保護した犬は子犬を産んだのか、産んでいないのか!?その答えが明らかに!

保護した犬は子犬を産んだのか、産んでいないのか!?その答えが明らかに!

コンテナの下にもぐり込んだ小型犬の保護活動。手間はかかりましたが、無事に保護することができました。ところが、「いるかもしれない」子犬がみつかりません。

お気に入り登録

逃げ隠れ、あきらめ、のち信頼

通報・発見

ロスアンジェルスの保護団体Hope for Pawsに犬の保護依頼。もしかしたら、コンテナの下で出産したかもしれないので子犬もいるかも!ということです。

地面にはいつくばって懐中電灯ですき間をのぞくと、一番奥にいました!

ぼんやりとですが、白地に茶ぶちの犬が見えますか?瞳が緑に光っています。

接近・保護

接近してくる人に恐れをなして、犬は外にとび出しました。あ、こっち見た。でもやはり、コンテナの下に子犬がいるのではないでしょうか?

コンテナの方を気にして立ち尽くしていましたが、やがて画面左の方にさっと走り、別のコンテナの下に身をひそめました。

犬がかくれたコンテナの回りを、ぐるりとプラスチックフェンスで囲みました。

ちなみに、これは寄付されたものだそうですよ。寄付の中にも、お金の寄付や労働時間の寄付、そして使える物の寄付など色々ありますね。

片側から犬を長い棒で押し出すようにすると、犬は少しずつ反対側に移動。でもそちら側にも人が待機しているのを見て、犬は別の方向に逃げようとします。

この攻防がジリジリと繰り返されました。犬としては、恐怖心で一杯でしょうね…。

ついにワイヤリードが首にかかり、引きずり出される犬。

必死に抵抗する犬の頭から網をかぶせて、保護!というか、捕獲完了。ごめんねー!

もう疲れ切って抵抗できなくなりました。これはみなさん、「終わった…」とあきらめの極致に至った犬の表情ですよ。

もちろん大丈夫、ここから信頼してもらえるようになりますから!

キャリーケースに入ってもらうのにさらにひと苦労(人も犬もね、)しましたが、無事に入っていただきました。

さて、子犬は?入念に探したのですが、なかなか見当たりません。もしや、まだ妊娠中とか!?

ケア

病院でその真偽を確かめることにしました。その結果、妊娠してるー!なんと、まだ出産前だったのです。

この画像で医師によると3匹いるのだとか…わかりますか?

シャワーの最中に出産…なんてことにならないように、急いで体を洗いました。「パール」はもう抵抗することなく、安心できたようです。

こうして見ると、おなかが大きいですね。いつもは猫担当?の職員、ジョアンの自宅で出産に備えることになりました。

出産、そしてその後

夜中に始まったパールの出産。

1匹目は、ジョアンが気づいた時にはすでに生まれて元気に動き回っていました。2匹目は全身を包む膜が破れなかったのでジョアンの手で破いてあげ、そして3匹目も無事に生まれました。

犬の出産に立ちあう機会はほとんどないでしょうから、ぜひパールの出産のダイジェストを動画で見てみてくださいね。出血などはなく、安心して見られますよ。もし苦手でしたら、8分12秒~9分までは飛ばしてご覧ください。

そして残念ながら悲しいお知らせが…。

1匹の子犬は発育不全で生まれ、2日後に亡くなったそうです。おそらく、2番目の子だと思います。眠りについて、そのまま安らかに息を引き取ったそうです。名前は、「ルビー」でした。

パールと2匹の子犬「ダイヤモンド」「ガーネット」は、前を向いて元気に生きていく!

一時預かり施設で、もうすっかり目も開いてバタバタと楽しそうにする子犬たち。カメラの前で授乳シーンも見せてくれますよ。

「何だこれ」たれ目でカメラのレンズをジーッ、小さなシッポピョコピョコ、おもちゃハムハム。きっときっと、みんな無事に里親さんに巡り合うことでしょう!

先に旅立ったルビーの分まで、幸せにね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。