犬の手術前と手術後で注意すべき5つのこと

【獣医師監修】犬の手術前と手術後で注意すべき5つのこと

病気や怪我の治療のための外科手術、避妊のための去勢手術など、わんこと暮らしていれば手術を受けさせる機会が何度か訪れるかもしれません。今回は、術前術後に注意するべき点をまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

手術前に既往症の確認とワクチン摂取を済ませる

注射を打つ犬

わんこに既往症や別の疾患があると、手術をはじめとした治療方針に変更が必要になる場合もあります。

手術前には既往症の有無を確認し、獣医師に申告するようにしましょう。手術前に血液検査などを行い麻酔をかけることが可能かどうかの確認を行います。

また、定期ワクチンの摂取が済んでいない場合には、できる限り、手術前に摂取しておくことをおすすめします。タイミング等が不安な場合には、獣医師に相談してください。

手術前の飲食制限を確認する

フードにかぶりつく犬

手術を行う際には、胃の中を空っぽにするため、飲食制限が必要になります。いつから制限が必要かは、手術の内容や獣医師の判断によってさまざまですが、その都度指導に従うようにしましょう。

ただ、実際、目を離したすきにわんこがつまみ食いしてしまったり、愛犬のおねだりに飼い主さんが屈してしまったり、飲食制限を知らない家族が勝手におやつを与えてしまったりと、飲食制限に失敗してしまうケースは多いといいます。

手術を行う際に胃の中に内容物が残っていると、手術の妨げになったり、麻酔や検査の際にわんこが嘔吐してしまい、誤嚥する原因になったりします。

愛犬の安全のためにも、手術前はわんこや家族の行動に特に注意を払い、この制限は絶対に守らなければなりません。

手術後は興奮させすぎない

おもちゃを持って走っている犬

手術に耐えるには体力を使います。手術を終え、飼い主さんとの再会に喜ぶわんこの姿は一見、元気そうに見えるかもしれませんが、実際にはとても衰弱しています。

わんこを動物病院から連れ帰る際には、わんこが興奮しすぎないよう、キャリーケースやスリングに入れて運んであげたり、リードにつないでゆっくり誘導してあげるようにしましょう。

また、当然のことですが、術後しばらくは過度な運動は避けるようにします。あまり激しく動きすぎると、嘔吐してしまったり傷口が開いてしまったりする可能性があります。

飲食についても同様で、わんこが求めるからといって大量のごはんや水を与えてしまうと、腹痛や嘔吐の原因になります。徐々に増やしていくようにし、とにかく安静を心がけてあげましょう。

手術後は清潔な環境を整える

ベッドに寝る犬

手術後のわんこの身体は体力や免疫力が低下しているため、感染症にかかりやすくなっています。手術を終えたわんこを迎え入れる際には、室内をしっかり掃除し、ベッドも可能であれば洗濯したり干したりして、清潔な環境を整えてあげましょう。

冬の寒い時期であれば、暖房機器を使ったり、布団を置いてあげたり、しっかりと暖がとれるようにしてあげてください。麻酔後は体温が下がる傾向があります。手術後の回復には安静が何より大切です。そのためには、愛犬がゆっくり休んで静養できる環境を飼い主さんが整えてあげることが必要なのです。

手術後の傷口のようすに注意を払う

エリザベスカラーをした犬

手術で縫合した傷口の抜糸を行うまでは、傷口に異常がないか、毎日確認してあげましょう。傷口が開いてしまう場合や、赤みや腫れ、膿が出る場合は、すぐに獣医師に連絡して処置をしてもらってください。

また、わんこは本能的に、傷口を舐めて傷を治そうとしてしまいます。ところが、これは傷の治癒のためには逆効果になってしまいます。そのため、手術後にはエリザベスカラーなどをつけて傷口を舐められないようにするのが一般的です。傷口に舌が届かないようカラーのサイズが合っているかを確認してあげることも大切です。

基本は獣医師の指示に従うこと!

女性獣医師

その他にも、手術の種類によっては、手術前から服薬が求められたり、特別な療法食が処方されたりと、いろいろな処置が必要になります。手術を受ける際に何よりも大切なのは、そういった獣医師の指示を飼い主さんがしっかりと理解し、きちんと従うことです。

目的が病気や怪我の治療であれ避妊であれ、全身麻酔を使って行う手術は、愛犬の命にも関わる重大な処置です。わからないことや疑問に思うことがあれば、事前に質問してはっきりさせておくようにしましょう。

まとめ

手術台に寝ている犬

いかがでしたでしょうか?愛犬が手術を受けるとなれば、術前も術後にも飼い主さんの心配は尽きませんよね。

ですが、そういった飼い主さんの不安な気持ちもわんこは察してしまいます。特に手術前にはあまり不安を表に出しすぎず、いつも通りの態度で「大丈夫だよ」と安心させてあげてください。また、手術後には、愛犬をねぎらってあげることも忘れないでくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。