「咬みつく犬」と言われ鎖につながれていた犬の真実は正反対の愛らしさ

「咬みつく犬」と言われ鎖につながれていた犬の真実は正反対の愛らしさ

「咬みつくから」と鎖につながれていた犬を保護しに行くと、攻撃性皆無で訪問者を大歓迎。「咬みつく犬」と決めつけていたのは、鎖につないで放置する言い訳だったのでしょうか。

お気に入り登録

喜び爆発

通報・発見

「人を咬む」と言われていた犬を飼い主が手放すことに同意したため、ギリシャ・クレタ島の保護施設タキス・シェルターからその犬の保護に来ました。

ネグレクトや暴力によっておびえ、人に攻撃的なのかと覚悟して会ってみると遠くからでもわかる歓迎ぶり!

遊びに来てくれてうれしい!がダダもれの愛らしさです。この子のどこが、咬む犬?

後足で立った~。「早く来て~!」

踊ってる?でも足元のコンクリートの床には、尿や便が。

タキスさん:レッツ・ゴー!自由時間だよ!

薄い色の肉球でハイファイブ!

甘えるこの子を前に、タキスさんの皮肉炸裂です。

「何て攻撃的なんだ!」

自由と愛情へ

この様子を見る限り、「咬む」などウソですね。万一、この子が誰かを咬んだことがあるとしたら、よほど虐待を受けたとしか考えられません。

鎖をはずして柔らかいリードで車へ歩く犬と人。犬の足取りはだんだん早まります。ここから始まる未来が待ち遠しい!

動画を見ることは保護支援にもつながります。

その後

保護され、シェルターにやってきてからの様子はこちら。多くの犬が群となって暮らすシェルターに溶け込めるでしょうか?

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。