犬の健康診断は何歳から必要?費用や検査内容、受ける前の注意点

犬の健康診断は何歳から必要?費用や検査内容、受ける前の注意点

犬の健康診断は必要あるのでしょうか?受診年齢や費用、検査内を調査しました。言葉が話せない犬の健康を守るためにできることを紹介します。

犬に定期的な健康診断が必要な理由は?

首を傾げる犬と獣医

犬の健康診断は必要があるのでしょうか?犬の平均寿命は年々伸びており、2009年では13.1歳、2019年では14. 1歳が犬の平均寿命と言われています。犬の長寿化に比例して、愛犬の健康維持に気を付ける飼い主さんも増えてきています。

しかしながら、定期的な健康診断を受診しない飼い主さんも多くいます。本文では、健診が必要か否か。また、健診を受けることで、具体的にどのようなメリットがあるのかを紹介します。

病気の早期発見・早期治療につながる

動物には、怪我や体の不調を隠す本能が備わっています。弱っていると、外敵から襲われやすくなるため、不調を隠して身を守るのです。

犬も、見た目では体調不良に気づきにくく、体に不調が表れた時には重篤になっていることもあります。定期的に健康診断を受けていれば、見た目では気づけなかった不調を数値的に発見できます。病気を早期に発見できれば早期治療ができ健康維持につながります。

犬の体調が悪化した時の比較データになる

多くの飼い主は、犬の体調が悪くなってから病院に行くのではないでしょうか?それでは、健康な状態のデータと体調が悪い時のデータを比較できません。

定期的な健診を受診することで、元気な頃のデータを残しておき、体調が悪化した時に比較できます。比較することで、病気の原因になっている箇所の判断や、いつから異常な数値・画像になっているかがわかりやすくなるメリットがあります。

犬に初めて健康診断を受けさせるタイミング

聴診器を咥えた子犬

犬に初めて健康診断を受けさせるタイミングをご存じでしょうか?犬が初めて健診を受ける時期に決まりはありません。

体に不調が出はじめる6歳頃になってから、または、シニアになってから受診すれば良いと考える飼い主もいますが、多くの獣医は1歳からの受診を勧めています。

子犬なら健康に問題がないというわけではありません。1歳でも若齢から発症する先天性の犬の病気もあるため、人間ドックのような健康診断セットを受診できます。

ペットショップで迎えた子犬は年齢がわかりますが、保護犬などの年齢がわからない犬の場合は、健康状態の詳細を把握するためにも自宅に迎え入れて環境に慣れたら早めに受診するようにしましょう。

健診で重篤な病気がなかったとしても、幼少期のデータは今後の健康管理に大いに役立ちます。

犬の理想的な健康診断の頻度

背景ブルーの聴診器と犬

犬の健康的な健康診断の頻度はどれくらいなのでしょうか?犬の成長に合わせて、適切な健診頻度も変化してきます。

犬は人間と比べ、成長スピードが速く、小・中型犬の1歳は人間の15歳、大型犬の1歳は人間の12歳の成長に相当すると言われています。

その後の成長は緩やかになりますが、人間と比べると成長スピードは速く、小・中型犬は1年ごと4歳、大型犬は7歳年をとっています。

1年間健診を受けないだけで、人間なら4~7年健診を受けないことになります。犬の老化は想像以上に早いため、適切な健診頻度を知ることが大切です。

1歳未満の子犬

1歳未満の子犬は異常が現れたらすぐに検査の受診が必要です。1歳未満の子犬は、ワクチン接種や寄生虫薬の処方、去勢・避妊手術などのタイミングで獣医師による簡単な健康チェックをしてもらう機会が多くあります。

月齢に合わせて1ヶ月~2ヶ月に1回は体格・成長度チェックを中心とした簡易な健康診断を依頼するようにしましょう。簡易的な健診を受けていても子犬の体調に異常が現れたら、人間ドックのような健康診断セットと待たずに、個別に検査を依頼しましょう。

1歳~6歳までの成犬

1歳~6歳までの成犬は年に1回の受診をお勧めします。1歳~6歳は犬にとって特に活発に行動できる年齢です。一見健康に見えても、隠れた病気が進行している可能性があります。

体調が悪い時は診察を受けますが、病気の早期発見のためにも、体調が良い時に受ける健診も必要になってきます。

7歳以上のシニア犬

7歳以上のシニア犬は半年に1度の受診をお勧めします。小型犬や中型犬の7歳は人間に例えると「高齢期」ではなくても「中年期(熟年期/シニア期の始まり)」に突入する時期です。

人間の中年期同様に、生活習慣病が出やすく、目に見えない老化や病気が増えやすくなっています。

毎日、飼い主との触れ合いで体表や様子に異常がないかチェックすることはできますが、無自覚な病気も進行している可能性もあるため、7歳以上の犬は半年に1度の健診が安心です。

犬の健康診断で行う内容

獣医に相談する女の子

普段病院に行くときは、犬の体調不良の原因を追究、治療するための診察を受けます。では、犬の健康診断はどのようなことをするのでしょうか?

