犬にレーズン(干しぶどう)を与えてはいけない!

1798view

犬にレーズン(干しぶどう)を与えてはいけない!

レーズン(干しぶどう)とはぶどうを天日干ししたもので、ポリフェノールや鉄分、カリウムなどの栄養が豊富に含まれています。人間にとってはとても健康に良いイメージがありますが、果たしてレーズンを犬に食べさせても良いのでしょうか。犬がレーズンを食べた場合どうなるのか、また食べてしまった場合の対処法などを見ていきましょう。

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬がレーズン(干しぶどう)を食べてはいけない理由

レーズン

私たちにとっては健康的で美味しいレーズン。犬にも食べさせて良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、答えはNOです。なぜ犬にレーズンを食べさせてはいけないのか、理由を述べていきます。

犬にぶどうを与えてはいけないということをご存知の方は多いと思いますが、ぶどうを干して作られたレーズンも同様に、犬にとっては害がある食べ物といえます。さらに、レーズンは乾燥させ栄養分がぎゅっと凝縮されている分、普通のぶどうよりも少量で犬の身体への影響が大きいとされています。

レーズンは犬の胃の中で膨らむと体内で体積が増えます。レーズンは犬に中毒症状を起こしたり、最悪死に至るケースもあるようです。

犬の体への影響や症状

近年、犬がレーズンやぶどうを食べた場合、急性腎不全を起こすというケースが多数報告されています。腎不全とは、腎臓が正常に動かなくなり、体にとって必要なものを再吸収し、不要なものを排泄する働きができなくなったり、水分調節ができなくなるいなどの異常をきたす病気です。結果、犬の体内に毒素が溜まり体に様々な病状が現れます。急性腎不全は腎臓の機能が急激に低下する状態です。

しかし現在、なぜぶどうやレーズンが犬にそのような症状を引き起こすのか、実は詳しくは解明されていないようです。

中毒症状

犬がレーズンを食べてしまった場合、下記のような中毒症状が出ることがあります。

  • 嘔吐
  • 腹痛(痛みで背中を丸めている)
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 大量の水を飲む
  • 呼吸がおかしい
  • ぐったりして動かない
  • おしっこが出ない、量が少ない、または量が多い
  • 呼びかけても反応しない

中毒症状が現れるのは、犬がレーズンを食べてしまってから1~4時間経過後が多いようです。犬にこのような症状が出た場合、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。また、これらの症状以外にも、いつもと様子が違うと感じた場合は獣医さんに相談しましょう。

致死量

犬がレーズンを食べた時の致死量は定まっておりませんが、中毒症状など危険度の高くなる目安としてお考えください。ちなみにレーズン一粒は約0.6gです。

犬の個体差はありますが、犬の体重1㎏あたり、レーズンは約10g~30gで犬に中毒症状が起きる場合があるようです。

体重5kgの犬の場合、50~150g(約80粒以上)のレーズンで中毒症状を引き起こす可能性が高くなります。

一粒程度のレーズンは大丈夫か?

他の中毒が起きやすい食品も同様ですが、一般的に犬が大量に食べられなければ危険性は低いようです。誤って犬がレーズンを一粒食べてしまった場合なども、ごく僅かの量でしたらさほど心配する必要はないと言えます。

しかし、一概に全ての犬が大丈夫というわけではありません。レーズン少量でも中毒を引き起こす場合もあります。その時しばらくは注意して、犬の様子を見ましょう。

犬がレーズン(干しぶどう)を食べてしまったときの対処法

獣医師と犬

レーズンは犬にとって危険性が高く、もし犬が食べてしまった場合は、早めに動物病院へ連れて行きましょう。動物病院では一般的に、犬の胃の内容物を吐かせる治療をとる場合が多いようです。

さらに犬がレーズンを食べたときの症状に応じて、胃洗浄や点滴、薬物の投与を行います。犬がレーズンを食べたときに急性腎不全などを起こし、症状が重い場合は、入院や通院が必要になります。

早目の治療が犬の回復のカギとなる場合がありますので、早い段階での受診をおすすめします。

犬がうっかりレーズン(干しぶどう)を食べてしまうことは多い

食卓と犬

犬がレーズンそのものを食べないように気を付けていたとしても、クッキーやチョコレートなどの菓子類、パン、グラノーラなどのシリアルにレーズンが含まれていることも多いです。

これらを犬が食べてしまう可能性は高いと思います。

食いしん坊な犬や大型犬の場合、パンやクッキーなどの美味しそうな匂いにつられて、ペロリと食べてしまう場合があります。これらを犬が食べないように注意しましょう。

まとめ

食べ物と犬

レーズンは玉ねぎやチョコレート同様、犬にとって危険性の高い食べ物といえると思います。人間にとっては美味しく健康的な食べ物であるレーズンですが、犬に与えるのは絶対にやめましょう!

またレーズンの入った加工品などを誤ってわんちゃんが食べてしまわないように、十分に注意しましょう。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 小桃のかあやん

    先日、我が家のスムチーがレーズンパンを盗み食いをしてしまいました。
    慌てて病院に行き、吐かせる薬を点滴してもらいましたが、あまり吐かなかった事もあり、2日の予定で入院しました。
    怖がりで病院ではオシッコもできない子だったので、1日で退院して、家で毒素を吸着する薬などを飲ませて様子を見ておりました。
    幸いに、中毒症状も出ず、血液検査の数値も異常はなく、危険な72時間を過ぎ、ようやく安心しました。
    今回はレーズンパンなので、レーズンの含有量もさほどではなかったことと、食べてすぐに病院へ行ったことで事なきを得ましたが、食べ物をすぐに取られるような場所に置いた自分の行為を深く反省しました。
    危険なものは言うに及ばず、安全なものでも、愛犬の口にはいらないように管理することは飼い主の務めだと実感しました。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。