んだり、噛み壊したりすることが好きなため、骨のように固く、時々欠けたり崩れたりするようなものは、格好のおもちゃにもなるのです。
はじめは香りに惹かれてしゃぶり始めても、次第に噛み心地が気に入り、おやつではなくおもちゃとして扱うようになる犬も少なくありません。

犬に骨を与えるメリットや栄養素

骨をしゃぶっているビーグル犬

栄養バランスを整える

骨や骨髄には微量ずつではありますが、様々な栄養素が含まれています。
特にカルシウムなどのミネラル分が豊富で、肉と一緒に食べる場合のミネラルバランスを調整するためにも役立ちます。
手作り食で肉を中心としたメニューにしている場合、カルシウムとリンのバランスが崩れがちですが、骨も一緒に与えることで、それが最適なバランスになるとされています。

歯ブラシ効果

骨をかじったりしゃぶったりすると、犬の歯についた歯垢や歯石を除去する効果があるとされています。
歯ブラシは嫌がる犬も多く、特に奥歯などはしっかりと歯磨きさせてくれないということも多いと思います。
その点、骨など硬いものをかじるときは奥歯で噛む犬がほとんどなので、手の届きにくい部分の歯垢除去に役立つと考えられています。

ストレス解消

犬は硬いものを噛むことでストレスを解消できます。
運動不足やストレスのたまった犬、気力も体力も持て余した子犬などが、家具や家の柱をかじることが多いと思いますが、そうすることで犬はストレスを少しでも発散しようとしているのです。

犬に骨を与えるデメリットと注意点

聴診器で診察を受けている薄茶色の犬

歯にダメージを与える

犬にとって骨は、栄養面でも遊びという精神面でも有益なものですが、与え方には注意が必要です。加熱された骨はとても硬いため、無理にかじることで犬の歯が欠けたり折れてしまったりするというトラブルも少なくありません。
特に小型犬などは歯がとても細いので、与える骨のサイズや硬さなどに十分配慮しましょう。

尖った骨が体内で刺さる

犬は骨を好みますが、最近では「犬に骨を与えることは厳禁である」という考えもあります。
上記したように、骨はとても硬いことから犬の歯にダメージを与えることもありますし、噛んで砕けたり縦に割けたりして尖った骨の欠片が、口内や食道、胃を傷つける可能性もあるとされています。

下痢や嘔吐

骨にも栄養素は含まれていますが、その硬さから非常に消化が悪いと考えられています。
少量であれば問題ありませんが、毎日大量の骨を食べると消化器官に負担がかかって、腹痛や下痢、嘔吐の原因になってしまうこともあるので、与えすぎに注意しましょう。

犬が骨をしゃぶることに関するまとめ

骨のことを考えているフレンチブルドッグ

犬にとって骨はおいしくて楽しい、この上なく素晴らしい食材だと思います。
犬が骨を好む理由は正確にはわかりませんが、遺伝子的・本能的な部分も大きいのではないかと考えられています。

犬が上手に骨を食べられるようになるまでは、骨の片側を飼い主が手で持ち、もう片方を少しずつかじらせるようにするといいでしょう。
大きな欠片を飲み込んでしまわないように様子を見ながら、少しずつかじる安全な食べ方を犬に覚えさせてあげるのです。
また、手作り食メニューのひとつとして骨を与える場合は、火を通さずに生のまま与えることもおすすめです。
加熱していない骨は縦に割けにくいので、尖って刺さってしまうというようなトラブルが少ないのです。
手羽先や手羽元などを、肉がついたまま骨ごとかじらせると栄養バランスも整い、比較的安全に食べることができるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。