ウィペットはの性格と特徴、値段や寿命など

ウィペットはの性格と特徴、値段や寿命など

お気に入りに追加

ウィペットというと、レースドッグのイメージがありますが、実は家庭犬として優れた資質をもつ犬種です。すらりとしたファッショナブルな外見もウィペットの魅力ですね。プードルやチワワなどのかわいらしい犬種よりも、カッコイイ犬と暮らしたい方にはおすすめです。この記事では、ウィペットの性格や特徴、歴史までをご紹介します。

2240view

ウィペットの性格

ウィペットの顔

ウィペットはとてもおとなしく従順な性格なので、家庭犬として理想的と言われています。もともとウィペットは視覚で獲物を追うサイトハウンドだったため、トレーニングもしやすく飼い主の言うことをよくききます。

ウィペットは猟犬だったわりには、物静かで落ち着いています。陽気な犬種は一緒にいて楽しい反面、時に騒がしいと感じることがあるので、静かに寄り添ってくれるパートナーを探している方に、ウィペットは合った犬種と言えます。

ウィペットは飼い主の顔色や様子を敏感に察知する繊細さも持ち合わせているので、大声を出したりすると、びっくりしてしまいます。飼い主にも相応の落ち着きと、大人としての成熟が求められる犬種とも言えるでしょう。

ウィペットの特徴

トラ毛のウィペット全身

ウィペットは中型犬に分類され、体高は44cm~51cm体重は9kg~14kg程度です。ウィペットの機能的な美しさを追求した外見は、まるでスポーツカーのよう、無駄がありません。

ウィペットは首が長く、すらりと細い脚と、丸みを帯びた背中のラインが特徴的です。ぱっと見た感じは繊細そうですが、実は筋肉質で俊敏に動くことができます。ウィペットはドッグレースに使われていたほど俊足です。

ウィペットはさまざまな毛色がスタンダードとして許容されています。被毛は短く、体にぴったりと貼りついたようになめらかです。ウィペットの毛は短いので寒さに弱いところには注意が必要ですが、比較的体臭が気にならない犬種と言われています。

もちろんきちんとお手入れをすることは必要ですが、家が犬臭くならないのは、飼い主としてはありがたいですね。

ウィペットの価格

ウィペットの子犬たち

ウィペットの子犬の価格は10万円~20万円程度です。どの犬種もそうですが、チャンピオン犬の子犬だと高額になります。ウィペットはペットショップであまり見かけない犬種ですが、そのわりにはお手頃な価格ですね。

ウィペットの子犬を家族に迎えるには、ブリーダーから販売してもらうことになります。国内にたくさんウィペットのブリーダーがいますので、子犬が欲しいときは直接コンタクトをとってみてください。

できれば、ウィペット専門のシリアスブリーダーを探すことをお勧めします。シリアスブリーダーは遺伝疾患にも注意して交配を行いますので、先天的な病気をもった子犬に当たる可能性が低くなります。ブリーダーにもさまざまな人がいますので、きちんと繁殖しているか、慎重に見極めましょう。

ウィペットの寿命

振り向くウィペット

ウィペットの寿命は12歳~15歳と言われています。中型の犬種としては平均的な寿命ですね。もちろんウィペットの個体差もありますし、遺伝疾患の有無や飼育環境によっても変わってきますので、あくまで目安として考えてください。

ウィペットは暑さ寒さに弱い犬種なので、屋外飼育は向いていません。室内で温度管理をきちんとして、ウィペットの体に負担がかからないように、してあげましょう。そういう意味では、光熱費が多少かさむことがあるかもしれません。

また、ウィペットは運動量の多い犬種なので、毎日きちんと散歩に連れて行くことも大事です。ウィペットは走るために改良されたような犬種ですから、1回につき1時間、1日2回の散歩が必要です。「今日は帰りが遅くなったから、夜の散歩は行かなくていいか」と考えるような飼い主さんのライフスタイルには合わないでしょう。

どの犬種にも言えることですが、犬種の特性とご自身のライフスタイルが合うかどうか、犬を迎える前に考えてみてください。それが犬にも人間にも幸せなことです。

ウィペットの歴史

レースをするウィペット

ウィペットは19世紀後半に、グレーハウンドをもとにして作られた犬種です。イギリス原産で、ウサギやネズミなど畑を荒らす小動物を駆除するのに使われてきました。

ウィペットは害獣駆除のほかに、イギリスの炭鉱地帯でウィペットはレースドッグとして用いられることもありました。富裕層はグレーハウンドをレースドッグにしたそうですが、炭鉱の労働者には、より小型で飼いやすいウィペットの方が人気があったそうです。

獲物のにおいがついた布などを追いかける形でレースが行われていました。走るときのフォームが鞭のようなので、馬に鞭(whip)を入れる連想から、ウィペットと名づけられたそうです。現在は、ドッグレースにグレーハウンドを使うことが増え、ウィペットはショードッグや家庭犬として愛されています。

ちなみに、ウィペットとイタリアングレーハウンドはとてもよく似ていますが、イタリアングレーハウンドの方が歴史が古いです。かなり古くからヨーロッパで愛玩犬として普及していたそうです。

ウィペットの方がイタリアングレーハウンドより体が大きいですが、小さめのウィペットと大きめのイタリアングレーハウンドは、ほとんど区別がつかないほど似ているので、飼い主以外は見分けがつかないかもしれません。イタリアングレーハウンドの方が活発で、ウィペットの方が物静かと、性格には違いがあります。

まとめ

2頭のウィペット

ウィペットはすらりとした外見が魅力なだけでなく、物静かで飼い主の言うことをよく聞き、家庭犬に向いた犬種です。短毛なので比較的臭いが気にならないのもうれしいですね。

ただしもともとウィペットは、猟犬やレースドッグだったので、運動量は豊富です。毎日きちんと散歩に連れて行って、ウィペットがストレスをためないようにすることも大事です。

お散歩好きの飼い主さんと暮らせばウィペットも幸せになることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。