犬にラフランス(洋梨)を食べさせても大丈夫!与えるメリットや注意点

犬にラフランス(洋梨)を食べさせても大丈夫!与えるメリットや注意点【獣医師監修】

お気に入りに追加

犬にラフランス(洋梨)を与えるのはOKです。さらには、食べてもよいというだけではなく嬉しいメリットまであることが分かりました!今回は、犬にラフランスを与えるメリットや、与える際の注意点をご紹介します。適切な量の果物を与えることで、愛犬の健康を手に入れましょう!

25097view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にラフランスを与えてもOK!

ラフランス

結果から言うと、犬にラフランスを与えるのはOKです!犬が勝手にラフランスを食べてしまったとヒヤヒヤしていた飼い主さんは、安心して大丈夫ですよ。

ラフランスは、フランス原産の洋梨の品種です。梨より柔らかく、ねっとりとした舌触りと上品な味が特徴です。それなら、日本のシャリシャリした梨はどうかというと、こちらも同じく犬に与えてよいことが分かっています。

犬におやつを与えることに抵抗がある飼い主さんや、アレルギーを持った犬にはラフランスのような甘みのある果物がおすすめです。我が家の愛犬「くるる(トイプードル)」は、アレルギー持ちなので食べられるものが限られていますが、果物はOKです。「くるる」は、体に合わない食べものを食べると目の周りが赤くなってしまうのですが、ラフランスは大丈夫でした。

犬にラフランスを与える量の目安

切ったラフランス

それでは、犬にラフランスを与えるなら、どのぐらいの量を目安にするべきなのでしょうか?

犬にラフランスを与える量の目安としては、1日の食事量の10%程度に留めておくことをおすすめします。つまり、1日の食事量が100gだとしたら、梨は10g程度ということ、体の小さな犬には、一口のラフランスで十分なのですね!

犬へのラフランスの与え方

手から食べる犬

犬にラフランスを与えるときは、小さくカットして与えましょう。このとき、熱を加えるなどの加工をしてしまうと、ラフランスに含まれる「カリウム」が破壊されてしまいます。カリウムは、消化を助け、老廃物を排出してくれるありがたい役割を担っています。そのため、ラフランスは生のまま与えることが好ましいでしょう。

そして、必ず「熟したラフランス」を与えるようにしましょう。熟していないラフランスは、おいしくないだけでなく犬にとって毒になる成分が含まれている可能性があります。

犬にラフランスを与えるメリット

ぺろり

犬にラフランスを与える3つのメリットをご紹介します。犬が食べられるのはほんの一口ですが、それで効果が得られるなら嬉しいですね!

  • 水分補給できる
  • お通じをよくする
  • 消化を助ける

水分補給できる

ラフランスには、全体の約90%近くもの水分が含まれています。そのため、あまり水を飲んでくれないわんちゃんに与えることで、水分補給の手助けをしてくれるでしょう。

お通じをよくする

ラフランスに含まれる「ソルビトール」という成分には、犬の便を柔らかくする性質があります。また、ラフランスに含まれる「不溶性食物繊維」には、便の水分を増やす機能があります。

さらに、ラフランスに含まれる「カリウム」には、利尿作用があります。また、余分な塩分(ナトリウム)を排出してくれるので、血圧を下げる効果も期待できます。

消化を助ける

ラフランスに含まれる「タンパク質分解酵素」には、消化を助ける機能があります。甘くておいしい果物が消化を助けてくれるなんて、かなり嬉しい効果ですよね。

犬にラフランスを与える際の注意点

ストップ

犬にラフランスを与えるメリットをご紹介しましたが、与える際には注意しなければならない点もあります。事前に確認しておきましょう。

過剰摂取は下痢の元になる

ラフランスに含まれる「ソルビトール」と「不溶性食物繊維」は、過剰に摂取するとお腹をゆるくする可能性があります。あくまでも、与える量は1日の食事量の10%程度にしておきましょう。

腎臓病の犬には控えるべき

ラフランスに含まれる「カリウム」は、腎臓に病気のある犬には多く与えてはいけない成分です。シニア犬や腎臓病のわんちゃんには、ラフランスを与えるのは控えた方がよいでしょう。

まとめ

犬とフルーツ

犬とラフランスについてご紹介しました。いかがでしたか?

犬にラフランスを与える際は、あくまでも一口に留めておきましょう。甘いラフランスはおいしく、もっとちょうだいと欲しがるかもしれませんが、過剰摂取は体調不良の原因になります。さらに、果物は高カロリーであるため、肥満の元にもなりうることを覚えておきましょう。

適切な量のラフランスを与えて、愛犬の健康を手に入れましょう!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 たろさん

    なんだかラフランスって糖分が多いイメージが個人的にあるのであげにくいですが、あげてもいいってことを知っているのはいい事ですよね!あげていいのか分からないものを愛犬が食べてしまった時は本当に不安になりますから…(・.・;)でも柔らかいので老犬なんかにはいいのかもしれないですね
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。