犬が飼い主から逃げるときの理由4つ

犬が飼い主から逃げるときの理由4つ

お気に入りに追加

大好きな愛犬に逃げられてしまうと「なんで逃げるの?」と不安に思ってしまいますよね。いつもは嬉しそうに寄ってくる愛犬ならば尚更です。では、飼い主から逃げようとする犬の行動にはどのような理由があるのでしょうか。

16105view

犬が飼い主から逃げるときの理由

家出犬

こちらは愛情を持って接しているつもりなのに、近付いたらなぜか愛犬に逃げられた…という経験はありませんか?飼い主としてはちょっとショックですよね。では、なぜあの時、愛犬は飼い主から逃げたのでしょうか。

1.行動パターンから嫌な事を想像

診察を嫌がる犬

まず1つ目に考えられる理由として、飼い主の行動を見て「もしかしたら嫌いなことが起こるかも…」と先読みしてしまったという事が考えられます。例えば「これから病院に連れて行かれるかも…」や「あれは爪切りだ!」「耳掃除は嫌!」というシチュエーションが想像されます。

飼い主さんの行動が毎回同じパターンであれば犬は学習するため、嫌な事から逃げようとします。結果的に飼い主さんから逃げるという構図ができあがってしまったのでしょう。

したがって、愛犬が嫌がるようなお世話は、行動が毎回パターン化しないよう、つまり愛犬に気づかれないように近付くことがポイントです。

2.飼い主の構い方が気にくわない

飼い主としては撫でてあげたり、遊んであげたりと良かれと思って行っているスキンシップが、愛犬にとっては迷惑に感じていることがあります。

例えば、寝ているのに無理に起こしてスキンシップを図ろうとしたり、抱っこしようと追いかけ回すといった愛犬が嫌がるようなスキンシップ方法をとってはいませんか?これでは愛犬から逃げられてしまうのも仕方がありません。

愛犬が起きているときに構ってあげるようにしたり、無理に触るとするのはやめるなど、愛犬の立場に立って考えてあげると良いでしょう。

3.怒られると思っている

暗闇からこちらを見つめる犬

飼い主が何も思い当たる節がないのに愛犬が逃げる場合、もしかすると飼い主の知らないところで何か悪い事をしてしまったのかもしれません。

「悪い事をしてしまったから、もしかすると怒られるかもしれない」と恐れているため、それを回避しようと飼い主から逃げるような行動をとっている可能性があります。

あるいは以前怒られた際、とても怖い思いをしたことで、飼い主自体を怖がっている可能性もあります。叱るときは暴力的になったり感情的になったりせず、「ダメ」と低い声で言い、しばらく無視をするなどの冷静な対処をしましょう。

4.遊んでいる

逃げる柴犬

「逃げられた!」と思ったら、実は本気で逃げているのではなく、愛犬は遊びのつもりで逃げていたという例も意外と多いです。この場合、飼い主の何らかの行動を見て「追いかけっこだ!」と勘違いしているのです。

中には「一緒に遊ぼうよ!」と誘う段階のサインとして、飼い主さんからわざと逃げ、ある程度遠くまで逃げたら戻ってくるという行動を繰り返すこともありますよ。

目をキラキラさせていたり、頭を低くお尻を高く上げる「お誘いポーズ」をしてきているのであれば、遊びに誘われているのかもしれません。

まとめ

走る犬

いかがでしたでしょうか。このように飼い主から逃げるという行動1つでも、様々な理由が隠されています。「なぜ愛犬が逃げたのか」という理由について、愛犬の表情や普段の接し方などを考慮して探ってみてくださいね!

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。