犬の『口内』の状態で寿命が変わるって本当?

犬の『口内』の状態で寿命が変わるって本当?

犬の健康管理の中で非常に重要だと言われているのが歯や口内を清潔に保つこと。口内の状態によっては寿命が変わることもあるほど大きな影響を及ぼすということをぜひ知っておいてください。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

口内の状態で寿命が変わるって本当?

口内をチェックされている犬

みなさんは愛犬の口内の状態をどの程度把握していますか?毎日欠かさず歯磨きをしているという人もいれば、口臭が気になってきてからケアを始めるという人、まったく口内ケアはしていないという人などさまざまだと思います。

近年では犬の平均寿命が延びていることから歯を含む口内のトラブルが非常に増加してきており、口内の健康管理に多くの注目が集まっています。子犬のうちからの口内ケアが重要であるという啓蒙も広まってきているようです。

「口内の状態で寿命が変わる」と言われるのは、口内で起きたトラブルが口内だけにとどまらず全身の健康状態にまで影響を及ぼす可能性があるから。「ちょっと歯が汚れてるけど仕方ない」「口がクサイくらいいいか…」と軽く考えず、愛犬の健康を守り寿命を延ばすためにも口内の状態についてしっかりと考えるようにしましょう。

健康に悪影響を及ぼす口内の状態

歯石だらけの犬の歯

歯周病

犬の口内トラブルで最も多いのが歯周病です。歯垢が付着したことが原因で歯周で繁殖した細菌や炎症性物質が歯茎を弱らせて血管にまで入り込み、血液中に細菌が入り込み全身に悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。口内で繁殖した細菌が心臓や肝臓、腎臓などに届き炎症を起こしてしまうことなどがあるとされています。

瘻管(ろうかん)

歯周病が悪化することで歯の根部分である根尖周辺にまで及んでしまうと、周辺の骨が溶けて「瘻管」と呼ばれるトンネル状の穴ができてしまうことがあります。皮膚の外側に向かうと頬や目の下あたりに穴ができて血や膿が出てしまうことも。また、口と鼻を隔てている骨が薄いため、歯周病によってその骨が溶けることで「口腔鼻腔瘻」ができて鼻腔とつながってくしゃみの頻発や鼻血などの症状が出てしまいます。

顎の骨折

歯周病が悪化して歯の根部分に大きなダメージが加わると下顎骨にまで影響が及ぶことがあります。特に小型犬や顎の細いタイプの犬種では歯周病から下顎骨が溶けたり骨折してしまったりすることがあるのです。

口内を清潔に保つための方法

歯磨きされている犬

口内の状態は寿命に影響するほど重要だとされていますが、飼い主さんにもそれを守るためにできることがあります。犬の口内トラブルの中で注意すべきは歯周病。歯周病が悪化することで全身状態にまでして悪影響を及ぼしてしまうことがあるためです。

犬の歯周病を予防するためには、やはり歯の表面や歯と歯茎の間に付着した歯垢や歯石を取り除くことが大切です。歯石になると歯磨きなどでは簡単に除去することができないので、できるだけこまめに歯磨きをして歯垢を取り除くことがポイント。

また、歯磨きでは除去しきれずに溜まってしまった歯垢や歯石は、動物病院でスケーリングをして取り除いてもらうこともできます。ただし、スケーリングには全身麻酔が必要なので老犬や心疾患を持っている犬などはリスクを伴うため、行うかどうかはかかりつけの医師と相談するようにしてください。

まとめ

笑顔で座るジャックラッセルテリア

年々延びてきていると言われている犬の平均寿命。寿命が延びたからこそトラブルも増えているのが歯や口内です。口内の状態を放置することで全身状態まで悪化させてしまうこともあるため、日頃からこまめに歯磨きをしたり口内をチェックしておくことが大切。すんなり歯磨きをさせてくれない犬もいると思いますが、毎日1本ずつからでもかまわないので少しずつ歯磨きや口内のお手入れに慣らしていくようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。