殺処分は安楽死ではなく『窒息死』!飼い主を最期まで信じている犬達を裏切らないで!

殺処分は安楽死ではなく『窒息死』!飼い主を最期まで信じている犬達を裏切らないで!

保護活動を行うピースワンコ・ジャパンでプロジェクトリーダーを務める安倍誠さんは、保護犬『タケシ』くんの過去と殺処分の現実について語られました。

お気に入り登録

命のバトンが繋がらなければ待つのは『殺処分』

ピースワンコ・ジャパンでプロジェクトリーダーを務める安倍誠さんは、保護犬『タケシ』くんと共にシェルター併設のドッグランへ…。

そこで見せる笑顔からは想像できないタケシくんの過去と殺処分の現実について語ってくださいました。

弾けるような笑顔が魅力的な『タケシ』くん

弾けるような笑顔を見せてくれているのは、ピースワンコ・ジャパンのシェルターで暮らす『タケシ』くん。

現在では無邪気で穏やかなタケシくんですが、一度は飼い主だった人間に捨てられた後、愛護センターでの管理も難しい状態とのことでピースワンコジャパンさんに引き取られました。

飼い主からの虐待も疑われる状態

当時は手を上げると警戒、威嚇するような状態だったため、飼い主の手によって虐待されていた可能性もあると語る安倍誠リーダー。

今のタケシくんの笑顔からは想像もつかないほど、過酷な環境で生きた過去を持つ可能性が高いのだといいます。

命のバトンが繋がらなければ

保護できたから、出会えたから良かったけれど…もしも、保護できなければ待つのは『殺処分』。殺処分は安楽死ではなく、窒息死なのです。

『ドリームボックスと呼ばれる処分機に二酸化炭素を注入して…本当にもがき苦しみながら最期を迎えているので…捨てられて最後に殺処分というのは正当化できないですよね。』

安倍誠リーダーはそう語ります。

飼い主さんがすべての愛犬のために

私達人間は仕事や学校、家族や友人…たくさんの人々と関係性、物事と共に生きています。しかし、愛犬達にとってはそのすべてが『飼い主』なのです。

楽しいことも嬉しいことも、飼い主が居てこそ。ひとりぼっちでは何も叶いません。

プロレスをしてくれる飼い主さんと出会うまで!

『もうね、犬が嫌がるくらい、愛情を与えて与えて、人間ウザイってなるぐらいまで、やるのが好きなんですよ。』

タケシくんは今日も、一緒にプロレスをしてくれる、嫌ってほど愛情を与えてくれる永遠の家族を待っています。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ピースワンコテレビ PeaceWankoTV

ピースワンコ・ジャパン

▼ 公式サイトはこちら
https://peace-wanko.jp

▼ YouTubeチャンネル
ピースワンコテレビ PeaceWankoTV

▼ ふるさと納税で保護犬をサポート
ふるさと納税(保護犬を守る)

▼ インスタグラム
ピースワンコ・ジャパンInstagram
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。