犬がケージの中で暴れてしまう理由3つ

犬がケージの中で暴れてしまう理由3つ

お気に入りに追加

愛犬をケージにいれたとき、暴れたりしませんか?それにはちゃんと理由があります。ケージで暴れる理由をちゃんと理解して、原因を探っていきましょう。

6113view

ケージとは?

ケージ

犬のハウスにするものにはケージとサークルがあります。
それぞれの違いがわかりますか?

まずケージですが、ケージは四方を柵で囲われていて床と屋根がついたものです。
ケージの種類にもよりますが基本的なメリットとしては、天井があるため脱走の可能性が低い、移動や災害での非難の際にケージに入ることが多いため慣れることができるという点があります。
デメリットとしては、屋根を取り外して掃除を行う必要があるため少し手間がかかるという点があります。

次にサークルです。サークルは側面が柵で床があるものです。基本的に天井はなく、追加パーツとして販売されているものが多いです。
素材やデザインなどが豊富で、連結させるタイプのものもあり自由度が高くなっています。
メリットとしては、パーツで形や広さを変えるこができる、天井がないため掃除がしやすいという点があります。
逆にデメリットとしては、強度が弱い、落下物は避けられない、脱走の可能性がある、という点があります。

小型犬であればケージでも良いかもしれませんが、大きくなるとケージでは手狭になることが多くサークルへと移動させることも多いようです。
それぞれ飼育環境に合わせて選択すると良いでしょう。

ケージの中で暴れてしまう3つの理由

青いタオルに座るフレンチブルドッグ

ケージの柵を噛みまくったり、毛布やペットシーツなどをバラバラに噛みちぎったりすることはありませんか?
この原因となるものとして以下の3つの理由があげられます。

1.ストレスが溜まっている

運動不足や遊び不足からストレスが溜まっている状態だと、破壊行動に出ることがあります。
ストレスが溜まっている状態で、さらに狭いケージに入ると犬はイライラしてしまいます。
ケージに入れる前には散歩をしたり、遊んだりして、少しでもストレスを溜めないようにしてあげましょう。

2.ケージへの恐怖

ケージに慣れていない犬だとケージそのものに恐怖心を持っている場合があります。
人間で言うところの閉所恐怖症のような症状を示すこともあり、パニックを起こす可能性があります。
恐怖心からそこを離れたい一心でケージを噛んだり、暴れたりします。
そういった場合は、クレートトレーニングをしてから入れるようにしましょう。

3.嫌な思い出がある

過去に無理やりケージに入れられたり、ケージの中にいるときに嫌な思いをしたことがあるとケージに入ること自体を嫌がることがあります。
犬が何に嫌がっているのかを思い出してみましょう。
ケージをおいている場所が問題である場合は、ケージの場所を変えてみたりしても良いかもしれません。
犬が嫌がっているのに無理やりいれて、そのまま放置していたりすると嫌がる可能性は高くなります。
この場合も少しずつトレーニングをして、改善していきましょう。

犬にケージは必要?

フレンチブルドッグ

ケージは犬を閉じ込めるものだと思われがちですが、ケージを用意する意味はちゃんとあります。ただ閉じ込めるだけではありません。
犬にとってケージが必要な理由をみてみましょう。

安全領域を持つ習性

犬の先祖であるオオカミは斜面に横穴をほり、寝床としたと言われています。
横穴は上、横と壁で囲われているため外敵から身を守ることができます。この行動は、身を守るための領域を持つ習性です。
犬がどれだけ人間と一緒に暮らしていても、そういった身を守るための領域を持つ必要があります。
苦手な音や人、怖いことがあったときに逃げ込める場所となります。
ケージが犬にとっての安全領域になります。
そのため部屋のなかにケージを置いておくだけで、怖くなったりしたときには逃げられる場所を作ってあげることになります。

テリトリーを守る

犬は自分が住む場所にはテリトリーを持ち、それを守ろうとします。
室内飼育で常に自由にさせているとテリトリーは家のすべてということになり、犬に「私達を守って」ということになってしまいます。
犬はテリトリーを守るために来客に警戒して、威嚇するようになります。
ケージを置くと、犬の縄張りはその中となることが多く、犬にとっても守るべきテリトリーが少ないのでリラックスすることができます。
犬と人間が心地よく過ごすためにはケージは必要でしょう。

守られている安心感

犬は群れで中で生きる動物なので飼い主さん、つまりリーダーから安心して落ちるける場所を与えてもらうことで、守られているという安心感を得ることができます。
この安心感が飼い主さんと犬との信頼関係を深めていくので、とても大事なことです。
信頼関係を築くためにもケージを準備してあげてください。

まとめ

トイプードル

犬にとってケージは安心できる場所で、必要なものです。
そのケージを嫌がるのにはなにか理由があるはずです。
その嫌がる理由をひとつずつ確認して、解決していくことが犬との信頼関係を築くためには必要となるでしょう。
安心できる場所があると落ち着くのは犬も人間も一緒です。
飼い主さんがその場所を提供してあげられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。