多くの場合は健康診断セットとして検査内容が決まっています。どの検査項目を受診するか、オプションを付けるべきか迷った場合は、獣医師に相談しましょう。

問診・一般身体検査

  • 問診:普段の様子を獣医に伝えます。与えている餌のことや、今まで飲んだ薬のこと、生活リズムなども重要な情報です。普段よくお世話をする飼い主が問診を受けるようにしましょう。
  • 一般検査:一般検査は、獣医の五感で視診、聴診、触診などをおこないます。視診では目、耳、歯など体の表面の様子を確認します。

聴診では、聴診器で呼吸の音や心拍に異音が混じっていないか確認します。触診は、お腹に触りしこりの有無などをチェックしたりします。他にも臭いを嗅ぐことで膿のニオイや異臭を察知できます。

血液検査

採血をして血液の状態を調べます。血液の成分を分析することで、各臓器が正常に働いているか、炎症が起きていないかなど数値として把握できます。血液検査は主に「全血球検査(CBC)」と「血液生化学検査」の2種類があります。

  • 全血球検査(CBC):赤血球数や白血球数など血球を調べることで貧血の有無や炎症が起きていないかを調べられます。
  • 血液生化学検査:血液中の成分を分析し内臓の働きや栄養状態を把握できます。

レントゲン・超音波検査などの画像検査

レントゲン検査と超音波検査(エコー検査)は共に画面に体内の映像を映し出し診断をおこないます。

レントゲン検査では、骨の異常、臓器の位置・形などが静止画として見られます。

超音波検査は、静止画ではなく器具を当てた部位の状態をリアルタイムで確認できます。レントゲンに映らない血流の流れを確認や、結石などの発見に有効です。患部にゼリーを塗り、時によっては患部の除毛が必要な場合もあります。

大きな動物病院では健康診断でCT検査をすることもあります。CT検査もレントゲンもX線を使用しますが、CT検査は多方面から撮影を行うことで1つの臓器を多方面から見られます。
 

尿検査・便検査

尿・便検査は、病院によって採取指示が異なるため、事前に確認が必要です。自宅で採取するのか、採取容器は病院でもらえるのかなど検査予約時に確認しましょう。

  • 尿検査:腎臓や膀胱、前立腺が正常に機能しているか把握できます。また、糖尿病の発見にも役立ちます。
  • 便検査:細菌バランス、寄生虫の有無、食べ物の消化状態が把握できます。

犬の健康診断にかかる費用

犬のぬいぐるみとお札

複数の検査を1セットとして行う、人間ドックのような犬の健康診断にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

日本獣医師会の『平成27年度家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査及び飼育者意識調査』によると、健診の平均費用は14,021円ということが分かっています。

健診は複数の検査項目が組み合わさっており、多くの病院では年齢別にコース分けされています。

子犬の場合は、生後半年までに病院で診てもらう機会が多いため健診に多くの項目は必要ありません。ただし、年齢がわからない迎え入れたばかりの犬は、子犬であっても先天的な病気がないか健診を受けるようにしましょう。

健診の項目と値段は動物病院によって様々です。一般的に、健康診断は病気の診察ではないため、保険適用外(全額自己負担)になります。

加入している保険内容に健診費用の適用が書かれているのかの確認と、受診する健診の価格や支払い方法の確認をしておくと安心して健診を受けることができますね。

犬の健康診断を行う時の注意点

指をさす獣医と犬

犬の健康診断を行う時はいくつか注意点があります。事前準備ができていないと、当日検査が受けられないこともあります。基本的に健康診断は事前予約をし、説明を受けてから受診します。説明内容を理解し、当日を迎えるようにしましょう。

検査前の犬に必要な準備や持参物を確認する

健康診断前にはいくつか注意事項があります。食事のタイミング、飲水のタイミング、尿・便の持参は必要か?など事前確認が必要です。

また、同居家族がうっかりごはんをあげないように、検査前の注意点を家族にも伝えておきましょう。

犬のことをよく理解している人が連れて行く

健康診断は検査の数値で健康状態を把握しますが、普段の状態を獣医に伝える問診も重要になってきます。検査内容の質問や問診、検査結果の説明などは日ごろよくお世話をしている人が獣医から直接聞くようにしてください。

人づての誤情報や、追加質問は獣医師・飼い主の両方の手間が増えるリスクがあります。

まとめ

診察される子犬

人間と同じように、犬も年を重ねれば病気にかかりやすくなります。近年、犬の寿命が延びていることにより、犬の健康志向も高まっています。それに合わせて、動物病院では様々な健康診断セットが増えていました。

年齢に合わせた健康診断を受診することで、病気の早期発見、早期治療に役立ちます。犬の老化スピードを考えると、年1回の健康診断は決して多くありません。

1歳からでも受けられる健康診断セットもあるため、どのような項目を受診できるのか、かかりつけの動物病院へ確認しましょう。

共に過ごす愛犬に長生きしてほしい、健康でいてほしいと多くの飼い主が願っています。言葉を話せない愛犬のためにも、健康診断を活用してください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい