犬は「環境」が変わるとストレスを感じやすい?

犬は「環境」が変わるとストレスを感じやすい?

犬は環境の変化に弱い動物だと言われています。しかし犬はどうしても人間の都合に付き合わされてしまうもので、飼い主の家庭環境の変化などに振り回されストレスを感じることも少なくありません。引っ越しや出産などの予定があり近々環境の変化が起こるとわかっている場合は愛犬のストレスを少しでも減らすためにしっかりと対策を考えておきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬がストレスを感じやすい環境の変化

窓の外を眺めるグレーの犬

犬が特に強くストレスを感じる環境の変化として、以下のことが考えられます。

  • 引っ越しや模様替え
  • 家族構成の変化(結婚、出産、死別など)
  • 飼育する動物が増える(犬、猫、小動物など)

私たち人間も進学や転職、結婚、引っ越しなど慣れ親しんだ場所を離れて新しい環境へ飛び込む時、期待と同時に心配や不安を抱えることがあると思います。それは犬も同じで、むしろ事情が理解できず、心構えをすることもできない犬の方が突然の環境変化についていけず大きなストレスを感じてしまいます。

犬がストレスを感じるとどんな影響が出るのか

クッションをボロボロにするジャックラッセル

環境の変化によって犬がストレスを感じた時、個体差はありますが下記のような影響が現れることがあります。

  • 飼い主から離れられなくなり留守番ができなくなる
  • トイレの失敗が増える
  • ちょっとした物音に反応して吠える
  • 自分の足や尻尾をなめる、噛む
  • 体を血が出るほどかきむしる
  • 家具をかじるなど破壊行動を起こす
  • 抜け毛やふけが増える
  • 食欲がなくなる

環境の変化に伴って犬がストレスを感じると行動が落ち着かなくなるといったことなどだけでなく、自律神経などが刺激されて内分泌系や免疫機能に影響が出て病気を引き起こすこともあります。

犬のストレスを軽減するためにできること

両手でなでられ上目遣いになっているブラウンの犬

一緒にいる時間を増やす、スキンシップを取る

環境が変化した時、人間と違って犬は何が起きているのかわかりません。居場所が変わった場合、それが旅行なのか引っ越しなのかということすらわからず不安を感じていることでしょう。そうした時に最も必要なのは飼い主がそばにいることです。環境が変わったとしても信頼している飼い主さえそばにいれば乗り越えられることは多く、次第に落ち着きを取り戻します。

また、信頼関係のある飼い主に穏やかな気持ちでなでてもらったり目を見て優しく話しかけてもらったりすると安心感や幸福感を感じるホルモンが分泌されるということもわかっています。環境の変化があった時、飼い主はどうしても忙しくなることが多く犬とのコミュニケーションがおろそかになりがちです。愛犬のストレスケアのためには、できるだけそばにいる時間や回数を多くするように心がけ、たっぷりスキンシップを取るようにしましょう。

落ち付いて過ごせる場所を確保する

引っ越しや模様替えなど犬に居場所に関する変化が起きた時は、できるだけ早く犬が安心して休むことができる場所を確保することが大切です。犬のベッドやクッション、ケージなどを人の出入りが少なくうるさくない場所に設置し、さらにこれまで使ってきた毛布など自分のにおいがついているものを置くなどして落ち着ける環境をつくってあげましょう。

変化の種類はできるだけ少なくする

一度に色々な変化が起こるとその不安や心配はより大きくなってしまいます。例えば実家暮らしをしていた飼い主が結婚に伴い引っ越しをする場合や、出産とほぼ同時期に引っ越しをする場合など住んでいる場所と家族構成が一気に変わってしまうということも多く見られます。しかしこれは犬にとって大きすぎる変化であり、受け止めきれずパニックを起こしてしまうこともあるので状況が許すのであれば変化は少しずつ、ひとつずつというように配慮してあげましょう。

過度に甘やかしたりかまい過ぎないようにする

環境の変化による犬のストレスを減らすためにはそばにいる時間やスキンシップを増やすことが大切です。しかしここで注意が必要なのが、過剰に心配したりこれまでのルールを変えて甘やかしたりしないようにすること。過度な甘やかしを行うと犬に「それほど重大な事態なのか」と思わせ不安感を煽ってしまったり、犬を増長させてわがままにさせてしまったりするので関わり方には十分な注意が必要です。

環境変化と犬のストレスについてのまとめ

心地よさそうに眠る白×茶の犬

犬は常に人間と共に生活をする動物です。そして約10~15年、長ければ20年という時間を共に過ごします。その長い期間の中でひとつも環境の変化が起こらないということはほとんどありえませんし、いくら犬にストレスがかかるからといって飼い主が無理をして環境の変化を皆無にする必要はないと思います。

大切なのは環境の変化が起こる時に愛犬へのストレスが少なく済むようにいかに準備をし、愛犬の様子を観察しながらアフターケアをするかということ。環境の変化が起こるとわかった時点で愛犬のストレスケアについてもしっかりと計画を立ててあげるようにしましょう。また、安心して身を預けることのできる飼い主であること、愛犬から信頼される飼い主であることもとても大切です。これは日頃の積み重ねなので一朝一夕にはいきませんが、いつでも愛犬にとっての“安全基地”になれる飼い主を目指しましょう!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。