犬にとって階段が危険である理由2つ

【獣医師監修】犬にとって階段が危険である理由2つ

お気に入りに追加

私たち人間がふだん何気なく暮らしている空間でも、わんこにとっては危険がいっぱい。実は、階段もその1つであることをご存知でしょうか?今回は階段がわんこにとってリスクとなる理由をまとめました。

3304view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

階段が危険な理由①『転落の危険があるから』

階段を上り下りする犬

第一の危険は、いわずもがな、『階段から転落する危険』です。

わんこの身体は下半身よりも上半身が重い構造となっているため、特に、重い上半身を支えなければいけない「下り」でバランスを崩しやすく、転落事故につながる恐れがあります。

人間が階段から転落した場合には、血が出たり意識を失ったりして、その場で大きなけがとわかりやすいとおもいまうが、わんこの場合は、階段から転落しても、一見何でもなさそうに振舞うことのほうが多いです。

ですが、実際にはわんこの身体に大きなダメージを与えていることがあるので、注意が必要です。もしわんこが階段から転落してしまったら、その後、数日間はわんこの様子をよく見てあげましょう。

骨折

変な体勢で転落してしまった場合や、骨を強く打ちつけてしまった場合、骨折している可能性があります。

人間であれば七転八倒するほどの痛みなので、痛がったり場合いよっては意識を失う事もありますが、わんこの場合は、骨折したからといっておおげさに痛がったりはしません。

転落した後、手足をかばったり、引きずったりしているような仕草が見られたら、骨折を疑ってみてください。

てんかん

頭から落下して脳に大きなダメージを負ってしまうと、てんかん等の神経障害を負ってしまう可能性もあります。

主な症状は全身や手足のけいれんですが、わんこが眠っている間に症状が出やすいといわれています。階段から落下した後は、睡眠中のわんこのようすにも気を配ってあげてください。

その他

転落してお腹を強く打った場合には、内臓にダメージを受けてしまっていることも考えられます。食欲低下や元気がないといった症状が見られないか注意しましょう。

また、顎を強打してしまうと、噛み合わせに影響が出てしまう場合もあります。不安な場合には獣医師の診断を受けましょう。

階段が危険な理由②『腰への負担が大きいから』

犬のレントゲン写真を見る獣医師

実は転落よりも怖いのが、日々の階段の上り下りで蓄積されていく腰へのダメージです。大型犬・小型犬を問わず、階段の上り下りは、わんこにとっては全身運動です。

木を登ったり、屋根に上がったりする猫とは違い、わんこの身体は上下運動することを前提に進化してきていないので、足腰への負担はかなりのものがあります。これをくり返していると、腰に疾患を発症してしまう可能性があります。

椎間板ヘルニア

階段の上り下りで発症しやすい疾患が、椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアとは、骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が、何らかの原因ではみ出してしまい、脊髄を圧迫することで起きる病気です。

手足の痛みやしびれ、散歩や運動を嫌がるといったことが初期症状としてあげられますが、症状が進行すると歩行が困難になったり、排泄障害が起きたりするので、とても怖い病気です。

椎間板ヘルニアは早期の発見と治療が大切なので、少しでも様子がおかしいと思ったら、すぐに動物病院を受診することをおすすめします。

胴長犬種は特に注意

ダックスフントやウェルシュ・コーギーといった足の短いわんこは、遺伝的に椎間板ヘルニアを発症しやすい犬種として知られています。

胴長短足の体型の彼らにとって、階段の上り下りは更に大きな負担になります。そのため、椎間板ヘルニアの発症の危険性が他の犬種よりも高まってしまいます。

これらの犬種には、普段から階段を上り下りさせないように注意してあげたいですね。

まとめ

階段を下りてくる犬

いかがでしたでしょうか?スムーズに上り下りしているように見えても、実は階段の上り下りがわんこに大きな負担を与えていることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

アパートやマンションの上層階に住んでいたりする場合、階段の上り下りは避けられない場面もあると思いますが、その場合には飼い主さんが抱っこしてあげるなどの配慮があるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。