クマを追い払うベアドッグとは?向いている犬種や歴史など

2713view

クマを追い払うベアドッグとは?向いている犬種や歴史など

お気に入りに追加

みなさんは「ベアドッグ」というワンちゃんをご存じですか?警察犬や介護犬と同じように、ベアドッグも私たち人間を守ってくれる職業犬で、しかも日本では数匹しかいないんだとか。そこで今回は、ベアドッグの魅力についてご紹介します!

ベアドッグは森で活躍する「いぬのおまわりさん」

森の中の犬

ベアドッグとは、クマ対策のために訓練された犬をいいます。クマを狩猟するための狩猟犬ではなく、森のパトロールをしてくれるのです。

クマの匂いを感知する訓練を受け、飼育士(ハンドラー)の指示に従って大きな声で吠えたり、クマの居場所を特定することで、人が住む地域に近づくクマを森の奥へ追い払います。

「クマが人里近くにあらわれた!」なんてニュース、たまに見たことありませんか?
人にとって恐怖の存在であるクマは、狩猟銃などを打たれたり、時には殺されてしまう場合もあります。こんなとき、クマを傷つけることなく森へ返すベアドッグが大活躍するのです。

ベアドッグの歴史

犬の訓練

北米ではクマ対策として、クマを傷つけずに人との共生を目的に、殺傷能力のないクマ撃退スプレーや花火弾、ゴム弾などの道具を使っていました。こうした中で、クマ対策専門家のキャリー・ハント氏は、「カレリアン・ベアドッグ」という犬種の特性に注目し、世界で初めてベアドッグのチームを作りました。

現在、日本では2匹のベアドッグが活躍しています。長野県軽井沢市の特定非営利活動法人「ピッキオ」が飼育している「タマ」と「ナヌック」です。

軽井沢市では2000年頃から、クマの出没やゴミ荒らしの被害が多発していました。
クマが人里近くに降りてくる理由として、

  • クマの食糧が減った
  • 人間が捨てた食べ物を漁るようになった
  • 人間を恐れなくなった

などが考えられます。

追い払ったり、怖がらせるような対策を試みましたが、人を恐れなくなったクマには効果がありませんでした。また、クマと遭遇した人が襲われることも…。

「人もクマも安全に」、「人とクマの共生」を目指すピッキオにとって、これは大きな問題となりました。

そこでピッキオは2004年、アメリカのベアドッグ育成機関Wind River Bear Institute(WRBI)より、アジアで初めてとなるベアドッグを導入しました。その結果、クマの目撃件数が多発していた2006年と比べて、その数は劇的に減少したといいます。

さらに、国内でのベアドッグの繁殖に取り組みました。これは日本で初めての試みとなります。
ピッキオで飼育しているメスのタマと、WRBIから迎い入れたリオを交配させ、2018年3月、6匹の子犬が産まれました。2018年5月から徐々に訓練をし始め、来年にはベアドッグとして活動することを目標にしています。

ベアドッグに向いている犬種

カレリアン・ベアドッグ

クマが相手だけに、どんな犬種でもできる仕事ではありません。キャリー・ハント氏が注目したカレリアン・ベアドッグは一体どのような犬種なのでしょうか。

フィンランドのカレリア地方において、クマやシカ、イノシシなどの大型動物の狩猟犬として活躍していました。とくにクマを獲物として狩っていたため、「カレリアン・ベアドッグ」と名付けられたそうです。飼い主から離れて獲物を探し、飼い主が来るまで獲物を留めておくという性質を持ちます。

飼い主に忠実で、「この人がリーダーだ」と認めた人の指示しか聞きません。一方で、愛情を注げば注いだ分だけ返してくれるほど、愛情深い一面も持ちます。

飼い主を守るために相手に立ち向かっていく勇敢さがあり、知らない人や犬に対して警戒心を強く持ちます。もともとクマを相手に狩猟していたため、どんな相手でも怯むことがありません。

遠くまで届く大きな声や、噛む力の強さ、勇敢な性格、獲物に対しての性質などから、カレリアン・ベアドッグは向いている犬種だといえます。

ドッグベアとして活躍し始めてから、北米で人気が高まったといわれています。しかし、しつけがとても難しく、声が大きかったり本能的に噛んでしまう性質から、ペットには向かない犬種といわれています。

まとめ

私たち人間をクマから守ってくれるだけでなく、クマの命も守ってくれるドッグベア。まだ部分的とはいえ、その活躍は多大なものになります。繁殖に成功したことで、今後の普及拡大も期待できるでしょう。

ドッグベアが私たちの生活になくてはならない存在になるのも、近いのではないでしょうか。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。