愛犬の体温、確認したことはありますか?

【獣医師監修】愛犬の体温、確認したことはありますか?

お気に入りに追加

愛犬の平熱をご存知ですか?犬の体温は人の体温より高く、抱きしめると、とても温かいですよね。愛犬の平熱を理解しておくことで、いざという時に備えることができます。この記事で、犬の体温の測り方について勉強しましょう。

1757view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬の平熱をご存じですか?

体温計を持つ人の手と犬

あなたは愛犬の平熱を知っていますか?

犬の平熱は、37℃後半~39.0℃です。小型犬は体温が高めの傾向があり、大型犬は低い傾向があります。また、子犬の時期は体温が高めで、歳をとるにつれて低くなっていきます。人の平熱が人によって違うのと同じように、犬の平熱もその犬によって違います。

まずは、愛犬の平熱を調べてみましょう。平熱を測る際は、愛犬の体調がよく、落ち着いているときを選びましょう。犬が興奮しているときや散歩後・食事後は、体温が上がっていることが考えられるので避けてください。

自宅で測った体温と動物病院で測った体温にズレがあるのはなぜ?

動物病院で診察を受ける際には、必ず体温を測りますよね。犬は動物病院に行くと、何かしらの理由で興奮していることが多くあります。そのため、動物病院で測る体温は、家で測る体温よりも高めになってしまうことがよくあります。動物病院のスタッフは犬が興奮している可能性を頭に置いて、体温を測っています。

こういった理由がありますので、お家で調べた平熱と、動物病院で測る体温にズレができてしまうことがあります。

日頃から体温測定を行っておくと◎

愛犬の平熱を知っておくと、体調不良のときに動物病院にかかる際の目安にもなります。平熱は高すぎても低すぎても問題です。

体温が高いすぎるときには、細菌やウイルスの感染や熱中症などの恐れがあります。てんかん様発作を起こした際にも、体温が上がることが多いので注意しましょう。

体温が低すぎるときは、気温や身体が濡れているなどの外的要因や、ホルモンの病気、循環不良などが考えられます。その他、犬は出産前に体温が37℃ほどに下がり、それから24時間以内に出産することが多いと言われています。もし、愛犬の出産の予定がある場合には日頃から体温測定を行って、慣れておくといいでしょう。

犬の体温の測り方

お尻に体温計を入れて体温を測るチワワ

自宅で愛犬の体温を測ってみましょう。

犬の体温は、動物病院でも見たことがある通り、肛門に体温計を入れて測ります。これは直腸体温といいます。
犬の場合、脇では正確な体温を測ることはできません。口腔も、人では用いられる方法ですが、犬の場合、安全に測定できないために用いられません。

いつも家族で使っている体温計を、直接肛門に入れるのは抵抗があるかもしれません。動物病院やペットショップには、ペット用の体温計が販売されていますので、専用のものを用意してもいいでしょう。

ペット用の体温計には、測定部位が柔らかくできている物があります。そういったものの方が、犬が多少動いてしまっても、安全に測定を行うことができます。

体温計を準備する

まずは、体温計の準備をしましょう。
体温計を汚れや水分から守り、衛生的に使用するために、用意した体温計にカバーをつけます。専用のカバーも販売されていますが、ラップで代用しても構いません。ラップやビニールは長めにし肛門内に残さないように気を付けてください。

カバー(ラップ)に潤滑剤をつける

カバーをつけたら、そこに潤滑剤をつけます。潤滑剤には、自宅にあるサラダ油・オリーブオイルなどの油や、ワセリンなどを用います。潤滑剤を用いることで、体温計を肛門に入れやすくなり、犬の違和感を減らすことができます。

体温測定を始める

体温計の準備ができたら、いよいよ体温測定に入りましょう。
犬は立たせた状態で、尻尾を持ち上げます。そして、肛門に体温計を3cmほど優しく入れます。測定のためには、しばらくそのまま待たなければいけません。その間犬が落ち着いて待てるように、優しく撫でてあげたり、声掛けをしたりしてあげましょう。体温計のアラーム音が鳴ったら測定終了です。

便が肛門付近まで来ていると、体温計が便に刺さってしまい、結果が低く表示されることがあります。測定結果が低く表示されている場合には、排便後再測定を行ったり、便を避けて測定を行ってみたりしてください。

まとめ

ベッドに寝転んで犬にキスをする女性

自宅での体温を測定できるようになれば、愛犬のいつもの体温を知ることができ、愛犬の体調管理に役立てることができます。
何となく調子が悪そうだ、というときにも体温測定ができれば、発熱という症状を発見できるかもしれません。
犬の体調管理には、「いつもの状態」を知っておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。