犬が気まずそうな顔をしている時の心理とは?

犬が気まずそうな顔をしている時の心理とは?

この記事では「犬が気まずそうな顔をしている時の心理とは?」というテーマで、気まずそうな顔を犬がしている時、どんな気持ちなのかを4つをご紹介します。あなたの愛犬や周りのワンちゃんは「気まずそうな顔」をしたことがありますか?実は犬の気まずそうな顔には、気まずい気持ち以外でもいろんな意味があったんです。是非、チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録

気まずそうな顔をしている時の心理1:困っている

ブランケットを頭に被った犬

ワンちゃんにとって不思議に感じることや、緊張する場面に遭遇した時、気まずそうな顔をして「困っている」ことを表現することがあります。例えば、よくある理由として、

  • 初めて会う人に緊張している
  • 飼い主さんの様子がいつもと違う
  • 初めての場所で緊張している
  • トイレが汚れていて変えてほしい
  • お水がないから入れてほしい

などが挙げられます。もし愛犬が困っているときは、飼い主さんが素早く気づいて助けてあげれば、信頼されるでしょう。

気まずそうな顔をしている時の心理2:怯えている

壁からこちらを見る白黒犬

そのワンちゃんにとって怖いことが起きた場合、気まずそうな表情をして「怯えている」ことを表しているのでしょう。原因として挙げられることは、例えば、

  • 雷の音が怖い
  • 叱られて怖かった
  • 大きな音がしてビックリした
  • 苦手な相手が現れた

などが挙げられます。

あまり怖いことが続くとトラウマになっていしまうこともあります。とくに、叱るときなどははその子の性格を見ながらキツく叱りすぎたりしないようにした方がいいですね。

愛犬が、大きな音や苦手な相手が嫌いとはっきりわかっている場合は、愛犬が安心できるようになるべく回避できるように工夫してあげたいですね。

気まずそうな顔をしている時の心理3:仲良くしたいな

フェンスにつかまるラブラドール

この心理は仕草から考えると意外かもしれませんが、「あなたと仲良くしたいですよ」というキモチの時にも気まずそうな顔に見えることがあります。

その理由は、犬が「伏し目がちで目を逸ら」すとき、「敵意はありませんよ」ということを伝えていると言われているからです。

私の愛犬も、私がじっと見つめていると、気まずそうな顔で目線を逸らします。そんな時は私も愛犬の真似をして顔を逸らすと近づいてきてくれます。

気まずそうな顔をしている時の心理4:まずいな・・・

トイレットペーパーにいたずらをした犬

イタズラがばれた時に、飼い主さんに怒られるのが分かっていると「まずいぞ・・・」といった気持ちになり、気まずそうな顔に見えることがあります。この時のキモチはほぼ表情のままで分かりやすいですね。

イタズラがばれた時の動画などをたくさん見たことがありますが、みんなとても可愛いです。可愛い反応をされたら、思わず許してしまいそうですね。

まとめ

気まずそうにこちらを見つめる子犬

いかがでしたでしょうか?

犬が気まずそうな顔をするときの心理の代表的なものは、

  • 困っている
  • 怯えている
  • 仲良くしたい
  • まずいと思っている

の4つでしたね。とくに、困っている時や怯えている時はすぐに助けてあげると信頼関係が築けますよ。

愛犬や周りのワンちゃんが気まずそうな顔をしているときどんな気持ちなのか、その時の状態に合わせて表情以外の手がかりも参考にして考えてみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。