置き去りにされて9年!孤独に耐えた老犬を包んだ幸せな時間、そして別れ

置き去りにされて9年!孤独に耐えた老犬を包んだ幸せな時間、そして別れ

置き去りにされ犬の一生のうちの9年間という長い間、孤独に生きてきた老犬を保護。その間には交通事故で大ケガをし、病気にもかかっていました。残された時間を幸せに過ごさせてあげたい!

お気に入り登録

孤独な老犬は無関心におちいっていた

通報・発見・保護

地域猫のTNR(つかまえて、去勢/避妊して、元の場所に放す)活動に従事していた人が、身寄りのない高齢の犬を発見し、保護団体Hope for Pawsに保護依頼しました。

犬はコンテナの下で寝ていました。

近所の人の話しでは、飼い主は何らかの理由で9年前に立ち退き命令が下され、そのまま犬を置いていってしまったのだそう。

9年…若い頃から今まで、この子は犬の一生の半分から大部分を、見捨てられた状態で過ごしてきたのですね。

近所の人たちに食べ物は与えられてきましたが、いつも1匹で過ごすのは寂しかったでしょう。

さらにこの犬は、交通事故に巻き込まれ片目を失ってしまいました。それでも病院にも行かずじまいだったそうです。

人をこわがるわけではないけれど、長年にしみついた「無関心」という態度がみえます。

ワイヤリードが首にかかりました。逃げもせず、よけようともせず。ただ顔をそむけて無関心をつらぬく犬。

少しずつ、少しずつ引っ張って、外に引き出しました。ちょっと抵抗して砂ぼこりが上がりましたが、上半身だけ出てきてくれました。

悲しいことに右目がつぶれています。「フィーニー」と名前をつけました。

それ以外にも歯はボロボロ。他にも健康上の問題が色々ありそうです。

コンテナの下から完全に外に出そうとした際に、初めてうなって吠えました。コンテナの下だけが、フィーニーの世界だったのでしょう。

吠えるといっても威嚇的ではなく、ただ驚いているという感じ。根っから穏やかな犬だということはわかります。

そして、すぐにケージに入ってくれました。

ケア

シャワーもおとなしくガマンしてくれました。

この後の検査で脊椎や尿路に感染症が…、そして腫瘍も見つかりました。これから、ゆっくりでいいから治療で回復していってほしい!

体を洗った後は、ソファでぐっすりと眠り込んだフィーニーでした。

幸せな5カ月

一時預かり施設で移り変わる季節を楽しみ、何より人とのきずなを取り戻しながら、フィーニーは冬のある日静かに息を引き取りました。

もっと早くに手を差し伸べることができればよかったという思いを、関係者は持ってしまいます。

でも一生分を取り戻すぐらいに、幸せを詰め込んだ5カ月を過ごさせてあげられたことは大きな慰め。

幸せな気持ちで旅立たせてあげられたことを、心から祝福したいです。

動画をどうぞ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。