「愛情を受けている犬」と「愛情不足な犬」の違い

「愛情を受けている犬」と「愛情不足な犬」の違い

お散歩中に出会う飼い主と犬を見て「この子は本当に愛情を持って飼われているのだろうか…」と感じてしまうことがあります。愛情を受けている犬と愛情不足な犬にはどんな行動や仕草の違いがあるのか考えてみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

その愛情は本当に犬に必要な愛情ですか?

犬を抱きしめる女性

犬にとって飼い主は生きることの全てです。飼い主を信頼し、飼い主といることが安心で安全な場所となり、幸せを感じることができます。

しかし、犬に愛情を与えることと甘やかすことは全く違うものです。飼い主からの異常な愛情というのは犬にとって迷惑なだけです。異常な愛情を受けて育った犬は、問題行動を起こすようになったり、情緒不安定になってしまったりすることがあります。

犬はとても素直で純粋な動物で、飼い主のことを信頼しています。もし、愛犬が情緒不安定な犬になってしまったり、問題行動を起こす悪い犬になってしまったなら、それは飼い主である人間に原因があり、理由があるのです。

愛情を受けている犬とはどんな犬なのか、愛情不足な犬とはどんな犬なのか、違いを比べてみましょう。

愛情を受けている犬とは?

お散歩する犬と女性

  • 愛犬をたくさん褒める
  • お散歩を一緒に楽しむ
  • 愛犬からの愛情をしっかり受け取る
  • 一緒に楽しく遊ぶ

これは、どれも犬が大好きなことであり、犬が望んでいることです。

飼い主から褒められる度に喜びと安心感を得ることができ、大好きなお散歩や遊びを一緒に楽しみたいと思っていますし、そんな飼い主に対して愛犬も愛情表現をしています。

どんなに叱っても言うことを聞いてくれない犬がいますが、褒めてあげることで飼い主の言うことを理解しようとします。

周りから見たら「何あの人…」と思われてしまうくらい、大袈裟に思いっきり褒めてあげてください。

愛情を与えてあげたいなと思ったら、いつもよりちょっとだけお散歩の時間を増やしてあげたり、遊びの時間を増やしてあげたり、それだけでも犬は愛情を感じることができます。

愛情を受けている犬の行動や仕草

二頭の犬を抱きしめる男性と女性

飼い主から愛情を得ている犬は、飼い主へも愛情を返そうとします。愛犬が飼い主に見せる愛情表現、受け取っていますか?

飼い主の顔をジーッと見てくる

愛しているよという言葉の代わりなのだそうです。また、お互いに見つめ合うことでオキシトシンというホルモンが分泌され、飼い主と愛犬との絆が深まるとされています。

飼い主があくびをしたら愛犬もあくびをする

無意識に共感しているからだそうです。飼い主のことをよく観察し、さらに信頼があるからこそ、つられてあくびをしてしまうのです。

出かける飼い主を黙って見送る

「行ってくるね!」と声をかけても無視したり、黙って飼い主を見送る犬がいますが、SNSなどでは「ちょっと寂しい…」なんて声もありますよね。

しかし、それは飼い主を信頼している証拠です。

飼い主が出かけるのを黙って落ち着いて見送ることができるのは、ちゃんと戻って来てくれるという安心感と信頼の証なのです。

愛情不足な犬の行動や仕草

見上げる白い犬の顔のアップ

  • 叱られてばかりで褒められたことがない
  • 庭に繋がれたままお散歩にも連れて行ってもらえない
  • 一緒に遊んでもらえない
  • 愛情表現をしているのに受け取ってもらえない

このような犬は愛情不足であると言えます。

飼い主のことを信頼することができず、安心して過ごすこともできず、吠え続けたり、鳴き続けたり、情緒不安定になったり問題行動を起こすこともあります。

出かける飼い主を見て、吠えたり鳴いたり後を追ったりする

これは信頼されていない証拠です。愛情不足であるため、信頼することができず、飼い主がいなくなることに対して不安なのです。

自分の手足をずっと舐めている

何か不安を抱えているとき、犬はしきりに自分の手足を舐める仕草をします。飼い主からの愛情が乏しい証拠です。「ストレスを感じていると」というサインなので見逃さないようにしたいですね。

破壊行動

愛情不足によって分離不安になる犬が多く、物を破壊したり、部屋中に排泄をしたり、飼い主につきまとったりなどの行動がみられます。飼い主への依存度が高くなってしまうのです。

これは、愛情不足な犬だけではなく、異常な愛情を受けている犬にも見られます。

まとめ

お散歩をする二頭の犬と男性と女性

犬にとって愛情とは何なのか?私もよくわからなくなってしまいます。

愛情だと思って行っていたことが、愛犬たちにとっては迷惑だったのではないか、異常な愛情によって苦痛を感じていたのではないかと不安に感じることもあります。

日々の愛犬の様子を観察し、不安や恐怖や寂しさを感じている様子はないか、もっとよく愛犬たちの感情を読み取ってあげられるようにしたいなと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    犬を飼い続けて37年になりますが犬は褒めるだけではダメですよ。我儘犬になる子もいますし。いけないことをしたらしっかり叱る、良い時は褒める、人間の子供と躾は一緒だと思います。勿論叱る時に暴力を振るうと噛む犬になってもいけないので、私の場合はペットボトルを床に叩きつけて、叱ります。我が家の犬はとてもお利口さんです。散歩も早朝1時間と夕方40分は行きますね。6キロ小型犬ですが散歩も重要です。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    犬を飼って12年です。我が家の愛犬は柴犬です。躾等は真剣に教えこまず成長しました。家族は愛情持って接しています。しかし、我が家の愛犬は、飼い主に噛みついてきます。私などは、手の彼方こちらに噛み傷の跡が今でも残っております。今更、性格等が変わるとも思えず、日々暮らしております。何か参考になる様なご意見が御座いましたら、拝見いたしたいと思っております。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    我が家の愛犬は、動物保護団体から引き取った大型犬です。
    前の飼い主さんから酷い虐待を受けていて、舌の先を切られています。それに、普段は大人しいのですが、傘や、杖、庭にあるホースを見るとひょうへんします。
    あきらかに目が怖がっている目で、殴られたような声をだします。
    家族以外の人や犬には、怖くて本気で噛みに行こうとします。恐怖でいっぱいの目をしています。
    でも、本当は人や犬が大好きで遊びたそうにしていますが、どこにひょうへんするスイッチがあるか分からないので、近づくのをやめています。
    でも、いつかは遊ばせてあげたいです。いい方法を知っている方は教えてくださいませんか?
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    褒める時は笑顔で、褒められているとわかるくらいに大袈裟に褒める。叱る時は、怖い顔をして声を低く太くして叱る。
    我が子のように愛おしい存在ではありますが、犬歯を持った獣であることは事実。正しいしつけがその犬の幸せのためにも必須だと思います。本当に困っているなら、「プロフェッショナル 訓練士」で検索してみて下さい。
  • 投稿者

    50代以上 女性 あらしば

    保護施設から、出戻りの柴犬が我が家に来て早4年前。出戻りだけあって最初の頃は
    暴れ走りまわる、手足を触れない、抱けない、声を出せない、よその犬や猫や子供に襲いかかるといったヤバい柴でした。

    悪いこと、特に危険を伴うと判断したときだけは本気で首にコレクションを入れて叱りました。首に入れるのは親犬の牙代わり。叱るときはきちんと叱る。とくかく本気で向き合うとこが大事です。

    ほめるのはしょっちゅう。
    起きたらほめて、ごはんを食べたらほめて、猫を見送れたらほめて、とにかく言葉とおやつとテンションで誉めまくり、その甲斐あってか今では大人しい柴犬と言われるくらいなりました。愛情伝わったかな。

    もちろん、根底にある神経質でビビりな性格はありますが、私や家族がいれば大丈夫だと落ちつけるようになったのだと思います。

    柴犬という中型犬として、危険がないようかなり厳しく躾をしてきました。愛情がなければ出来ないくらい真剣に躾しました。家庭犬として、どこまで躾ることが愛犬のためになるのか、家族のためになるのか、これからもずっと自問自答続けていくでしょう。愛しているから。
  • 投稿者

    女性 匿名

    8歳のチワワと生活しています。小さい子供が嫌いな様で、小学生の甥や姪に対して攻撃的です。普段あまり会わない事も原因かもしれませんが会う度に吠えまくり、先日は噛みつこうとしていました。吠えまくるのは普段から配達の人等に対していつもの事と諦めていますが、子供達には慣れて仲良くなって欲しいと思っています。良い方法はないものでしょうか。
  • 投稿者

    40代 女性 makoto

    犬との生活は、本気度が重要だと思います。
    我が家にはシニアのボーダーコリーが4頭いますが、最年長の子をしっかりと躾したこともあり、それを見て下に来た子たちはある程度学んでくれました。
    叩く、殴るなどは虐待ではありますが、犬同士のグループや子育てを考えると、やはりメリハリは重要だと思います。効き目のある叱り方の強弱は個体差があるので、どの程度の叱り方がいいのかはその子をよく観察することが一番になります。何が好きで、何が嫌いで、嫌いだけど我慢できるのはどこまでなのか?また、人間側が譲歩できるのはどこまでかという線引きも、一度決めたら決して曖昧にしないことも重要と考えます。人間同士のような「忖度」はありませんので、こちらとしては全力の愛で向き合う以外に方法がないと思います。ただ、観察していてもなかなかいい具合が見つけられない時は、一度専門家に個別に相談するのも手だと思います。そうすることで方向性が見えてくることも多いです。
  • 投稿者

    30代 男性 ワンだふるな生活

    40代 女性 匿名の方が、『本当に困っているなら、プロフェッショナル 訓練士で検索』とありましたが、「我が子(犬)が叩かれて恐怖で矯正されるのは絶対嫌!」という方には、まだまだ数は少ないですが、『暴力を使わずに治せる本物のプロ』(『ドッグスクールポチパパ北村紋義』『Healthy Dog Ownership田中雅織』など)である方に相談される方が、ワンちゃんも幸せだと思います。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬は飼い主にそれなりの対価を返してくれます。きちんと観察してれば解ることだと思います。犬のことを理解し思いやりを持って接していれば必ず答えてくれます。都合があると思いますが少しでも愛犬に接する時間をとって貰いたいです。犬には貴方しか安心して頼れる存在がいないのですから
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。