犬が急にジャンプできなくなる原因と対処法

【獣医師監修】犬が急にジャンプできなくなる原因と対処法

犬は走っている最中、あるいはソファから降りる際に軽くジャンプをする事があります。しかし、今まで軽々とジャンプしていたのに、ある日突然躊躇したり、ジャンプしなくなるといった行動は見られませんか?一体何が原因でジャンプできなくなるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬が急にジャンプできなくなった?原因は?

ジャンプするラブラドール

今までは元気よく歩いたり、時にはジャンプをして見せてくれた愛犬が、ある日突然ジャンプをしなくなったり、しようとしても躊躇っているという様子はありませんか?もしかしたら、怪我や病気が原因かもしれません。

椎間板ヘルニア

歳をとるにつれて病気や怪我が多くなってしまうのは、犬も人間も同じです。特に「椎間板ヘルニア」には注意が必要です。

椎間板とは背骨の間でクッションのような役割を果たしている組織のことを指します。この組織が本来ある位置からずれてしまい、脊髄を圧迫してしまうことによって椎間板ヘルニアが生じてしまいます。

特にダックスフンドやコーギーのように胴長短足の犬種は、椎間板ヘルニアになりやすい犬種として有名です。愛犬が当てはまるようであれば、特に注意しなければなりません。

腰痛

次に考えられる原因が腰痛です。老犬がなりやすいというイメージがありますが、実はシニア期に入っていない若い犬であっても腰痛になることは珍しくありません。

腰痛になってしまう原因としては、運動不足による筋力の低下や、飼い主による抱っこの仕方が間違っていることによって腰を痛めてしまうなど、日常の些細な事がきっかけで腰痛を発症してしまう可能性があります。また先ほど紹介したように、椎間板ヘルニアや骨の変形といった病気が原因で腰痛を引き起こしてしまいます。

また最近では多くの家の床がフローリングになっているため、犬の足腰に負担がかかりやすい環境になっています。フローリングなうえに爪を伸ばしていたり、パットの毛を伸ばしていたりすることなどが重なれば、腰に負担がかかり腰痛を引き起こす原因となっていることもあります。

脱臼している可能性も

ソファから飛び降りた際、あるいは階段の2段目から飛び降りた際など、ちょっとした高さからいつも通り飛び降りただけでも膝などを脱臼してしまう恐れがあります。特に小型犬はパテラと呼ばれる「膝蓋骨脱臼」になりやすいです。

ジャンプすることを躊躇ったり、歩く際に飼い主さんが違和感を感じるようであれば、なるべく早めに獣医さんに診てもらいましょう。

他には、関節炎が隠れていたり、関節など骨格とは関係なく、心臓病があることでジャンプできなくなるといったこともありますので注意が必要です。

ジャンプできなくなったときにとるべき行動

伏せるラブラドール

もしも愛犬がジャンプをしなくなったり、あるいはできなくなってしまった場合、上記で紹介したような原因が考えられます。では、それに気づいたとき、飼い主はどのような行動をとるべきなのでしょうか。

まずは病院へ連れて行きましょう

診察される犬

まずは病院へ連れて行き、かかりつけの獣医さんに診てもらうことが先決です。やはりいくら毎日一緒に過ごしている飼い主さんとは言え、原因が怪我や病気である場合は見ていてもわかるものではありません。

「これが原因かも?」と思っても、間違った対処をしてしまうとかえって悪化させてしまう危険性もあります。獣医さんに診てもらえば、薬を処方してもらえたり、ジャンプできない原因が判明するなど、後々の対処の仕方まで教えてもらえるため安心です。

運動制限をする

腰痛やヘルニア、さらに脱臼といった原因が強く考えられる場合、運動制限をすることが大切です。もちろん、運動不足による筋力低下が原因の一つで発症している場合には、獣医さんから運動に関する指示が出ると思いますので、獣医さんの指示に従ってください。

しかし、基本的には安静にさせることで自然と治る症状も多く、無理に運動をさせてしまうと悪化させてしまう恐れがあります。

上記でもお話ししましたが、まず病院へ行き獣医さんからどのように生活するべきかを聞き、指示通りに生活スタイルを変えることが完治への近道でしょう。

肥満気味な子は食事管理も徹底する

体重計に乗るパグ

ジャンプができなくなってしまった犬の中には、体重増加による肥満体型が原因となっていることもあります。こちらも病院へ行くと指摘されることが多いですので、もしも肥満気味による症状と指摘された場合は食事や生活を見直す必要があります。

もちろん、運動不足による肥満であれば運動をする必要がありますが、いきなり激しい運動をしてしまうと足腰に過度な負担がかかってしまいます。

そのため、まずはおやつを与え過ぎてはいないか、またはドッグフードの量は適切かなど、今一度愛犬の食事を見直すことが大切です。

まとめ

散歩するゴールデンレトリバー

いかがでしたでしょうか。犬がジャンプをしなくなった場合、必ずそこには原因があります。その原因を突き止めるためにも、「なんか様子がおかしいな」と気づいたら病院へ連れて行き、獣医さんに診察してもらうようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。