犬が寝床を頻繁に変える4つの理由

11103view

犬が寝床を頻繁に変える4つの理由

犬は1日にたくさん睡眠をとりますが、よく観察していると寝床を色々と変えて寝ていますよね。私たち人間は基本的にベッドなど決まった場所でずっと眠りますが、犬は違います。これは一体どうしてなんでしょうか?この記事では、「なぜ犬は寝床を頻繁に変えるのか?」というテーマで、犬がいろんな場所で寝ている理由を4つご紹介していきます。是非、チェックしてみてくださいね!

犬が寝床を頻繁に変える理由1:暑い・寒いから

フローリングの上で寝る子犬

犬は私たち人間よりも暑さに弱いです。体表面から汗を沢山かくことはできませんし、モフモフの毛で覆われているので熱がこもりやすいのです。ですので、人間の快適な温度で一緒に過ごしていると、暑いと感じてゆっくり寝ることができない場合があります。

そこで、自ら少しでも涼しい場所や、冷めたい材質でできた寝床を探してそこで休みます。ワンちゃんたちは、自分の心地よい素材を探すのは得意ですもんね。

寒い場合も同様に、少しでも暖かい場所や、体温を逃がさない場所へ移動します。例えば、ストーブの前や毛布に潜り込んだり、飼い主さんにピタッとくっついたりして体温を感じたいこともあります。

犬が寝床を頻繁に変える理由2:素材を変えたい

フローリングの上で寝るレトリバーの子犬

フワフワの柔らかい素材の上で寝たい時や、タイルなど硬めの素材の上で休みたい時もあります。その時の体調や心理状況によって材質を変えて、自分にとってベストな睡眠を取ろうとします。

例えば、足や関節に痛みがある時は、柔らかいクッションが敷いてあるところで寝たいと思うでしょう。一方、体に圧力をかけた方が安心するときは、硬くて弾力のある床材で寝たいことがあります。

犬が寝床を頻繁に変える理由3:場所を変えたいから

日の当たる窓際で寝る2匹の犬

例えば、朝は静かなソファーの上、お昼は日向ぼっこをしに日が当たる窓際へ移動、夜はみんなが集まるカーペットの上・・・など、時間によって変わる天気や家族の動きに対して寝る場所を変えることがあります。

常に家族の一員として、みんなのことを見守っていたい、何かあれば参加したいという思いがあるのでしょう、とてもかわいいですね。犬は1日に15時間前後睡眠をとると言われているので、その時その時の状況に合わせて寝る場所を変えている場合や、いろんな場所で気分を変えながら寝たいと考えられますね。

犬が寝床を頻繁に変える理由4:目的があるから

階段で寝るコリー

例えば、

  • もうすぐ家族が帰って来るから、玄関や窓際で寝て待機している
  • キッチンで料理をしているから、様子が分かる位置で寝る
  • もうすぐ飼い主さんが起きるから、側で寝ながら待っている

など、ワンちゃんにとって何か興味のあるものや楽しみにしていることに対して、準備をしがてら寝ていることがあります。

我が家の愛犬は時々、私がトイレに入っている時に、ドアの前で寝ていることがあります。私が出てくると「じゃあ帰ろうか」と言わんばかりにリビングの方へトコトコと歩いて行きます。

まとめ

女性の膝の上で寝るキャバリア

いかがでしたでしょうか。

犬が寝床を頻繁に変えるのには、理由があったのですね。愛犬が心地よい環境で眠れるように、愛犬の好きそうなグッズを、愛犬がよく寝ているところに用意しておいてあげると良いですね。

多くのワンちゃんが快適に眠ることができますように!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。