犬を抱っこする時のNG行為5選

犬を抱っこする時のNG行為5選

この記事では「犬を抱っこする時のNG行為」というテーマで、犬を抱っこする時にしてはいけないこと、注意してほしいことを5つお伝えします。日々抱っこをするときに何気なくやっているその行為が、愛犬にとってストレスを与えていたり、悪影響を及ぼしているかもしれません。是非、チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録

抱っこするときのNG行為1:脇を持って支える

犬の脇を持って抱き上げる女性

犬を抱っこするときにやりがちなのですが、人間の赤ちゃんと同じように「脇をもって抱き上げる」ことはNGです。人間や猿の仲間は肩関節の動く範囲が広く、抱き付く能力もあるので脇を持って抱きあげても問題ないのです。しかし、犬は肩関節の構造も能力も違います。

なので、人間と同じように脇を抱えて持ち上げると、関節に負担がかかったり、脱臼したりしてしまうおそれがあるので、注意が必要です。また、脇を持って抱き上げることによって、犬が「縦」の状態になります。この体勢は腰に負担がかかるので、習慣化してしまうと、「椎間板ヘルニア」などの病気を引き起こす可能性があります。

特に胴長短足の種類(ダックスフント、コーギー、バセットハウンドなど)は、ヘルニアを発症したり悪化させたりする原因にもなります。抱っこするときは「犬を縦にしない」というポイントをよく頭に入れておきたいですね。

抱っこするときのNG行為2:片手で持つ

片手で持ち上げられる白い子犬

脇に抱えたり、片手で犬を握って持ち上げたりすることは危険です。もう一方の手で、何か作業したいときにこのように抱っこをすると思いますが、犬が体制を崩して落下した場合、骨折や怪我をして半身不随になってしまうリスクもあります。抱っこするときは、きちんと両手で包み込んであげてくださいね。

抱っこするときのNG行為3:上から抱き上げる

持ち上げられている黒い子犬

犬の上側は、犬にとって見えない死角です。そこから急に腕を伸ばされて持ち上げられることは、とてもビックリしてしまいますよね。毎回ビックリして怖い印象が付いてしまうと、抱っこが嫌いになってしまうかもしれません。

ビックリさせないためには、まず犬と同じ高さまで腰を落として、「抱っこするよ。」と優しく声をかけながら抱きかかえてみてください。ちなみに我が家の愛犬は、この手順を踏まないと「ガルルル」と唸って怒ります。

抱っこするときのNG行為4:高い位置で降ろす

飛び降りる白い犬

人間の膝くらいの位置から、犬にジャンプさせるような感じで抱っこから降ろしていませんか?硬い地面にジャンプして降りることによって、関節や背骨に衝撃を与えて負担がかかります。犬を抱っこから降ろすときは、地面にそっと置くようにしてあげましょう。

自分から興奮して落ちてしまう場合は、クッションなど柔らかいものが下にある所で降ろしたり、興奮を鎮めてからゆっくり降ろしたりしてあげましょう。

抱っこするときのNG行為5:嫌がっているのに抱っこする

白茶の犬と頭を合わせて抱っこする女性

犬は四足歩行の動物なので、足が地面から離れてしまう抱っこが基本的に苦手です。暴れたり逃げようとして落下してしまったりした場合、打ちどころが悪くて半身不随になってしまったり、死亡してしまった例もあります。犬が落ち着いてから、ゆっくりと挑戦してみてくださいね。

まとめ

抱き上げられるヨークシャーテリアと女性

いかがでしたでしょうか。犬の「精神面」から注意が必要な場合や、「体の構造上」注意が必要な場合がありました。

抱っこが好きな子もそうでない子も、体調が悪いときや、病院に連れて行くとき、緊急時に安全確保をすべきときなどに抱っこが必要になってきます。

日頃から正しい抱っこの仕方で、いつでも愛犬を抱っこできるようにしておきたいですね!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 HA&LU

    いつもとても参考にさせていただいています
    抱っこのNGはよく分かりました
    ので、正しい抱っこを教えて欲しかったです
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    一般の飼い主さんには難しいからNGとしたのかも知れませんが、脇での抱え方も基本の抱え方のひとつです。
    画像付きで抱え方の解説があるともっと伝わりやすかったのかなと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。