火事で愛犬とはぐれた家族!ケガの治療を終えた犬と喜びの再会

火事で愛犬とはぐれた家族!ケガの治療を終えた犬と喜びの再会

火事から避難した家族は、飼い犬の姿を見失ってしまいました。幸い犬は自力で外に逃げ出してきましたが、のどや両目などにケガをしていました。今日は入院後、初めて家族が再会します。

お気に入り登録

愛犬を火事現場で見失い動揺

インタビュー中の再会

オーストラリア・クイーンズランド州に住むこちらの家族がテレビニュースで取材されています。彼らは火事で家財も家自体も失ってしまいました。3人が無事だったのは不幸中の幸いですが、実は家族の一員が大ケガをしていたのです。

それは、「ヘンリー」という黒犬。入院していて火事の日以来、初めて家族と再会するのです。このニュースでその再会のシーンを放映しているのです。

女性が震える声で火事のことを説明していると、後ろから赤シャツを着た医師がヘンリーを連れて現われました。

ふと振り向いてヘンリーを確認した女性。「ヘンリー、ヘンリー!」声は喜びで震えています。

ヘンリーはまだゆっくりとしか歩けないようですが、シッポを振りながらまっすぐに女性の元へ。

これが治療中のヘンリーです。酸素を鼻から入れていたのですね。何か、目の治療もしているようです。

家はこの通り中もほとんど消失して、もうこのまま住むことはできません。火事は日曜日の午前中だったそうです。のんびりするはずの時間に、出火原因は何だったのでしょうね。

出火した家を脱出した時、女性は叫びました。

「あの子はどこ!?」

続いて男の子も説明します。

「ヘンリーが震えながら出てきたんです。僕たちは急いでかけ寄りました。」

ヘンリーはソファの後ろで煙を吸い込んでのどを痛め呼吸困難、両目にもケガをしていました。

はげましながら治療を続けた結果、ヘンリーは呼吸できるようになりました。そして今日の再会を迎えることができたのです。

その後

家族を支援するための支援金が集まり始めたそうです。本当にありがたいですね。

火事の損失は大きなものですが、一番大切な家族全員の命が助かりました。ヘンリーも一緒に、みなで力を合わせて暮らしを立て直してください!

火事などの災害時、犬をキャリーケースに入れて運ぶ場合は「ハウス!」のコマンドなどですぐに入るように訓練できていると安心ですね。

日ごろから時々、キャリーケースの中でおやつを与えるなどして、入る習慣をつけておくのも一案かもしれません。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Animal Emergency Service

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。