犬の家畜化は食べ物よりも愛情が大きかった可能性【研究結果】

犬の家畜化は食べ物よりも愛情が大きかった可能性【研究結果】

インドの野良犬研究から、犬の家畜化についての定説が変化する可能性が示されました。ちょっと嬉しくなる研究結果をご紹介します。

お気に入り登録

インドの野良犬研究と家畜化のスタートについての考察

インドのビーチにいる犬

犬の家畜化についてはいくつかの説がありますが、その発端は野生のイヌ科動物が食べ物を求めて人間に近づいたことだというのは、ほぼ定説となっています。

その説に新しい視点を提供する研究結果が、インドはコルカタのインド科学教育研究所の研究チームによって発表されました。

同研究所は過去10年以上にわたってインドの路上で暮らしている犬たちの行動生態を研究しています。研究チームが過去6ヶ月間に新しく行った調査の結果が、犬の家畜化について違う視点での考察を提供するかもしれないということです。

人間と信頼関係を築いた野良犬

青いドアの前の2頭の犬

今回の調査を行った研究チームは、以前に野良犬と指差しジェスチャーについての調査結果を発表しています。

人間から訓練を受けたことのない野良犬の80%が指差しジェスチャーを理解したことから、犬は人間のジェスチャーへの理解を生得的に持っている可能性を示すというものでした。

「訓練を受けていない野良犬も人間のジェスチャーを理解するという研究結果」
https://wanchan.jp/column/detail/19161

今回の新しい調査は4ヶ所の地域で80頭の野良犬を対象にして行われました。犬たちのうち半分には1日1回短い時間ですが身体を撫でることを3日間続けました。そうして全ての犬に2回の指差しジェスチャーを行いました。

1回目は指差した器に食べ物が入っていて犬は報酬にありつくことができました。2回目は器に食べ物が入っていないフェイクの指差しジェスチャーでした。

事前の触れ合いがなかった犬たちはフェイクのジェスチャーを見破って2回目は指差された方向に行きませんでした。一方、身体を撫でられた犬たちはフェイクのジェスチャーでも人間を信頼して指差された方に行きました。

研究者はこれについて適応行動として理に適っていると説明します。食べ物で誘惑して犬を傷つける者はいるけれど、信頼関係を築いた相手は食べ物がなくても犬を傷つけることはないというものです。

犬たちは信頼の手がかりとして優しく撫でられたことに適応したと考えられます

家畜化初期の犬たちが人間のもとに留まった理由

初期の犬と人間のイラスト

この調査結果を受けて、犬の家畜化は野生動物が食べ物に近付いて来たという一方的なものだけでなく、愛情を示した人間側からの働きかけもあってのことではないかと考察されています。

食べ物を得て去っていくのではなく、人間の居住地に留まることで家畜となった土台には、愛情を示したことで信頼関係が築かれたからではないかと考えられます。

短期間の触れ合いの後に人間への信頼を示したインドの野良犬の話も心温まるものですが、その関係は何万年も前のイヌ科動物と人間の姿から繰り返されて来た可能性があると思うと、さらに胸が熱くなる思いです。

この点について研究者の1人は「彼らは食べ物を求めてやって来たけれど、愛情を求めてそこに留まりました」と述べています。素敵ですね。

まとめ

インドの路上の犬2頭

短期間であっても人間から優しい触れ合いを与えられた野良犬はその人に対して愛着と信頼を示したという調査結果と、犬の家畜化の初期にも同様のことがあって野生動物が人間のもとに留まって家畜化したのではないかという考察をご紹介しました。

インドの野良犬は人間から残飯などをもらって良好な関係を築いている場合が多く、彼らの研究は「人間と共存する犬という生き物」の原点を見せてもらえるような気がします。

【参考URL】
https://www.telegraphindia.com/india/iiser-study-reveals-love-not-treats-made-dog-mans-best-friend/cid/1837796

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。