【獣医が教える】ペットや犬のアンチエイジング・健康維持に最適な水素水

【獣医が教える】ペットや犬のアンチエイジング・健康維持に最適な水素水

犬の健康維持に欠かせないお水。中でも今、水素水が注目されています。しかし、普通の水素水はその性質上、ワンちゃんに摂取するのがなかなか難しいのです。そこで今回はワンちゃんにぴったりな水素水をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

水

人間だけでなく、ワンちゃんも「抗酸化作用」によって、アンチエイジングや健康維持が可能だと考えられています。

もちろん、ワンちゃんが本来持っている抗酸化作用もありますが、外から抗酸化物質を補うことで、さらなる効果を期待できます。

実際に私の病院でも、うまく抗酸化物質を補うことができれば、体に障害を与える「酸化物質」が取り除かれ、「いつもより元気になった」「毛並みが良くなった」「口臭が減った」など、様々な改善の声を聞いています。

では、その抗酸化物質はどのように補えば良いのでしょか?実はこの抗酸化作用は、ビタミンCやビタミンEといった身近なビタミンにもその作用が認められています。

しかし、目に見える抗酸化作用を得るためには、かなり多量の摂取が必要なため、現実的ではありません。

また抗酸化作用を狙ったサプリメントは無数にあるため、残念ながら、中には効果を疑問視せざるを得ないものもあります。

そこで今回は、実際に私の病院でお勧めしており、かつ飼い主様からの効果を実感する声を多数聞いているものをご紹介します。

抗酸化作用のある水


ペットの水素水 550ml×10本セット 特許製法ペットの体に優しいミネラルゼロのRO水 No1高濃度ナノ水素水 甦り水

そのサプリメント、実は「お水」なんです。

もちろん、ただのお水ではなく、いわゆる「水素水」。

水素水はその名の通り、水素イオンを多く溶かし込んだ水で、その水素がワンちゃんの体で抗酸化作用を示してくれます。

しかもその抗酸化作用はかなり強く、実験室レベルの比較では、他の抗酸化物質よりもかなり強い抗酸化作用を示しています。

使い方はもちろん「お水」ですので、普段の飲み水として使っていただきます。

しかし、ワンちゃんの場合ここで問題が生じます。

ほとんどのワンちゃんは、飲み水はペットボトルや器に入ったいわゆる「置き水」を飲んでいますよね。

実は水素水というのは非常に不安定なお水のため、置き水をしたりあるいは沸騰させたりすると、水素が抜けてしまい、ただのお水になってしまうのです。

つまり、水素水は生成されたら、あるいは水素水のパックを開封したら、すぐに使用しなければならないのですが、正直なところワンちゃんにとってはあまり現実的ではありません。

おすすめの水素水

水素水

そこで、水素水の中でも、ワンちゃんにぴったりなのが、「OCT水素イオンwater」です。

このお水は他の製品と違って、置き水をしても水素がなくなりません。

つまり、普段通りペットボトルや器に入れっぱなしにしながら、手軽に水素水が摂取できるのです。

なぜこのOCT水素イオンwaterだけ、置き水をしても水素がなくならないのか、それは企業秘密のようですが、いずれにしても私の病院でもその効果を実感しています。

また置き水が可能ということは、頻繁に取り替える必要がないので(もちろん、普通のお水としての最低限の管理は必要です)、他の水素水に比べると非常に経済的です。

もちろん人間も飲めるものですので、ワンちゃんと一緒に飼い主様もアンチエイジングが可能です!!

このOCT水素イオンwater、ネットショップで購入できますので、試してみたい方は、
http://octwater.com/shopbrand/001/X/
にアクセスしてみてください。

お水はその性質は、見た目にはわかりません。

良かれと思っていたことが実は何の効果もなかった、、、そんなことがないように、ワンちゃんには、置き水をしても水素がなくならない、そんな水素水を選んであげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。