犬に避けられてしまう6つの原因と好かれる方法

犬に避けられてしまう6つの原因と好かれる方法

お気に入りに追加

こんなにもワンちゃんを愛しているのに避けられている気がする…。実はそれ、あなたの行動が原因かもしれません。ワンちゃんは意味もなく人を嫌ったりしません。避けられる理由は、ワンちゃんではなく人間なのです。そこで今回は、愛犬に避けられる飼い主さんの行動と、好かれる方法をご紹介します。

14092view

犬に避けられる原因①叱り方に問題がある

トレーニング中のダックスフンド

飼い主さんの叱り方で、ワンちゃんの感情は大きく変わります。
ワンちゃんがしつけをなかなか覚えなかったり、イタズラをしたとき、大きな声で怒鳴っていませんか?ワンちゃんが反省したあとも、しつこく怒っていませんか?

これらのことは、ワンちゃんに避けられる原因となります。悪いことをしたら叱る、イイコトをしたら褒める、このメリハリこそワンちゃんを懐かせる一番の方法なのです。

犬に避けられる原因②触り方に問題がある

犬の鼻を触る子供

ワンちゃんの目線の上から触ろうとすると、警戒して怯える可能性があります。ワンちゃんから見たら人間は体の大きい生き物であり、その巨人がいきなり上から手を伸ばしてきたら、ビックリせざるをえないでしょう。とくに初対面のワンちゃんは、このような触り方は禁物です。警戒して吠えたり、噛んだりする可能性があります。

犬に避けられる原因③犬の目を見つめる

大きな瞳のチワワ

ワンちゃんの目をじっと見つめることは、ケンカを売っていることと同じです。とくに真正面から見つめると、たとえ飼い主さんでもケンカの合図とみなし、敵意をむき出しにするかもしれません。

犬に避けられる原因④しつけ方法を間違えた

主人の指示を聞く犬

ワンちゃんにトレーニングをするときに、なかなか覚えなかったために叩いたり蹴ったりしていませんか?たった1回の行動で、ワンちゃんの信頼を失ってしまいます。ついカッとなってやってしまったとはいえ、ワンちゃんにとっては忘れられない行為となるでしょう。

犬に避けられる原因⑤声が大きい

耳を立てて音を聞く犬

ワンちゃんは大きな音が苦手な動物です。とくに、甲高い音に対して不快に思うワンちゃんも多いので気を付けましょう。ワンちゃんは人間よりもはるかに広範囲の音を捉えるため、家の中でのガヤガヤした雰囲気や急な大きな音は、ワンちゃんにとってはストレスになります。

犬に避けられる原因⑥コミュニケーション不足

抱き合う犬と飼い主

お散歩やボール遊び、飼い主さんに触ってもらう時間、飼い主さんのそばで寝ている時間、など、ワンちゃんは飼い主さんとの時間が大好きです。仕事や私用が忙しいからといって、ワンちゃんとのコミュニケーションを疎かにしていませんか?ワンちゃんが生きるこの小さな世界では、飼い主さんの存在がすべてなのです。

どうしたら好かれるの?

家族と一緒にくつろぐ犬

叱り方の改善

ワンちゃんを叱るときは、その行動をした「直後」でないと意味がありません。イタズラをした直後、粗相をした直後、手を噛んだ直後、などです。時間が経ってから叱っても、ワンちゃんは「なんで怒られているんだろう」と不思議でしかありません。また、褒めるタイミングも同じです。イイコトをした直後に褒めてあげましょう。

ワンちゃんのしつけは、飼い主さんの根気が必要です。時間がかかるものとして、辛抱強く行わなければなりません。

叱ると褒めるのメリハリを付けることで、「これは悪いこと、これはイイコト」とワンちゃんは学習してくれます。そうすると飼い主さんをリーダーとみなし避けられるなんてことは無いでしょう。

触り方を改善する

愛犬に対して可愛くてつい激しく撫でてしまいそうですが、いったん落ち着きましょう。ワンちゃんにも都合があるのです。もしかしたら眠いかもしれない、触ってほしくないかもしれない、気分じゃないかもしれない。触るときは、まずワンちゃんの様子を伺いましょう。

飼い主さんであっても、急に頭を触らず、体から首、頬などと徐々に触っていきましょう。

初対面のワンちゃんの正しい触り方

お散歩中に可愛いワンちゃんを見かけたら、つい触りたくなっちゃいますよね。このときの行動にも、注意が必要です。ワンちゃんを触る前には、必ず飼い主さんに「触ってもいいですか?」と許可を取ります。最低限のマナーは守りましょう。

ワンちゃんと同じ目線の高さに座ります。大きな声や甲高い声ではなく、優しく落ち着いた声で話しかけましょう。そして手を軽く握り、ワンちゃんの鼻へもっていきます。ワンちゃんは手のニオイから、「この人は大丈夫だ」という情報を集めます。ワンちゃんが興味を示し始めたら、首や頬から触っていきます。慣れてきたら徐々に頭を触ってあげましょう。

目を見つめない

愛犬が可愛いからといって、目をじっと見つめるのはやめましょう。目を合わせないことで、「敵意はないよ」とワンちゃんに伝えることができます。

落ち着いた雰囲気を出す

ワンちゃんは人間の感情に敏感で、読み取ることができるといわれています。とくに飼い主さんに対してはそうでしょう。ゆったりと柔らかい雰囲気を持って行動したり、ワンちゃんと接したり、話しかけたりすることで、ワンちゃん自ら近寄ってきてくれます。

コミュニケーションを濃密に

仕事や私用などで忙しいのは仕方のないことです。しかし、家にいるときはワンちゃんに構ってあげましょう。ワンちゃんは飼い主さんが帰ってくるのを心待ちにしています。一緒にいる時間は話しかけたり、撫でたり、お散歩の出かけたり、コミュニケーションを濃密にとりましょう。「会いたかったよ」と気持ちを伝えるだけでも、ワンちゃんの心は満たされます。

まとめ

手を取る犬と飼い主

ワンちゃんは「あなたのその行動が嫌!」と口に出して伝えることができません。私たちが察しなければならないのです。ワンちゃんに好かれるためには、ワンちゃんが出すカーミングシグナル(しっぽや耳の動き、仕草、表情など)を理解しなければなりません。愛犬とはいえ、適度な距離感は大切かもしれませんね。せっかくの愛犬との時間、ワンちゃん避けられないようにしましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。