プーミーの性格と特徴、値段や寿命など

プーミーの性格と特徴、値段や寿命など

お気に入りに追加

プーミーという犬種をご存知でしょうか?日本ではなかなかお目にかかれないため、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。プーミーは少しテリアに似た風貌を持つ、牧羊犬です。現在では家庭犬としても愛されています。プーミーの性格から価格、歴史までご紹介します。

3768view

プーミーの性格

アジリティをするプーミー

もともと牧羊犬のプーミーは、とても活発で好奇心旺盛です。テリアタイプの犬種は皆そうですが、元気にあふれていて、落ち着きがないほどです。プーミーはとても勇敢な一面も持ち合わせていて、やや警戒心も強いほうです。

プーミーは、牧羊犬らしい判断力も兼ね備えているところも魅力です。とにかく元気に動き回るので、家族の注目を一身に集めるタイプでもあります。

そのため、静かに暮らしたい方や、高齢の方には、プーミーはちょっと騒々しすぎるかもしれません。反面、愛犬と活発に活動したい方には、楽しいパートナーになることでしょう。プーミーと一緒にスポーツを楽しむこともできますね。

プーミーの特徴

プーミーの全身

プーミーは牧羊犬としては小型で、テリアの特徴も兼ね備えています。特に頭にテリアらしい特徴がよく現れています。立ち耳の上から3分の1のところで折れ曲がっているのが、かわいらしいですね。体つきはがっしりとして四角ぽく、いかにもよく動き回りそうです。

プーミーの体高は40cm~45cm程度、体重は10kg~13kg程度と中型の犬種です。被毛はダブルコートで、ゆるくカールしています。プーミーの毛色はたくさんあり、グレーやブラックといった濃い色から、ホワイトの単色までさまざまです。

ダブルコートということは、換毛がある犬種ということです。春と秋は、抜け毛がたくさん出て、お掃除が大変になります。プーミーは、掃除をこまめにできる飼い主さんに向いている犬種とも言えます。

プーミーの価格

2匹のプーミー

プーミーは日本では希少な犬種なので、ペットショップ等で販売されていることはほとんどありません。国内でブリーダーもいないようですので、海外から輸入することになります。

そのため、入手価格ははっきりとしませんが、輸入代行業者に依頼した場合、安くても30万円はかかります。ドッグショーでチャンピオンを獲得したプーミーの血統を輸入するとなると100万円以上かかってしまうこともあります。

それでもプーミーと暮らしてみたい!と強く希望する方は、まず輸入元の国に狂犬病が発生していないかを確認してください。狂犬病が発生している国からの輸入は、検疫のハードルが高くなってしまいます。安全な国から輸入するほうが、検疫での係留期間が短くなります。

プーミーの寿命

プーミーの顔

プーミーの寿命は12~13年と言われています。もちろん、どの犬種でも同じですが、個体差や生活環境で寿命も変わってきますので、参考程度にとどめておいてください。

プーミーは関節疾患や目の病気にかかりやすい犬種です。よく動く犬種なので関節を痛めないよう、肥満には十分に注意してあげてください。フローリングに滑り止めのマットを敷いてあげるのも有効です。

せっかく迎えたプーミーに長生きしてもらえるよう、毎日十分に運動させてストレスをためないようにしてあげたいですね。

プーミーの歴史

丘に立つプーミープーリーを元にして作られた犬種「プーミー」

おもちゃで遊んでいるプーリープーミーの元となった犬種「プーリー」

さて、ここまで読まれた方の中には、「プーミーとプーリーは関係あるの?」と思われた方がいるのではないでしょうか。なにしろ名前がそっくりですからね。お察しのとおり、プーミーとプーリーには関係があります。

プーミーは、プーリーを元にして作られた犬種なのです。原産国のハンガリーにいたプーリーに、ドイツやフランスから持ち込まれたテリアを交配させて、プーミーが誕生しました。1935年に初代のスタンダードが認められたそうです。まだ新しい犬種なんですね。

先述したとおり、プーミーはもともと牧羊犬として活躍していました。嗅覚が優れていて、羊の群れを守るために、野生動物と闘うこともあったようです。勇敢な性格は、このようなルーツからきているのですね。

まとめ

プーミーの看板

日本ではなかなか入手できないプーミーですが、見た目もかわいくて、性格は活発と、家族のアイドルになりそうな犬種です。犬とアクティブに過ごしたい飼い主さんにぴったりですね。プーミーと一緒にたくさん運動して、夜はぐっすり眠る…そんな夢を抱かせてくれる犬種です。

ただし、プーミーは換毛期に抜け毛がたくさん出てしまう犬種ですので、部屋のお掃除はこまめにしてあげてください。そして、肥満には要注意です。関節を痛めないよう、体重のコントロールはしっかりと行う必要があります。

海外からプーミーを輸入したい方は、信頼できる代行業者を探すことがとても大事です。英語が得意な方は、ご自身で海外のシリアスブリーダー(優良ブリーダー)とコンタクトをとって、プーミーを迎えることもできます。大切な家族として、生涯大切にしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。